アンガールズ『ゴミにも息づく生命がある』感想&レビューです。

公演日 2016年4月
収録 火事がもたらしたもの
友情
悪霊退散
レンタル彼女
バラエティショップ
田中が考え中

どうも、コント作家のりきぞうです。

きょうも、コント作品をレビューしていきます。

今回とりあげるのは、アンガールズ『ゴミにも息づく生命がある』。

前回の『アンデルセン』(2008年)以来、約7年ぶりの公演です。

むかし「キモカワ・キャラ」で笑いをとっていました。

この公演からは、プロット重視のコントに切りかえた印象をうけます。

ストーリー展開として、イマイチなものもあります。

けれど、あらたなアンガールズをみれたかんじがして、うれしくなりました。

これからも、年に1度のペースで、単独ライブをおこなっていくようです。

とても楽しみですね。

個人的に良かったのは、「友情」「レンタル彼女」「田中が考え中 特別編 ~ドレッシングルーム~」です。

以下、くわしくみていきます。

『友情』


あらすじ

待ち合わせ場所にきた友人(山根)。

ベンチのうえにサイフが落ちている。

ネコババしようしたとき、友人(田中)がやってくる。じつはそのサイフは彼のもの。

盗みをはたらく山根に、とまどう田中 ─ 。

けれど友情を壊したくないため、ゆるすことに。

気にせずに、ふたりでバトミントンをはじめる。

しかし山根は、手加減ももせず、本気で勝負をしてくる。

ゆるすキモチはうすらぎ……

ひとこと

ビミョーな心理をえがいたコント。

「おいおい、サイフを盗もうとしたヤツが、バトミントンでポイントかせごうとしてるよ」

田中のセリフには、おもわず笑ってしまいました。

『レンタル彼女』

あらすじ

「レンタル彼女」のサービスを利用するタッくん(田中)。

〝10時間のあいだ、なにをしてもいい〟という条件で、カノジョ役のともみ(山根)に5万円をわたす。

女性と付き合った経験のないタッくんだが、オンナについては研究済み。

メモしたノートを手にとり、他人の犬にかけより、「カワイイ自分」をアピールする彼女の心理を分析する。

しかしともみは女の子とはおもえない下品なふるまいをはじめる。

パニクるタッくんは……

ひとこと

田中さんの「キモキャラ」が前面に出ているコント。

「オンナにふれず、オンナを知った」という名言もとびだします。

オチでは、山根さん演じるともみの「したたかさ」があらわれます。

とはいえここは、ストーリー展開として「余計かなぁ」と思いました。

カットすれば、ひきしまったコントになっていたはず。

ちょっとおしい。

『田中が考え中 特別編 ~ドレッシングルーム~』

あらすじ

大学時代「ゴミ人間サークル」にはいってメンバーが、数年ぶりにあつまる。

かつてはダメ人間だったが、ニートの野田以外は、みんな出世している。

そこへ研究者の田中が「他人の能力を吸い取るメカ」をもってやってくる。

いまだにダメ人間の野田は、その機械をみて、あることを思いつく。

出世したメンバーから能力を吸収し、人生をやりなおそうとする。

しかしじっさいにメカをつかっても、野田のチカラはいっさい変わらない。

じつはどのメンバーも「出世した」と見栄をはっていたようで……。

ひとこと

アルガールズほか、ドランクドラゴンのタクさんや、鳥居みゆきさんなども参加 ─ 。

30分以上の長尺コントです。

山根さんが「一流のグラフィックデザイナー」、鈴木拓さんが「天才数学者」など、それぞれの「見栄の張り合い」が、笑いどころ。

素性があきらかになるごとに、笑いがおこっていく。

ストーリー展開としては、とてもよくできています。

ただし、すこし演技力が追いついていない印象。

そこが目につかなければ、楽しくみれます。

野田以外のメンバーで、ただひとり見栄をはっていない主婦の鳥居みゆきさんが、はなしのオチにからんでくる。

ほのぼのおわっていくかんじは、アンガールズらしいです。

まとめ


こんなふうに、プロットに注目してみていくと、よりいっそうコントを楽しめます。

ほかの作品でも、こんな視点に立って作品で観ています。

ちがう記事ものぞいてみてください。

ではまた。

よきコントライフを〜。