【世界史】インドの歴史&流れ まとめ

どうも、りきぞうです。

大学のころから、世界史に親しんできました。

大学院時代は、本格的に人文書・歴史書にあたってきました。

・インドの歴史を、ざっくり知りたい
・大事なキーワードは?
・重要な人物は、だれ?

きょうは、この問いに答えていきます。

先に結論をいえば、つぎのとおり。

りきぞう

・インドの歴史は、[古代インド → 古代インドの統一 → イスラム進出後 → ムガル帝国→ 近代世界]の流れをおさえると、すっきり理解できる
・大事なキーワードは、「リグ=ヴェーダ」「マウリヤ朝/グプタ朝」「デリー=スルタン朝」など
・重要な人物は、「チャンドラグプタ1世」「バーブル」「アクバル」「アウラングゼーブ」など

ポイントは、つぎのとおり。

  1. ① 古代インド
  2. ② 古代インドの統一
  3. ③ イスラム進出後
  4. ④ ムガル帝国
  5. ⑤ 近代世界

….

この記事では、つぎの本を参考にしました。

以下、目次にそって、みていきます。

インドの歴史① ─ 古代インド

まずは、古代インドから。

ポイントは、つぎのとおり。

  • インダス文明の形成
  • アーリア人の侵入
  • 都市国家の分立

BC.2500年ごろから、インダス川流域に都市文明が築かれた、といわれます。

中流には、

・ハラッパー遺跡
・モエンジョ=ダーロ遺跡

が残っています。

城塞・住宅・街路・下水道なども整備されていました。

また、遺跡から出土品のなかには、絵のカタチをとった「文字」も確認されています。

「インダス文字」といいます。

BC.1500年〜、インダス文明が衰退したあと、北西地域から侵入してきたのが、アーリア人です。

インダス川のほか、ガンジス川流域にもひろがり、住居をかまえていきました。

アーリア人は、自然を崇拝し、多神教をとっていました。

そこから生まれた聖典が「ヴェーダ」です。

もっとも古い経典を『リグ=ヴェーダ』といいます。

また、世界史用語では、『リグ=ヴェーダ』前後で、年代が区分されます。

・BC.1500年〜BC.1000年ごろ → 前期ヴェーダ時代
・BC.1000年〜BC.500年ごろ → 後期ヴェーダ時代

となります。

BC.700年代〜500年代には、ガンジス川のまわりに、いくつかの都市国家が形成されます。

・コーサラ国
・マガタ国

が、代表的な王朝です。

「古代インド」については、こちらの記事で、くわしく説明しています。

インドの歴史② ─ 古代インドの統一

都市が分立していたインド地域に、統一王朝があらわれます。

ポイントは、つぎのとおり。

  • マウリヤ朝
  • クシャーナ朝&サーターヴァナ朝
  • グプタ朝
  • ヴァルダナ朝

各王朝が移り変わり、繁栄&衰退をくりかえします。

古代インドの統一については、王朝の流れをたどると、すっきり理解できます。

「古代インドの統一」については、こちらの記事で、くわしく説明しています。

インドの歴史③ ─ イスラム進出後

統一王朝が衰退したあと、インド地域に、イスラム勢力が進出してきます。

ポイントは、つぎのとおり。

  • ラージープート時代
  • カズナ朝&ゴール朝の進出
  • 奴隷王朝による支配
  • デリー=スルタン王朝による統治

統一王朝「グプタ朝」が衰退したあと、北部インドは、「ヴァルダナ朝」が統治します。

しかし一時的でした。

創始者「ハルシャ・ヴァルダナ」が亡くなると、王朝は、一気に分裂します。

その後、北インドには、いくつもの小国が、自立・分立するようになります。

たいていの君主が、ラージープート族出身でした。

そのためこの時代を「ラージープート時代」とよびます。

8世紀以降、北西インドから、イスラム勢力が進出してきます。

はじめは、略奪・強奪が目的でした。

しかし、10世紀以降には、居住し、拠点をかまえるようになります。

・カズニ朝
・ゴール朝
・奴隷王朝

などの王朝が、発展していきます。

奴隷王朝が滅亡したあと、つづげて統治した王朝も、そのまま首都をデリーにおきます。

以下、4つの王朝が、つづけておさめていきました。

・ハルジー朝
・トゥグルク朝
・サイイド朝
・ロディー朝

総称して「デリー=スルタン朝」とよびます。

統治期間は、約300年つづきました。

「イスラム進出後のインド」については、こちらの記事で、くわしく説明しています。

インドの歴史④ ─ ムガル帝国

ポイントは、つぎのとおり。

  • 初代皇帝「バーブル」による建国
  • 3代皇帝「アクバル」による確立
  • 5代皇帝「シャー=ジャハーン」での安定
  • 6代皇帝「アウラングゼーブ」での衰退

「デリー=スルタン朝」がつづいたあと、インド一帯をムガル帝国が治めます。

ムガル帝国は、モンゴル人の子孫「バーブル」によって建国されました。

3代皇帝「アクバル」によって、ベースがつくられます。

5代皇帝「シャー=ジャハーン」のときに発展・繁栄します。

6代皇帝「アウラングゼーブ」の最盛期をむかえます。

以後は、 地方の内乱&西洋による外圧によって、衰退の一途をたどります。

ムガル帝国の歴史は、各皇帝のときに起きたできごとをおさえると、すっきり理解できます。

「ムガル帝国」については、こちらの記事で、くわしく説明しています。

インドの歴史⑤ ─ 近代世界

以降、インド地域は、ヨーロッパに端を発する〝近代化の波〟に巻き込まれていきます。

世界は、ヨーロッパ地域にとどまらず、地球規模で時代が動いていきます。

全人類を巻き込み、「近代世界」へ突入していきます。

近代世界の大まかな流れは、こちらの記事で、くわしく説明しています。

まとめ

まとめると、

りきぞう

・インドの歴史は、[古代インド → 古代インドの統一 → イスラム進出後 → ムガル帝国→ 近代世界]の流れをおさえると、すっきり理解できる
・大事なキーワードは、「リグ=ヴェーダ」「マウリヤ朝/グプタ朝」「デリー=スルタン朝」など
・重要な人物は、「チャンドラグプタ1世」「バーブル」「アクバル」「アウラングゼーブ」など

といったかんじ。

この記事が、「インドの歴史を知りたい人」の参考になれば、うれしいです。

ではまた〜。