バカルディ(さまぁ~ず)『なまたまごかけ御飯』感想&レビューです。

公演日 1998年8月
収録 夏の暑い日に
A DAY HARBOR
EVENING ISLAND
NIGHT ISLAND
NIGHT NIGHT ISLAND
STAR
NOON ISLAND
AFTERNOON OTAFUKUTEI
EXTRA

どうも、コント作家のりきぞうです。

きょうも、コント作品をレビューしていきます。

取りあげるのは、バカルディ(さまぁ~ず)『なまたまごかけ御飯』。

さまぁーずさんのバカルディ時代のコントライブを収録したものです。

むかしのものですが、内容は、まったく古びていません。

収録構成をみると、フクスウのネタが収録されているようにみえます。

けれどすべてつながり、ひとつの作品になっています。

なので、おふたりで演じる喜劇といったほうが、あたっています。

以下、あらすじ&感想をみていきます。

バカルディ(さまぁ~ず)『なまたまごかけ御飯』

あらすじ

夏の暑い日に

とある、いなか町。

青年「タケノウチ」(三村)が、定食屋で、「なまたまごかけ御飯」を注文する。

店の女性店員に愛想よくふるまう。

シーンはかわり、田舎の船着場。

かれが、もの想いにふけっていると、地元のタクシー運転手(大竹)が、ふらりとあらわれる。

初対面にもかかわらず、すげずけと話しかけ「オンナのことで、悩みがあるんだろ?」と、たずねてくる。

あまりのしつこさに、タケノウチは、定食屋の娘「リョウちゃん」への恋心を打ち明ける。

じつは近いうちに、仕事の都合で、このいなか町をはなれ、東京に行くことになっていた。

そのまえに、告白をしようか、うじうじ悩んでいた。

はなしをきいたタクシー運転手は、〝ハッパ〟をかけ、告白しないとダメだとうなかず。

決意をかためたタケノウチは、かのじょが「ちかくの無人島へ行く」と耳にして、追いかける。

するとなせがタクシー運転手も、協力してやると言い出し、いっしょついていく。

予定どおり、島に着くものの、リョウちゃんのすがたは、まったくみつからない。

かのじょへの恋ごころが揺らぐなか、タケノウチとタクシー運転手は、たがいの過去の恋を語りはじめる。

じつは、タケノウチは、理想がすこし高く、すこしでも〝違和感〟があると、カノジョと別れてしまう性格 ─ 。

付き合ってもないのに、リョウちゃんとも、そうならないか、すこし心配になる。

が、ここでもタクシー運転手は、うだうだ言わずに、まずは告白するように、けしかける。

やる気をとりもどしたタケノウチは、もしかしたら、リョウちゃんは、たった一夜で咲く伝説の花をみようと、この無人島にきたのかも、とカンづく。

さっそく、その花をまえにむかい、リョウちゃんを待つことに。

すると案の定、かのじょがやってくる。

が、そのすがたは、タケノウチがいつもみていた雰囲気とは、まるでちがう。

ショックをうけたかれは……

ひとこと

はなしのあらすじは、こんなかんじ。

くわえて、喜劇のようなストーリーにのせながら、さまぁ〜ず(バカルディ)さん独特のかいあい・やりとりがくりかえされる。

タクシー運転手演じる大竹さんが、ちくいち小ボケを連発 ─ 。

それにたいして、タケノウチ演じる三村さんの、するどいツッコミが入ります。

漫才と喜劇を融合させたかんじで、みていてとても新鮮です。

個人的には、大竹さん演じるタクシー運転手が、「だいじなときに開けろ」といって、タケノウチにプレゼントをわたす。

それがかのじょとのカンケーに影響をあたえる ─ そんなラストが、なんだかジンワリしてよかったです。

テレビではおなじみのさまぁ〜ずさん ─ 本作品をみることで、またちがった一面をみれたりします。

おふたりのコントのトーン&モチーフを知るうえでも、もってこいのコント作品ですね。

まとめ

こんなふうに、プロットに注目してみていくと、よりいっそうコントを楽しめます。

ほかの作品でも、こんな視点に立って作品で観ています。

ちがう記事ものぞいてみてください。

ではまた。

よきコントライフを〜。