さらば青春の光『真っ二つ』感想&レビューです。

発売日 2018年4月
収録 オープニングコント
犯罪の温床
後継者
ちゃうん!?
カフェリベルタ
画廊にて
漫才「怪談」
ヒーロー
十年定食
エンディングトーク

どうも、コント作家のりきぞうです。

きょうも、コント作品をレビューしていきます。

取りあげるのは、さらば青春の光『真っ二つ』。

前回の『会心の一撃』から1年ぶりのコントです。

『後継者』は、あとつぎ問題になやむ職人のおはなし。

募集したのはいいものの、応募にやってきたのは、じぶんと同じ年ごろの老人 ─ 。

採用をめぐり、ふたりのやりとりが、笑いをおこします。

『カフェリベルタ』は、客と店員のやりとり。

接客態度がわるい店員に、客が「店長を呼んでこい!」と不満をぶちまける。

すると、クレームを回避するため、

「うちの店、店長いないんですよ」
「うちの店、オーナーもいないですよ」
「うちの店、責任者がいないんですよ」

なとなど、言い訳を連発 ─ 。

すこしムリのある展開ながら、ついつい笑ってしまいました。

なかなか決断ができない若者 or 日本人を皮肉っているようで、すこし考えさせられましたね。

個人的に好きだったのは、「犯罪の温床」「画廊にて」「ヒーロー」 ─ 。

以下、くわしくみていきます。

『犯罪の温床』

あらすじ

ラーメン店。

この店で食い逃げした大学生が捕まったことを、警察官が店主に伝えにくる。

「近ごろの大学生は、モラルがなっていない」
「食い逃げなんて、サイテーの犯罪だ」

店主は、警官に怒り・不満をぶつける。

しかし警官は、どこか納得しない。

というのも、すでにこの店では、食い逃げが5件もおきている。

それも、全員が全員、

「あんなラーメンに、お金を払いたくない!」

とつよく思い、店をとびだしたらしい。

警官は、犯人よりも、〝ラーメンの味〟に問題があると指摘して……

ひとこと

発想がおもしろいコントです。

味に問題があると指摘する警官 ─ 。

「店のレイアウトを変えましょう」
「メニューを豚骨ラーメン一本にしぼりましょう」

なとなど、お店改善のアドバイスをくりかえす。

「おまえは、経営コンサルタントか?」

と、ツッコミをいれる店主には笑いました。

『画廊にて』

あらすじ

画廊で、絵を鑑賞する男性。

少女がひとり海を眺めている絵に、いたく感激する。

そのとき、案内人らしき男がやってくる。

感動している男性にたいして、「気にいっていたたげましたか?」と、声をかける。

絵のできばえを褒めちぎる男性客 ─ 。

するとその瞬間、案内人は、

「この絵ね、26万なんですけど、なかなかこの値段で買えませんよ」
「24号サイズなのに、20万円代をキープしてるんですよ」
「お買い得ですよー」

などなど、商売気質まるだしで、ガツガツ売り込んでくる。

さらにはなしをきくと、どうやら案内人じしんが、絵の作者。

繊細な絵と作者のキャラに、ギャップを感じた男性は、ひどくとまどい……

ひとこと

芸術家と商売人の才能をもちあわせる男 ─ まぎゃくの気質がまじりあうことで、笑いをおこします。

「この絵の繊細さから、きみの性格が、想像できないんだよなぁ」

男性客の感想が、すべてをものがたっていますね。

ラスト付近、絵を描いた本人が、電卓をたたくシーンには、おもわず笑ってしまいました。

『ヒーロー』


あらすじ

マンションで火事が発生。

いまだに内部には、フクスウの人たちが取り残されている。

危険をかえりみず、ひとりの男性住人が、なかにとびこみ、助けだそうとする。

勇気ある行動に、同じマンションに住む男は感心する。

しかし、はなしをよくきくと、火事の原因は、ヒーローのように人助けをしている当人 ─ 。

寝タバコが原因らしい。

さらに、住人を助けているのも、じぶんの火の不始末で、他人が死んでほしくないため。

「重失火罪」で捕まりたくばかりに、住人たちを救っている。

どこか納得がいかない、同じマンションの男は、いっしょに住人たちを助けにいくが……

ひとこと

こちらはシナリオ・プロットで、笑いをおこすコント。

約10分ほどの長さがあり、ちょっとした喜劇です。

全体をとおして、イチバンおもしろかった。

なによりストーリーの設定がバツグンで、じふんが起こした不始末を、ヒーローきどりで、〝火消しに〟走るすがたが、なんともおもしろい。

この設定だけで、笑わすことは確実です。

コントの構成にとって、いかにさいしょの設定が大事か、を自覚させられました。

すこしでも罪を軽くするため、スプリンクラーの誤作動をみつけ、けむりがもくもくするなか写メをパチャパチャ。

こういうこまやかなボケも、ほんとうによかった。

ちなみに、みずからの罪を〝帳消し〟にするため、ヒーローのようにふるまう男にたいして、

「まるで、織田裕二やん」

とツッコむ、同居人のひとことにも、くすりとさせられました。

なによりみてほしいコントです。

まとめ

こんなふうに、プロットに注目してみていくと、よりいっそうコントを楽しめます。

ほかの作品でも、こんな視点に立って作品で観ています。

ちがう記事ものぞいてみてください。

ではまた。

よきコントライフを〜。