『サンドウィッチマンライブツアー 2014』感想&レビューです。

公演日 2014年9月〜
収録 エステ
漫才「歯医者」
パンダ
ストリートミュージシャン
哀川頂
漫才「桃太郎」
不良

どうも、コント作家のりきぞうです。

きょうも、コント作品をレビューしていきます。

取りあげるのは、『サンドウィッチマンライブツアー 2014』。

漫才2本が収録されています。

こちらはなにも言うことはありません。

かならず笑いことになります。

特典映像も充実しています。

定番の「ラジオ」ネタも、4本収録 ─ 。

ボリュームがあり、かなりの満足感です。

個人的に良かったのは、「エステ」「ストリートミュージシャン」「哀川 頂」 ─ 。

以下、くわしくみていきます。

『エステ』

あらすじ

メタボの男(伊達)。おなかまわりをスッキリさせようと、エステにやってくる。

応じるエステティシャン(富澤)。

しかしストレートに「肥満体」「デブ」などと呼び、エステをはじめれば、顔に「味ポン」をぬったりする。

しつれいな態度の店員に、客はイライラして……。

ひとこと

サンドウィッチの定番のスタイル。

富澤さん演じる店員さんが〝おトボけ〟をかまし、伊達さん演じる客をホンロウし、イライラさせる。

ラスト、おたがいにアゴを〝たぷたぷ〟されるシーンは、おふたりの仲の良さがにじみでていますね。

観にくる人は、こういう雰囲気が好きなんだろうなぁ。

『ストリートミュージシャン』


あらすじ

路上でうたうミュージシャンの「Mikio」(伊達)。

そこへ渋めの男がふらっとやってくる。

聴くかと思いきや、カスタネットをとりだし、いっしょに演奏をはじめる。

とまどう「Mikio」は、すぐさま注意する。

気にしない男は、ミュージシャンに話しかけ、「なぜ歌手になろうとしているのか?」と問いかけ、「夢」について語りだす。

業界関係者のようにみえるが、じつはただの無職で……。

ひとこと

こちらの定番のキャラクター。

富澤さん演じる〝ダンディー風の男〟が、哲学的な話題をふり、あいてを惑わせていく。

ただし今回は「Mikio」のキャラがつよめで、そちらのほうに笑いの軸が傾いています。

伊達さんが歌う曲も、うっすらパクっていて、じわじわと笑いをひきおこしていきます。

天然で、肩にかけたギターを落とすシーンは、めちゃくちゃおもしろかった。

『哀川 頂』

あらすじ

芸能人の「哀川頂」。

撮影のあと、マネージャーから〝結婚式のビデオメッセージ〟をたのまれる。

しかしあいてに面識はなく、名まえも「タッキナルティ」といって出身国もわからない。

それでもマネージャーは、〝むかしから知り合いあるかんじ〟をリクエストして、ふたりで〝お祭りに行ったエピソード〟をでっち上げる。

マネージャーにいわれるまま、「哀川頂」はカメラにむかって語りかけるが……。

ひとこと

マネージャーの要求が、じょじょにエスカレートして、さいしょの内容からかけ離れていく。

リクエストの〝変わりぐあい〟が笑いどころ。

ストーリー以上に、伊達さん演じる「哀川頂」の〝あたふたしたようす〟がめちゃくちゃおもしろい。

撮影おわりで衣装がなく、ハダカでメッセージを送るのが、なんともツボです。

全体をとおして、イチバン笑えました。

まとめ

こんなふうに、プロットに注目してみていくと、よりいっそうコントを楽しめます。

ほかの作品でも、こんな視点に立って作品で観ています。

ちがう記事ものぞいてみてください。

ではまた。

よきコントライフを〜。