【世界史】流れ&まとめ ─ わかりやすく解説

どうも、りきぞうです。

大学のころから、世界史に親しんできました。

大学院時代は、本格的に人文書・歴史書にあたってきました。

・世界の歴史を、ざっくり知りたい
・理解するコツは?
・どうやって「流れ」をつかんだら、いい?

きょうは、この問いに答えていきます。

先に結論をいえば、つぎのとおり。

りきぞう

・世界史は、[ヨーロッパ → 中東 → インド → 中国 → 遊牧民]と、各エリアの歴史をおさえる ─
・そのうえで、世界が一体化する「近代世界」の流れをつかむ ─
・この手順でたどると、世界の歴史を、大まかに把握できる

世界史の流れについては、

ヨーロッパ → 中東 → インド → 中国 → 遊牧民

と、各エリアの歴史をおさえる ─ 。

そのあと、世界の一体化が始まる「近代世界」をたどっていくのが、すっきり理解するコツです。

このアイデアは、「ムンディー先生」こと、山﨑圭一さんの考えを参考にさせてもらいました。

以下、各エリアの歴史をみたあと、近代世界の概要を述べていきます。

世界の歴史① ─ ヨーロッパ

ヨーロッパ文明は、古代ギリシャから始まります。

ポイントは、つぎのとおり。

  • 古代ギリシャ
  • 古代ローマ
  • 中世ヨーロッパ

この区分でたどると、ヨーロッパ史は、理解しやすいです。

アテネを中心とした「都市国家」が発展&衰退したあとに、覇権は、ローマへと移っていきます。

古代ローマでは、長い時間をかけて、[王政 → 共和政 → 帝政 → 専制君主政]へと、統治のしくみが移っていきます。

ローマ史は、統治システムを区切りにすると、理解しやすいです。

ローマ帝国は、東西に分裂 ─ 。

東ローマは存続するものの、西ローマは滅亡します。

ここから、「中世ヨーロッパ」へと移っていきます。

教皇/国王がバランスをとりながら、ヨーロッパ一帯をおさめていきます。

しかし「十字軍の敗北」をきっかけに、教会の権威が低下 ─ 。

以降、各地域の王国が勢力を伸ばし、「近代世界」へと突入していきます。

「ヨーロッパの歴史」は、こちらの記事で、くわしく説明しています。

世界の歴史② ─ 中東

つづいて、中東地域です。

ポイントは、つぎのとおり。

  • 古代オリエント
  • ペルシャ帝国
  • イスラム帝国
  • オスマン帝国

中東エリアは、古代オリエントからスタートします。

メソポタミア地域を中心に、

・シュメール人
・アッカド人
・アムル人
・ヒッタイト人

などの民族&王国がしのぎをけずります。

そのなかで、「アッシリア帝国」が、中東地域一帯を治めます。

しかし高圧的な指導により、すぐさま崩壊 ─ 。

かわりに「アケメネス朝ペルシャ」が、一帯を統治します。

とちゅう、遊牧国家「パルティア」に覇権をにぎられるものの、「ササン朝ペルシャ」が、権力を取り戻します。

しばらく治めるものの、アラビアから現れたイスラム勢力により、ペルシャ帝国は、崩壊 ─ 。

以後、イスラム系の国家が覇権を握ります。

分裂をくりかえしながら、さいごは、トルコ系の「オスマン帝国」が、[北アフリカ〜中東一帯]を統治します。

その後は、財政難をかかえながら、「近代世界」へ突入していきます。

「中東の歴史」は、こちらの記事で、くわしく説明しています。

世界の歴史③ ─ インド

3番目は、インド地域です。

ポイントは、つぎのとおり。

  • 古代インド
  • 古代インドの統一
  • イスラム進出後
  • ムガル帝国

インドは、古代インドからスタートします。

アーリア人の侵入後、インド一帯には、都市国家が乱立します。

その後、マウリヤ朝が、インド統一を果たし、[クシャーナ朝&サーターヴァナ朝 → グプタ朝 → ヴァルダナ朝]へと王朝がつづいていきます。

そのあいだに「仏教」も生まれますが、統一王朝は続きません。

各地域の王族が台頭する「ラージープート時代」に入っていきます。

けれど、中東地域からやってきた「イスラム勢力」の進出により、王族の権威は衰退 ─ 。

代わりに、イスラム系の国家が、地域の文化に合わせながら、統治を始めます。

そこから「ムガル帝国」が現れて、ふたたびインド一帯の統一を果たします。

