古代ローマの歴史 ─ 年表・人物・宗教・身分制度・建築・ポエニ戦争・内乱の一世紀【簡単にまとめ】

どうも、りきぞうです。

大学のころから、世界史に親しんできました。

大学院時代は、本格的に人文書・歴史書にあたってきました。

・古代ローマの歴史を知りたい
・大事なキーワード&人物は?
・各時代のポイントは?

きょうは、この問いに答えていきます。

古代ローマ史は、つぎの流れ(構成)をとらえると、すっきり理解できます。

  • 共和政と身分闘争
  • ポエニ戦争
  • 内乱の一世紀
  • 帝政ローマ時代
  • ローマとキリスト教
  • 古代ローマ文化

以下、各王朝のキーワード・重要人物・ポイントをあげて、解説していきます。

なお、この記事では、つぎの本を参考にしました。

古代ローマの歴史① ─ 共和政と身分闘争

イタリア半島

共和政と身分闘争のキーワード・ポイントは、つぎのとおり。

キーワード
・ラテン人
・元老院
・パトリキ/プレプス
・独裁官
・平民会
・護民官
・十二表法
・リキニウス・セクスティウス法
・ホルテンシウス法
ポイント
・ホルテンシウス法の完成により、法の上では平民と貴族の立場は対等になった
・いっぽうで経済発展にともない、富裕層と貧困層の格差が広がり、身分差はそのまま温存された

共和政初期の身分闘争の時代にかんしては、平民による参政権要求のプロセスが重要です。

そのさい、ホルテンシウス法により平民と貴族の立場は対等になりつつも、人びとのあいだの経済格差がひらいてしまった点は、おさえておく必要があります。

また共和政が始まったころに、

・元老院
・コンスル
・独裁官

がどのような力関係があったのかもおさえると良いです。

詳しく内容は、こちらに書きました。ご参考にどうぞ。

古代ローマの歴史② ─ ポエニ戦争

ローマ兵士

共和政とポエニ戦争のキーワード・重要人物・ポイントは、つぎのとおり。

キーワード
・ポエニ戦争
・ザマの戦い
・「パンとサーカス」
・ラディフンディア
重要人物
・ハンニバル
・大スキピオ
・グラックス兄弟
ポイント
・共和政ローマは、ポエニ戦争の勝利で西地中海を、マケドニア征服により東地中海を統治下においた
・地中海支配は、富裕層の増大&中小農民の没落をもたらし、重装歩兵を基盤とした市民軍団の崩壊をまねいた

共和政とポエニ戦争については、おさめた地域を理解しておくのがポイントです。

ポエニ戦争では西地中海エリアを、マケドニア征服では東地中海一帯をおさえることになりました。

それにより大土地所有者が台頭し、ローマ国内で貧富の格差が拡大したことを知っておきたいところです。

出典:『一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書』

詳しい内容は、こちらです。

古代ローマの歴史③ ─ 内乱の一世紀

カエサルの暗殺

内乱の一世紀のキーワード・重要人物・ポイントは、つぎのとおり。

キーワード
・閥族派 vs 平民派
・同盟市戦争
・スパルタクスの反乱
・三頭政治
・アクティウムの海戦
重要人物
・マリウス
・スラ
・ポンペイウス
・クラッスス
・カエサル
・オクタウィアヌス
・レピドゥス
・アントニウス
・クレオパトラ
ポイント
・富裕層の増大&中小農民の没落は市民軍団の崩壊をまねき、軍隊が私兵化した結果、軍事力がものをいう「内乱の一世紀」へと突入していた
・2回にわたる三頭政治とカエサルによる独裁をつうじて、共和政ローマは帝政へと、じょじょに移行していく

内乱の1世紀にかんしては、

・門閥派(元老院支持)
vs
・平民派(平民会支持)

