インパルス『おちゃらけソーセージ』感想&レビューです。

公演日 2003年8月
収録 オープニング
万引きGメン
保健室
育児ノイローゼ
駐車場
企業スパイ
インターネット自殺
携帯ショップ
エンディング

どうも、コント作家のりきぞうです。

きょうも、コント作品をレビューしていきます。

取りあげるのは、インパルス『おちゃらけソーセージ』。

インパルスさんにとって、さいしょの映像作品になります。

『万引きGメン』は、万引き犯と思って、あやまってチャラい高校生をつかまえてしまう女のはなし。

冤罪を認めたくないばかり、なんとか高校生を犯人にしたてようとするさまが、なんもとおもしろいです。

『育児ノイローゼ』は、子どもが泣きやまないことに、あたふたする女性のはなし。

泣き声をとめるために、おへその「しぼり」をさげて、ボリュームを下げようとする。

けれどなかなか泣きやまない。

おとぼけはママさんに、男性カウンセラーがホンロウされます。

ひとつひとつのボケはよかったんですが、ちょっとリアリティがないかんじでしたね。

個人的に好きだったのは、『駐車場』『企業スパイ』『インターネット自殺』の3本。

以下、[あらすじ → 感想]に順で、みていきます。

『駐車場』

あらすじ

駐車場。

不動産業者が、購入希望者をつれて、下見にやってくる。

しかしあいては、どうみてもホームレスの男。

・ビニールシートで作った家を、とんできたボールで当てられる心配はない?
・砂利の地面でも、さいあくシートをしけば、背中が痛くならず問題ないよね?

などなど、どうみても駐車場で住むようす。

不動産屋は、物件を紹介しつつも、ホームレスの男性を疑って……

ひとこと

発想がおもしろいコント。

駐車場なのに、そこに住もうとするホームレス ─ 。

ねらいを隠すようすが、笑いの軸になります。

後半、疑いをつのらせた不動産屋に、追い詰められる男 ─ かれの言い訳が、よりいっそう笑いをおこしていきます。

初期作品ながら、すでにインパルスさんのダークさとコッケイさが、あらわれていますね。

『企業スパイ』


あらすじ

企業のオフィス。

以前から社員として企業にもぐりこむ男。

今夜、仲間とともに、大事なデータを盗もうとしている。

いっしょにパソコンのディスプレイがみていると、警備員の足音がきこえる。

仲間を隠すため、更衣室のロッカーへとじこめるスパイの男。

しかし、閉じこめたのはいいものの、

・すぐに出さない
・出すときに、アルミのロッカーをガンガン叩く
・食べていたカップラーメンの汁を、なかでぶちまける

などなど、ムダに危害をくわえる。

仲間だったはずのスパイに、ホンロウされら協力者は……

ひとこと

こちらは、ストーリーよりもアクションによる笑いが軸になります。

企業スパイということで、ドラマ性があるかなぁと思いきや、協力者演じる堤下さんが、ムダに痛い目にあうネタでした。

インパルスさんにしては、わりとベタながら、個人的には、むかしはこういうネタもやっていたんだなぁと、新鮮でした。

すでにこのときから、堤下さんのリアクション&ツッコミは、冴えています。

それをねらったコントなのかもしれません。

『インターネット自殺』

あらすじ

富士の樹海。

ひとりの男が車内で待っていると、もうひとりの男が入ってくる。

ふたりは初対面。

ネットで知り合い、もうひとりといっしょに集団自殺をするつもりらしい。

もうひとりを待っていると、発案者の男に、メールが届く。

友人からの合コンの誘い ─ 。

一瞬まようも、ことわりの返信をおくり、ケータイをとじる。

いっぽう、まっているあいだに、やってきた男性は、自殺を志望する理由を語りだす。

ふかく同情する発起人の男。

すると、しつこく合コンのお誘いメッセージが送られてくる。

参加者全員かわいいらしい。

葛藤しはじめる発起人に、自殺願望の男は、すでに妻&子どもを殺し、もうあともどりはできない、とつたえる。

すでに合コンに目がむかっている発起人には、車内から離れようとするが……

ひとこと

こちらはプロットの構成が、めちゃくちゃうまいコント。

板倉さん演じる集団自殺・発起人のジレンマが、ほんとによく描かれています。

若手時代に、これだけドラマ性のあるネタが書けるんですから、さすがです。

葛藤だけではなく、合コンのお誘いメッセージをもじった返信をかえす ─ このあたりのフレーズセンスも、かなりのものです。

セリフ&プロットのおもしろさが、うまくマッチしています。

本作のなかでは、イチバンおもしろかったです。

ぜひチェックしてほしいです。

まとめ


こんなふうに、プロットに注目してみていくと、よりいっそうコントを楽しめます。

ほかの作品でも、こんな視点に立って作品で観ています。

ちがう記事ものぞいてみてください。

ではまた。

よきコントライフを〜。