【世界史】中世ヨーロッパの流れ&年表 ─ 簡単にまとめ

どうも、りきぞうです。

大学のころから、世界史に親しんできました。

大学院時代は、本格的に人文書・歴史書にあたってきました。

・中世ヨーロッパの流れを知りたい
・大事なキーワードは?
・重要な人物は、だれ?

きょうは、この問いに答えていきます。

答えは、つぎのとおり。

流れ
① ゲルマン民族の大移動
② フランク王国による統一
③ ノルマン人の移動
④ ローマ=カトリック教会の発展
⑤ ビザンツ帝国の盛衰
⑥ 十字軍の遠征
⑦ 百年戦争の勃発
⑧ スペイン&ドイツの動向
キーワード
・東ゴート族/西ゴート族/フランク族/アングロ=サクソン族
・トゥール・ポワティエの戦い
・ビビンの寄進
・カールの戴冠
・ノルマンディー
・叙任権闘争
・十字軍遠征
・百年戦争
・国土回復運動
・大空位時代
重要人物
・ピピン
・カール大帝
・グレゴリウス7世/ハインリヒ4世
・ウルバヌス2世
・エドワード3世
・ジャンヌ・ダルク
・イザベル&フェルナンド

この記事では、つぎの本を参考にしました。

以下、目次にそって、みていきます。

中世ヨーロッパの歴史① ─ ゲルマン民族の移動

ローマ時代のゲルマン像(出典:wiki

アジア系・遊牧民「フン人」におされるかたちで、ゲルマン民族が、ローマ帝国の国境をこえて、侵入します

期間は、4世紀〜6世紀 ─ 約200年におよびます

古代ローマでも、北アルプスを越えた場所で暮らす「ゲルマン人」は知られていました。

侵入・侵略にも、悩まされていました。

しかし、この期間の大移動は、その比ではありません。

ローマに、決定的な影響をあたえます。

ゲルマン部族による建国

ローマ領に、移動・侵入したゲルマン人は、ローマ人(=ラテン人)をはねのけ、居住先をもとめます。

部族ごとに、ヨーロッパ各地に、自分たち国を建てていきます。

ざっくりまとめると、こんなかんじ。

・東ゴート族 → イタリア半島
・西ゴート族 → イベリア半島
・フランク族 → 北西フランス
・アングロ=サクソン族 → ブリテン島

発音からもわかるように、

フランク族 → フランス
アングロ=サクソン族 → イングランド

といったかんじで、いまのフランス&イングランドの〝ご先祖さま〟です。

西ローマ帝国の滅亡

ゲルマン人の侵入&建国によって、西ヨーロッパ一帯をおさめていた「西ローマ帝国」は滅亡します

いっぽう、ギリシャ地域に位置する「東ローマ帝国」は、1000年以上、存続します

中世ヨーロッパの歴史② ─ フランク王国による統一

クローヴィス&4人の息子(出典:wiki

西ヨーロッパに進出し、それぞれの部族が国を建てていきます。

なかでも繁栄したのが「フランク王国」でした。

立役者は、メロヴィング家「クローヴィス」─ 。

かれは、まわりの部族を征服しながら、勢力を一気にひろげます。

トゥール・ポワティエの戦い

つぎに、フランクの実権をにぎったのが、メロヴィング朝の宰相「カール・マルテル」です。

「トゥール・ポワティエの戦い」で、イベリア半島を支配していた「イスラム勢力」を追い払います。

その後も、ひきつづき領土を拡大していきます。

ピピンの寄進

つづいて、むすこの「小ピピン」が、「カロリング朝」をひらきます。

かれは、ローマ教皇から「王位の承認」を得るため、教会の要請に応えます。

当時、民族移動の影響で、ローマの都は、ランゴバルド王国に占領されていました。

都市奪還のため、教会は、軍事支援を求めます。

要求どおり、ピピンは、軍を率いて、ローマに侵攻 ─ 。

みごと勝利をおさめ、イタリア中部&北部の征服に成功します。

そのさい、土地の一部を、教皇に献上します。

これを「ピピンの寄進」とよびます。

ピピンは、教皇から「王位承認」をもらうことに。

以後、フランク王国は、教会の保護国となります。

また、寄進した土地は「ローマ教皇領」となっていきます。

カールの戴冠

さらに、小ピピンのむすこ「カール大帝」は、勢力をのばし、

・東方の「アヴァール人」
・西方の「イスラム勢力」
・北イタリアの「ランゴバルド王国」

を相手に、勝利をおさめます。

結果、いまの「ドイツ」「フランス」「北イタリア」をふくむ領土をおさめることになります

さらに、ローマ教皇は、300年以上まえに滅んだ「西ローマ帝国の冠」を、カール大帝に授けます

背景には「ローマ帝国」を復活させる意図がありました。

このできごとを「カールの戴冠」とよびます。

フランク王国の分割

カール大帝の死後、領地は3人の孫に引きつがれます。

しかし、かれらは「領土争い」をくりかえします。

結果、二度と統一されることなく、領土は3分割されます。

「東フランク王国」「西フランク王国」「イタリア」 ─ 。

そしてこれがいまの「フランス」「ドイツ」「イタリア」につながります。

・西フランク王国 → カペー朝 → フランス
・東フランク王国 → 神聖ローマ帝国 → ドイツ
・イタリア → 都市国家に分裂 → イタリア
フランク王国の分裂
(出典:『一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書』)