の対立を軸に、ときの流れをおさえるのがポイントです。

背景には軍の私兵化がありました。

その後、2回にわたり三頭政治がおこなわれ、ローマは共和政から帝政へと移っていきます。

世界史で有名なカエサルやオクタウィアヌスが活躍するのもこの時代で、彼らの統治運営を知りながら、内乱の一世紀をたどると、より楽しく理解できるかなと思います。

詳しくはこちらです。

古代ローマの歴史④ ─ 帝政ローマ時代

コロッセオ

帝政ローマ時代のキーワード・重要人物・ポイントは、つぎのとおり。

キーワード
・称号アウグストゥトス
・プリンケプス
・元首政(プリンキパトゥス)
・五賢帝
・ローマの平和
・コロヌス
・コロナトゥス
・軍人皇帝時代
・コンスタンティノープル遷都
・ミラノ勅令
・キリスト教の国教化
重要人物
・オクタウィアヌス
・ネルファ
・トラヤヌス
・ハドリアヌス
・ピウス
・マルクス=アウレリウス
・ディオクレティアヌス
・コンスタンティヌス
・テオドジウス
ポイント
・アウグストゥスは、元老院&共和政の両方を大切にする元首政をはじめた
・アウグストゥス〜五賢帝までは「ローマの平和(パクス=ロマーナ)」とよばれるいっぽう、「3世紀の危機」より、ローマ帝国は分裂状態におちいる

内乱の1世紀をへて、オクタウィアヌスが尊厳者(アウグストゥス)として君臨し、帝政ローマがスタートします。

ローマ史を語るうえで、ここがひとつの区切りとなります。

帝政初期は国内は安定し、いわゆる「パクス=ロマーナ」とよばれる黄金時代をむかえます。

そのさい「五賢帝」とあだ名される皇帝が登場し、ローマは繁栄はピークに達し、その版図も最大となります。

出典:『一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書』

しかしこの時期をさかいにローマの衰退ははじまり、武力が物をいう軍人皇帝時代をへて、さいごはオリエント式の専制君主政へと移行します。

統治のしくみが移りかわるさい、なにが要因だったのかを知っておくのも、この時期のローマ史を理解するうえでは大切になります。

詳しくはこちらです。

古代ローマの歴史⑤ ─ ローマとキリスト教

ローマとキリスト教のキーワード・重要人物・ポイントは、つぎのとおり。

キーワード
・メシア
・使徒
・『新約聖書』
・コイネー
・アナタシウス派(三位一体説の立場)
・アルウス派
重要人物
・ペテロ
・パウロ
・コンスタンティヌス帝
ポイント
・ローマ帝国はミラノ勅令でキリスト教を公認し、ニケーア公会議でアタナシウス派を正統とした
ポイント
・フィリッポス2世がマケドニア王権を強化したのち、むすこアレクサンドロスが遠征に乗りだす
・アレクサンドロス大王の東方遠征により、ギリシャ世界とオリエント世界が融合した
・大王亡きあとは、部下のあいだでディアドコイ戦争(後継者戦争)が約50年間つづく

帝政末期から専制君主政の時代にかけて、ローマ帝国はキリスト教との関わりがつよくなっていきます。

当初は弾圧していた皇帝ですが、キリスト教徒が増えつづける事態をまえに、信仰の自由を認めざるをえません。

ミラノ勅令でキリスト教を公認し、ニケーア公会議ではアタナシウス派を正統とすることになります。

ローマ帝国とキリスト教にかんしては、どのような過程を経て、国教として認め、ひとつの学派以外は異端とみなしたのか ─ このあたりの経緯を把握するのが理解のポイントになります。

詳しくはこちらです。

古代ローマの歴史⑥ ─ 古代ローマの文化

ローマの水道橋

古代ローマの文化のキーワード・重要人物・ポイントは、つぎのとおり。

キーワード
・ラテン語
・ギリシャ文化/ローマ文化
・ストア派
・万民法
・ローマ法
・ユリウス暦
重要人物
・ウェルギリウス
・キケロ
・リウィウス
・タキトゥス
・プルタルコス
・プトレマイオス
・ユスティアヌス帝
・アウグスティヌス
ポイント
・ローマ文化はギリシャ文化をお手本したいっぽうで、実用かつ実践的な文化が発達した

ローマ文化については、ギリシャ文化から学びつつ、実用的な学問が発展した点をまずはおさましょう。

そのうえで個別の作者&作品を知るのが良いかな思います。

詳しくはこちらです。

おわりに

古代ローマの歴史をみてきました。

古代ローマ史については、つぎの流れ(構成)をとらえると、すっきり理解できます。

  • 共和政と身分闘争
  • ポエニ戦争
  • 内乱の一世紀
  • 帝政ローマ時代
  • ローマとキリスト教
  • 古代ローマ文化

この記事が、古代ローマを知りたい人のヒントになれば、うれしいです。

では、また。