しかし、「オスマン帝国」と同じく、財政難がつづき、権力が安定しません。

そのまま「近代世界」へと突入していきます。

「インドの歴史」は、こちらの記事で、くわしく説明しています。

世界の歴史④ ─ 中国

4番目が、中国地域です。

ポイントは、つぎのとおり。

  • 古代中国
  • 秦漢帝国
  • 魏晋南北朝
  • 隋唐帝国
  • 五代十国&宋朝
  • 元朝&明朝
  • 清朝

中国は、古代中国からスタートします。

都市国家がしのぎのけずる「春秋戦国時代」から、始皇帝が率いる「秦」が、統一を果たします。

その後「漢」へと引き継がれ、しばらく安定期に入ります。

しかし、寒冷化&北方民族の侵入により、権力の基盤が不安定に。

以後、各地の王が争う「魏晋南北朝」へと突入していきます。

約400年のあと、「隋」がふたたび統一を果たします。

すぐさま「唐」へと移行しますが、再度、安定期に入ります。

しかし、

・律令制の崩壊
・各地を治める「節度使」の優勢

により、唐は衰退 ─ 。

「五代十国」が入り乱れる混乱期へと突入していきます。

しばらく争うなかで、宋が覇権をにぎり、三たび、中国統一を果たします。

しかし「燕雲十六州」の領土争いがをきっかけに、北方民族とのカンケーが悪くなります。

女真族「金」との攻防をくりかえすなかで、北方の草原地域から現れた「モンゴル帝国」により、王朝は滅亡 ─ 。

代わって、「クビライ=カーン」率いる「元」が、中国一帯を治めます。

しかし「元朝」は長く続かず、漢民族の「明朝」が覇権をにぎります。

しばらく安定期が続きますが、こちらも北方民族のカンケーに苦労します。

さいごは、さきに登場した女真族の「清」に領土を取られることに。

その後、「清朝」が中国を治めながら、「近代世界」へと突入していきます。

「中国の歴史」は、こちらの記事で、くわしく説明しています。

世界の歴史⑤ ─ 遊牧民

ラストは、遊牧民です。

ポイントは、つぎのとおり。

  • 匈奴
  • 鮮卑&柔然
  • 突厥
  • ウイグル
  • 契丹(キタイ)
  • モンゴル帝国

遊牧民の歴史は、「匈奴」からスタートします。

草原地域に一帯に帝国を築いた「匈奴」は、東部・中国地域をおさめる「漢帝国」と、覇権争いをくりかえします。

その後、勢力が衰えた匈奴に代わって、鮮卑 → 柔然が、草原地域を治めます。

匈奴と同じく、中国の王朝と関わりを深くし、鮮卑に至っては、中国北部に「魏」を建国します。

その後も、草原地域の覇権をめぐり、

[突厥 → ウイグル → キタイ]と、目まぐるしく、王朝が変化していきます。

さいごは、ユーラシア一帯を「モンゴル帝国」が統治 ─ 。

しかし、広大な領土ゆえに、分裂をくりかえし、そのまま「近代世界」へと突入していきます。

「遊牧民の歴史」は、こちらの記事で、くわしく説明しています。

世界の歴史⑥ ─ 近代世界

各エリアが独自の歴史をたどるなか、ヨーロッパの海洋交易をきっかけに、世界の一体化が始まります。

「近代世界」へと突入していきます。

ポイントは、つぎのとおり。

近代化の要因は、近世ヨーロッパで起きた、

・ルネサンス
・宗教改革
・主権国家
・科学革命

の4つです。

その後も、

・アメリカ独立革命
・フランス革命
・産業革命
・啓蒙思想の普及

が起こり、よりいっそう近代化がすすみます。

経済力&軍事力をつけたヨーロッパ諸国は、アジア&アフリカをはじめとした、植民地競争に乗り出します。

「帝国主義時代」と、よばれます。

その結果、2つの世界大戦が起こり、戦後をむかえます。

約50年間の「冷戦体制」を経て、現在のグローバル社会をむかえています。

「近代世界の歴史」は、こちらの記事で、くわしく説明しています。

まとめ

まとめると、

りきぞう

・世界史は、[ヨーロッパ → 中東 → インド → 中国 → 遊牧民]と、各エリアの歴史をおさえる ─ 。
・そのうえで、世界が一体化する「近代世界」の流れをつかむ ─ 。
・この手順でたどると、世界の歴史を、大まかに把握できる

といったかんじ。

この記事が、「世界史の流れを知りたい人」の参考になれば、うれしいです。

ではまた〜。