うしろシティ『すばらしく眠い』感想&レビューです。

公演日 2016年6月〜7月
収録 パーティー
ジーパン専門店
雪山にて
友達
音楽
自転車
山深い森
10年後
銀行強盗
再会

どうも、コント作家のりきぞうです。

きょうも、コント作品をレビューしていきます。

取りあげるのは、うしろシティ『すばらしく眠い』。

7回目の単独ライブを収録したものです。

『友達』では、キョーレツな個性をもつキャラを軸に、笑いをおこしていきます。

キャラだけみると、この人物がイチバンおもしろい。

名まえだけでも笑えます。

今回は、作品どおしがリンクしている構成になっているので、イチから順番に観ていくのがオススメです。

個人的に好きだったのは、「雪山」「自転車」「10年後」です。

以下、くわしくみていきます。

『雪山』

あらすじ

雪山で遭難した男。 山小屋の主人に助けられる。

ついでに食事までいただくが、出てくる料理が、こだわりのラーメンだったり、ニューヨーク塩でつくってカップ麺だったり。

下山したあと、「なんの変哲もない食事が、サイコーにおいしかった」と言うつもりだった男は、〝いっぷう変わったメニュー〟にハラがたってきて……。

ひとこと

さらに山小屋の主人は、お酒までふるまってくれます。

しかしそれは雪山では定番のウィスキーではなく、カシスオレンジ。

スタンダードをもとめる男は、さらにイライラしてきます。

あいかわらず展開のさせ方がおもしろいですね。

わざわざウィスキーの容器にいれて、カシスオレンジを差しだす主人。

「胃がカッカしてあったまるよ」

ボケのフリもうまいです。

ちなみに、ぜんぶをとおしでみると、この主人のバックボーンがわかるしかけになっています。

ほかのタイトルを飛ばさずに観るのがオススメです。

『自転車』


あらすじ

三輪(さんりん)をはずして、自転車に乗るこども。

お父さんにささえてもらい、練習中。

チラッとふりかえると、自転車をささえていたのは、まったく知らないおじさん。

怖がる子どもにたいして、おじさんは、ダンディーな口調でせっする。

さらに子どもから自転車をうばい、乗ろうとする。

しかしおじさんは、うまく乗れず、そのままたおれる。子どもにささえてもらっても、やっぱり乗れない。

起きあがるおじさんは、自分が何者かを語りはじめ……。

ひとこと

おじさんの正体もおもしろいですが、ふりかえったときに、〝見知らぬひとが自転車をささえていた〟という発想がよかった。

このシーンは序盤におかれますが、コントのつかみとしてもバッチリでした。

ちなみにこの見知らぬおっさんも、ぜんぶをとおしてみると、どんな人物なのかわかるようになっています。

つながるかんじが、なんとも気持ちいいですね。

『10年後』

あらすじ

高校の卒業以来、10年ぶりに再会する友人ふたり。

いっぽうの金子は、たまたま遭遇したとおもうが、もういっぽうの阿諏訪は、〝高校のときの約束を果たすためにきた〟とおもう。

気まずい金子。

忘れていたことをごまかし、約束について熱く語る阿諏訪に、はなしを合わせるが……。

ひとこと

プロットの軸がしっかりしている作品です。

コントのプロットにはパターンがありますが、このおはなしは「交錯」にあたります。

構図については、つぎの記事で書いたので、参考にしてください。

コントの書き方 ─ プロットの展開について

忘れているのにもかかわらず、阿諏訪に合わせる金子は、じょじょに追いつめられていきます。

〝がんじがらめ〟になっていくプロセスが、笑いをおこしていきます。

金子といっしょに約束をした、もうひとりの友人。

阿諏訪は彼にも電話をかける。

約束の中身を知るチャンスとおもい、ケータイをよこどりしますが、その友人も忘れている……。

阿諏訪に合わせて、「約束を忘れるなんてサイテーだ!」とブチギレるシーンは、イチバンの笑いどころです。

『銀行強盗』


強盗の人質になったふたり。

いっぽうの男(金子)が、「自分たちで犯人を取りおさえよう」と持ちかける。

真剣なまなざしでプランをはなすが、とちゅう「おまえの顔、なんかムカつくな」と、いきなり悪口を言いだす。

とはいえ、なにごともなかったように、プランのはなしをつづける男。

もういっぽうの人質(阿諏訪)は聞きながすが、ふたたび「おまえの顔、なんかムカつくな」の一言。

ひっかかる協力者は、男のはなしをとめて……。

ひとこと

このあと〝なぜ悪口をはさんだのか〟─

そのワケがあきらかになります。

いきなり悪口を言いだすタイミングが、おもしろい。

緊迫した状況のもとで、しょーもない口ゲンカをはじめる展開もいいですね。

まさに喜劇ってかんじです。

ののしった理由について、男はもっともらしく語りますが、たのもしいしゃべり方に反して、ピントがズレているのも、笑えます。

たぶん納得できないとおもいます。

ぜひ本編をごらんください。

まとめ


こんなふうに、プロットに注目してみていくと、よりいっそうコントを楽しめます。

ほかの作品でも、こんな視点に立って作品で観ています。

ちがう記事ものぞいてみてください。

ではまた。

よきコントライフを〜。