中世ヨーロッパの歴史③ ─ ノルマン人&スラブ人の移動

ヴァイキング(出典:wiki

フランク王国が分裂したころ、ノルマン人の大移動が起こります。

ゲルマン人につづき、第2の民族移動といわれています。

それまで、ノルマン人は、海賊&海洋交易によって、生計を立てていました。

ゲルマン人と同じく、ヨーロッパ各地に、自分たち国を建てていきます。

地域と王朝(王国)は、つぎのとおり。

・南イタリア → 両シチリア王国
・ロシア → ノブゴロド国
・フランス北西部 → ノルマンディー公国
・イギリス → ノルマン朝

発音からわかるとおり、イギリス地域の「ノルマン朝」は、ノルマンディー公国の公爵「ウィリアム1世」が、海を渡り、建てたもの。

いまのイギリス王家も、ノルマン朝がもとになっています。

西ヨーロッパでノルマン人が移動していたころ、東ヨーロッパでも民族移動が起こります。

「スラブ人」の大移動です。

ゲルマン人の移動をもたらした「フン族」の勢力が衰えたあと、空いたスペースを埋めるように、スラブ人が入ってきます。

ゲルマン人&ノルマン人と同じく、各部族が、国を建てていきます。

現在の

・ロシア人
・ポーランド人
・チェコ(チェック)人
・セルビア人
・クロアチア人

の原型は、このときにつくられていきます。

中世ヨーロッパの歴史④ ─ ローマ=カトリック教会の発展

ローマ教会・総本山「サン・ピエトロ大聖堂」(出典:wiki

ローマ帝国が東西に分裂してから、教会は、

西側 → ローマ教会
東側 → コンスタンティノープル教会

に、分かれました。

はじめは足並みをそろえていました。

けれど、「聖像崇拝」など、教義をめぐり、2つの教会は、対立を深めていきます

ローマ教会は、普遍で、万人に開かれてことをアピールするために「カトリック」と名のります

いっぽう、コンスタンティノープル教会は、正しさをアピールするために、「ギリシャ正教」と名のります

西側 → ローマ=カトリック
東側 → ギリシャ正教

ローマ=カトリックの策

東側のギリシャ正教は、東ローマ帝国が存続していたので、政治も経済も安定してしました。

いっぽう、西ローマ帝国が崩壊した「ローマ=カトリック」は、政治情勢は不安定でした

そのため、軍事面・経済面でのサポートを求めていました

そこで、

・メロヴィング朝の有力者を「国王」と認める
・カール大帝に「冠」を授ける

といった策に出ます。

「権威づけ」の見返りに、軍事&資本での支援を受けることに成功します。

「叙任権闘争」の勃発

教会は、キリスト教徒から、独自の「税金=寄付」を徴収することで、組織を維持します。

じょじょに豊かになり、ほかの王国よりも「政治力」をつけるほど、発展します。

そのために、

・教会 vs 王国
・教皇 vs 皇帝

のあいだで、対立が起きてしまいます。

とくに有名な争いが、「叙任権闘争」です。

具体的には、

