さまぁ~ず『冬なのにさまぁ〜ずライブ』感想&レビューです。

公演日 2000年12月
収録 Pond 池
Interview 雑誌取材
Fool on the mountain 遭難
It’s Show time さまぁ~ず
Christmas dinner クリスマスディナー

どうも、コント作家のりきぞうです。

きょうも、コント作品をレビューしていきます。

取りあげるのは、さまぁ~ず『冬なのにさまぁ〜ずライブ』。

さまぁーずさんが改名して、はじめての単独公演をおさめたものです。

とはいえ、バカルディ時代と、トーン&テイストは、ほぼかわっていません。

ファン目線のネタが中心で、より親しみやすくなっているかんじがします。

『Pond 池』 は、オープニングコント。

「あなたが落としたのは、金のオノ? 銀のオノ?」のパロディです。

本ライブは、さまぁ〜ずさんの改名の時期 ─ 。

そのできごとにひっかける内容です。

やはりテンポがよく、おもしろいです。

『Fool on the mountain 遭難』 は、雪山で遭難した男のはなし。

滑落し、足をくじいた登山客のまえに、露天風呂をさかず旅行者があらわれる。

テンションのギャップをベースに、さまぁ〜ずさんらしい、やりとりがつづいていく。

こちらも漫才風のやりとりで、おもしろいです。

いっぽうで、『It’s Show time さまぁ~ず』 は、じっさいの漫才。

とはいえ、大竹さんのボケよりも、三村さんのツッコミが軸になっている漫才といったかんじ。

当時、三村さんの〝たとえツッコミ〟が流行っていました。

それにスポットをあてたネタとなっています。

みるひとがみたら、なつかしいかんじです。

個人的によかったのは、『Interview 雑誌取材』『Christmas dinner クリスマスディナー』の2本。

以下、[あらすじ → ひとこと]の順で、くわしくみていきます。

『Interview 雑誌取材』

あらすじ

カフェ。

俳優「白石」が、雑誌取材のため、記者を待っている。

なかなか来ない状況に、すこし心配になっていると、さっきから〝ファンキーな格好〟の男が、かれをチラチラみてくる。

案の定、待ち合わせの時間ぴったりになったとたんに、はなしかけてくる男。

プライベートの時間をジャマしてはいけないと、気をつかっていたらしい。

ヘンなトコに気をまわす記者に、不審感をいだきながら、取材がスタート。

しかし、

・おしっこをしたいばかり、カラダをクネクネさせる
・ファンからの質問レターを読むも、うまいダジャレが言えない悩みに答えさせる

などなど、俳優をイライラさせる言動ばかり。

ホンロウさせる俳優は……

ひとこと

記者演じる大竹さんのボケが、連発・炸裂するコント。

ひとつひとつのネタのインパクトは弱いものの、テンポがよく、ついつい笑ってしまいます。

またここで披露されるダジャレは、のちに「かなしいダジャレシリーズ」として、一時期はやりましたね。

その原点ともいえるネタ ─ さまぁ〜ずファンならみておいたい作品です。

『Christmas dinner クリスマスディナー』

あらすじ

クリスマスイブのレストラン。

予約した男が店にやってくる。

どうやら誘った女性と初デートらしく、どこか緊張しているようす。

なごませようと、店のオーナーが、世間ばなしをはじめる。

しかし、お相手の女性を聞くときに、

・「きもちわるい顔じゃないですか?」

などなど、失礼なやりとりをくりかえす。

いっぽう、男が誘った女性が来れないとわかると、カツラをかぶり、あまった料理をいっしょに食べようとしたり。

それでも、来れないと言われて、ハイハイ認める男が、どこにいる? と、〝カツ〟を入れられて……

ひとこと

キホン、店主演じる大竹さんのボケが、笑いの軸となり、ストーリーがすすみます。

「彼女はきっと、サボテンに話しかけるのを忘れたから、来れないんですよ」

などなど、ふざけたアドバイスを連発。

それにたいして、

「おまえのは、イヤだな!」

と、するどいツッコミをいれる三村さん。

ほんとにおふたりのテンポ&雰囲気は、みていてクセになります。

恒例になっているのも、わかる気がしますね。

まとめ

こんなふうに、プロットに注目してみていくと、よりいっそうコントを楽しめます。

ほかの作品でも、こんな視点に立って作品で観ています。

ちがう記事ものぞいてみてください。

ではまた。

よきコントライフを〜。