アンガールズ『アンデルセン』感想&レビューです。

公演日 2008年3月
収録 オープニングコント
修学旅行
ロックオーディション
あさり屋
願い
エセ
納得いかない
茨木すばらない話
同窓会

どうも、コント作家のりきぞうです。

きょうも、コント作品をレビューしていきます。

今回とりあげるのは、アンガールズ『アンデルセン』。

『修学旅行』は、友人ふたりのはなし。

山根さんの小ボケが、ゆるい笑いをさそいます。

田中さんのツッコミ・フレーズも、ヒネリがあっていいかんじです。

『オーディション』は、アクション&リズムを軸にしたコント。

田中さん演じるロックンローラーが、ぎこちないアクションで、笑いをさそいます。

個人的に好きだったのは、「願い」「納得いかない」「同窓会」 ─ 。

以下、くわしくみていきます。

『願い』

あらすじ

会社の同僚にバカにされ、自殺をしようとする男 ─ 。

死ぬまえに、自分をコケにした連中に、復讐をしたいと思いつく。

そのためには、ガリガリの体を、ムキムキにしないといけない。

空にむかって、

おれの体を、筋肉モリモリにしてくださぁーい!

と、さけぶ。

すると、ほんとに神さまがあらわれる。

おまえの願いをかなえてやる、とひとこと。

ただし、その条件として、こちらの要求をのんでもらう、つたえる。

うなづく男 ─ 。

しかし神さまの要求は、

・「……くーださーい!」の言い方を、「……きゅーだぁさぁーい!」にかえる
・タクシーの運転手さんに道をおしえるように、願いをつたえる

だったり……。

ふざけた条件は、何度もくりかえされ……

ひとこと

ひたすらバカバカしいコント(笑)

舞台には、神さまの銅像が一体 ─ 。

アテレコを山根さんがおこなう。

像のとなりで、田中さん演じる男が、山根さんのぶざけた要求に、真剣にこたえます。

フレーズの言い方 or イントネーションなど、コトバでもって、笑いをおこします。

アンガールズさんにしては、めずらしいくらい、アホらしいです。

『納得いかない』

あらすじ

3年ぶりに、お化け屋敷にきた友人2人。

久しぶりのドキドキを味わいたく、楽しみにする田中 ─ 。

山根をさきに行かせて、ひとりずつ、おそるおそる中へ入っていく。

しかし、さきにすすむ山根は、びっくりすると同時に、

・「うわぁー、この人形、動くのかよぉー!」
・「天井から首が落ちてくるのかよぉー!」

などなど、お化け屋敷のしかけを、説明口調で、叫んでしまう。

すすむまえに、しかけを知った田中は、まったく驚くことができず……

ひとこと

[設定 → 展開]のながれが、とてもうまい。

キャラではなく、ストーリーで笑わせるコントです。

個人的には、これがイチバンしっくりきました。

「おまえの説明のせいで、ぜんぜんびっくりできないよ!」

なかなかふだん耳にしないフレーズですね(笑)

はなしのオチも、good でした。

ぜひチェックしてほしい作品です。

『納得いかない』

あらすじ

18年ぶりに、地元にかえり、同窓会にやってきた、『アンガールズ』の田中 ─ 。

友人とあいさつをかわすなか、ひとりの男が、なれなれしくはなしかけてくる。

となりのクラスの生徒らしく、名前は「佐々岡」─ 。

山根演じる「同級生の男」が、芸能人・田中に、しつれいな要求をおしつける。

・友人への電話に出てもらって、『アンガールズ』の田中だと、証明してほしい
・自分の目のまえで、「ジャンガ・ジャンガ」のギャグをみせてほしい

などなど。

しまいには、

「相方の山根のことを、もっと大事にしないといけんよ」

などと、コンビのカンケーにまで口をはさんできて……

ひとこと

山根さん演じる「同級生の男」が、『アンガールズ』山根さんの活躍をベタぼめ ─ 。

メタ的なつくりで、笑いをおこしていきます。

自分で自分をほめるながれのとき、山根さんが、クスクス笑っているのが、ツボでしたね。

アンガールズさんのライブでは、こんなかんじの「メタ・コント」が、披露されます。

なかなか爆笑というわけにはいきません。

けれど、好きな人には好きはず。

ラストは、おふたりのライブらしく、ほのぼのとしたキモチにさせられます。

まとめ

こんなふうに、プロットに注目してみていくと、よりいっそうコントを楽しめます。

ほかの作品でも、こんな視点に立って作品で観ています。

ちがう記事ものぞいてみてください。

ではまた。

よきコントライフを〜。