ローマ教皇「グレゴリウス7世」
vs
神聖ローマ帝国皇帝「ハインリヒ4世」

の争いでした。

きっかけは、皇帝にたいする、ローマ教皇の「破門」です。

当時、破門は、キリスト教世界から追放を意味します。

治めていた諸侯との関係悪化を恐れた皇帝は、許してもらうために、教皇のもとを訪れます。

その場所が、カノッサ城でした。

けれど、教皇は、皇帝に会おうとせず、城の中に入れようとしませんでした。

それでも皇帝は、寒空のもと、許しを請うために、何度も城を訪問します。

城の入口で〝ひれ伏した〟ことから、このできごとは「カノッサの屈辱」とよばれます。

中世ヨーロッパの歴史⑤ ─ ビザンツ帝国の盛衰

ビザンツ帝国の通貨(出典:wiki

うえでみたとおり、ローマ帝国は、

・西ローマ帝国
・東ローマ帝国

に分裂します。

年月をへて、東ローマ帝国は「ビザンツ帝国」とよばれるようになります。

「ビザンツ」は、首都・ビザンティウム(=コンスタンティノープル)に由来します。

西ローマ帝国は、ゲルマン民族の侵入により滅亡しました。

けれど、東ローマは、分裂して以降、1000年ちかく存続します。

帝国の発展

西ヨーロッパは、たびたび民族移動の影響を受けます。

そのため、政治・経済が疲弊します。

いっぽう、東ヨーロッパは、民族移動の影響を受けませんでした

そのため、首都「コンスタンティノープル」を中心に、商業・経済が発展 ─

貨幣まで導入されるほどでした

6世紀、東ローマ皇帝「ユスティニアヌス」のころには、

・北アフリカ
・イタリアの一部

の一部をおさめ、ローマ帝国期と同じくらいの領土を手にします。

帝国の衰退

しかし、6世紀・後半ごろから、じょじょに衰退していきます。

西方 → ゲルマン人&ノルマン人による侵入
東方 → ササン朝ペルシアに侵略
北方 → スラヴ人による進出

こんなかんじ、各地の領土が、奪われていきます。

さらに7世紀以降は、たびたび「イスラム勢力」の侵略を受けるように。

つねに、緊張状態を強いられるようになります。

「十字軍」の要請

その後、ビザンツ帝国は、トルコ系イスラーム勢力「セルジューク朝」に侵攻されます。(11世紀頃)

領土も、どんどん失っていきます。

トルコ人が移り住んでくるなか、セルジューク朝は、キリスト教の聖地「イェルサレム」を占領します。

アタマを悩ました、皇帝「アレクシオス1世」は、対立していた「ローマ=カトリック教会」に軍事支援を求めます。

これが「十字軍遠征」につながります。

さいしょのうちは、うまくいきました。

しかし、遠征をくりかえすたびに、失敗に終わります。

13世紀には、ヴェネツィア商人に〝そそのかされた〟十字軍が、首都「コンスタンティノープル」を占領 ─ こんな珍事も起こります。

それでも、しぶとく生き残ったビザンツ帝国は、オスマン帝国に首都「コンスタンティノープル」を陥落させられるまで、存続することになります。(〜1453年)

中世ヨーロッパの歴史⑥ ─ 十字軍の遠征

十字軍(出典:wiki

述べたとおり、十字軍遠征のきっかけは、西ヨーロッパ諸国にたいする、東ローマ帝国からの要請です。

目的は、イスラム勢に奪われた「イェルサレム」をとりかえすこと ─ 。

西ヨーロッパの王国が協力して、遠征軍を送りこむ〝一大イベント〟でした。

遠征の経緯

ローマ教皇「ウルバヌス2世」による指導のもと、1096年にスタートします。

期間は約200年 ─ 。

計7回、実施されました。

まとめると、こんなかんじ。

第1回(1096年〜) → 奪還&成功
第2回(1147年〜) → 失敗
第3回(1189年〜) → 失敗
第4回(1202年〜) → 失敗
第4回(1228年〜) → 交渉による成功
第6回(1248年〜) → 失敗
第7回(1270年〜) → 失敗

とはいえ、まともに戦って、聖地を奪還できたのは、「第1回」のみです

あとは、大敗したり、本来の目的から外れて「べつの都」を占領したり……。

毎回、プレイヤー(=国王)も変わり、軍の統制も、とれていませんでした。

西ヨーロッパが一体となって遠征したのは、さいしょの1回だけです。

十字軍遠征のルート
(出典:『一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書』)

遠征による影響

聖地奪還は、失敗に終わりました。

けれど「十字軍遠征」は、西ヨーロッパに2つの影響をあたえました。

・商業の発展
・教会権威の低下

十字軍遠征により、道路が整備されていきます。

それにともない、[ヨーロッパ圏 ⇄ イスラム圏]のあいだで、モノ・ヒト・情報の行き来が、活発になります。

結果、中継地となった「都市」が、発展します。

たとえば、

・ヴェネツィア
・ジェノヴァ
・ミラノ
・フィレンツェ
・リューベック(ドイツ)
・ハンブルグ(ドイツ)

などなど。

これらの都市では、商業が発展します。

おもしろいのは、どの都市も、その後の資本主義社会の中核を担っている点 ─ 。

その意味で、十字軍の遠征が、資本主義経済をもたらした、といえるのかもしれません。

いっぽうで、教会の権威は、低下しました。

そもそも「十字軍遠征」は、教皇のかけ声で始まったもの。

失敗したとなれば、「ローマ=カトリック教会」の権威は、ガタ落ちです。

反対に、遠征軍を提供した、各王国の権威は高まっていきます。

エルサレムでの「武勇」を耳にする民衆は、教皇よりも、自分たちの王様を敬うようになるからです。

中世ヨーロッパの歴史⑦ ─ 百年戦争の勃発

ジャンヌ・ダルク(出典:wiki

ローマ教会に代わり、各地域の国王は、チカラをつけていきます。

それにともない、王国のあいだでの〝領土争い〟も、活発になっていきます。

戦争の要因 ─ 王位継承&領土権

その代表例が、「百年戦争」です。

百年戦争は、

イギリス王 vs フランス王

の戦いです。

1339年〜1453年にかけて、断続的におこなわれました。

戦争の要因は2つあります。

1つは、王位継承の問題です。

当時、カペー家が「フランク王国」をおさめていました。

けれど王位が断絶し、かわりに、ヴァロワ家の「フィリップ」が引き継ぐことになります。

これに反対したのが、イギリス王「エドワード3世」でした。

母親が、カペー家の出身ということで、

「われこそ、フランク王を継承する立場にある」

と、主張 ─ 。

これにより、イギリス vs フランスの対立が、はげしくなります。

もう1つは、領有権の問題です。

フランク王国は、

・毛織物の産業地「フランドル地方」
・ワインの産地「ギエンヌ地方」

を保有していました。

イギリスは、以前から2つの土地を狙っていました。

利益獲得のため、フランスに戦争をしかけます。

戦争の展開 ─ ジャンヌ・ダルクの登場

戦争の前半では、「クレシーの戦い」「ポワティエの戦い」で勝利したイギリスが、フランスを圧倒します。

国内では内乱も起こり、フランスは劣勢に立たされます。

しかし後半では、「ジャンヌ・ダルク」の活躍もあり、形勢は逆転します。

「神のお告げ」をうけた彼女は、フランス王「シャルル7世」を支援・救済 ─ 。

イギリスが包囲する町「オルレアン」を解放することに成功します。

これをきっかけに、イギリス軍は撤退し、領地を手ばします。

さいごは、フランスがイギリス勢を大陸から追いはらい、百年戦争が終結しました。

フランスを救ったジャンヌ・ダルクでしたが、「内輪もめ」をしていたフランス軍に囚われ、イギリス軍に引き渡されることになります。さいごは、「火あぶり」によって処刑されてしまいます。

戦争の影響 ─ 封建領主の没落

「百年戦争」をふくめ、王国のあいだの争いは、その土地の「領主」に大きな打撃をあたえます。

中世ヨーロッパは、封建制度(=領主と農民の主従関係)で成り立っていました。

けれど、戦争で土地が荒らされることで「農民一揆」が、たびたび起こります。

結果、領主の経済状況も悪くなり、じょじょに没落していきます。

いっぽうで、国王には富が集まり、権力が集中していきます。

これがのちの「絶対王政」へとつながっていきます。

中世ヨーロッパの歴史⑧ ─ スペイン&ドイツの動向

レコンキスタにおける争い(出典:wiki

のべたとおり、「十字軍の遠征」以降、教会にかわり、王国がチカラをつけていきます。

このころ、スペインとドイツも、頭角をあらわしてきます。

それぞれの動きを、みていきます。

スペイン王国 ─ 国土回復運動(レコンキスタ)

それまで、イベリア半島は、イスラム勢力が統治していました。

中世の後半になると、もともと治めていたキリスト教徒の手によって、領土を取り戻そう、という運動が起きます。

これが、国土回復運動(レコンキスタ)です。

イスラム勢力と争いのなかで、

・カスティリャ王国
・アラゴン王国

が台頭 ─ 。

・カスティリャ王女「イザベル」

・アラゴン王子「フェルナンド」

の結婚により、スペイン王国が誕生します。

スペイン王国は、「ナスル朝」を打倒 ─ 。

これにより、イスラム勢力をイベリア半島から追い出すことに、成功します。

神聖ローマ帝国 ─ 大空位時代

フランス王国が分裂したあと、[東フランク王国 → 神聖ローマ帝国]の流れで、領土を治めていました。

ドイツ王「オットー1世」の即位をきっかけにして、国のかたちが、できあがっていきます。

その後、

・カール大帝が再興した西ローマ帝国を引き継ぐ
・ローマ=カトリック教会のキリスト教世界を守る

という理念(=名目)から、「神聖ローマ帝国」とよばれるようになります。

とはいえ、内実は、各地の諸侯たちがバラバラに存在する〝寄り合い国家〟でした。

そのため、「だれを皇帝にするか」を決められず、皇帝不在の期間が長くつづきます。

この時期を、大空位時代とよびます。

また、神聖〝ローマ〟帝国という国名でも、治めている土地は、いまのドイツ地域でした。

そのため、ローマ=カトリック教会の保護国になるため、イタリアに攻め込みます。

しかし、何度もトライしてみるものの、成果は出ません。

結果、フランスをはじめ、教皇に代わり、国王がチカラをつけるなかでも、まとまりのないドイツでは、目立った君主が、生まれません。

以後、ドイツは、各地域の諸侯が、小競り合いをつづける状況が、つづいていきます。

まとめ

流れ
① ゲルマン民族の大移動
② フランク王国による統一
③ ノルマン人の移動
④ ローマ=カトリック教会の発展
⑤ ビザンツ帝国の盛衰
⑥ 十字軍の遠征
⑦ 百年戦争の勃発
⑧ スペイン&ドイツの動向
キーワード
・東ゴート族/西ゴート族/フランク族/アングロ=サクソン族
・トゥール・ポワティエの戦い
・ビビンの寄進
・カールの戴冠
・ノルマンディー
・叙任権闘争
・十字軍遠征
・百年戦争
・国土回復運動
・大空位時代
重要人物
・ピピン
・カール大帝
・グレゴリウス7世/ハインリヒ4世
・ウルバヌス2世
・エドワード3世
・ジャンヌ・ダルク
・イザベル&フェルナンド

この記事が、「中世ヨーロッパの歴史&流れを知りたい人」の参考になれば、うれしいです。

ではまた〜。