かが屋『カロ』感想&レビューです。

発売日 2019年12月
収録 サプライズ
合唱
目標
自転車
誘われ待ち
こたつ
市役所
花束
イヤホン
田舎の家族

どうも、コント作家のりきぞうです。

きょうも、コント作品をレビューしていきます。

今回とりあげるのは、かが屋『カロ』。

『合唱』は、音楽指導の先生と生徒のはなし。

合唱の練習中、生徒全員をしかりつけるいっぽう、先生は、加賀だけをベタボメ。

ひとりだけ認められる気まずさが、ちょっとした笑いをさそいます。

誘われ待ちは、正夢のおはなし。

空想っぽいストーリーですが、かが屋さんならでは、日常生活の〝あるある〟をうまく、取り入れています。

イアホンは、あした離れ離れになる友人2人のはなし。

コントながら、どこかほんわかしたキモチにさせられます。

個人的に好きだったのは、「目標」「自転車」「市役所」 ─ 。

以下、くわしくみていきます。

『目標』

あらすじ

りつけている。

書かれた内容は、

・連絡先をきく
・デートをする
・キスをする

などなど。

かれはそこに赤ペンで、◎ or 花まるを、つけていく。

つづけて、自分の部屋に兄をよぶ。

それとなしに、赤ペンで丸をついた紙をみせつける。

恋愛について〝先をこされ〟、とまどい、あわてる兄は……

ひとこと

繊細なつくりのコントです。

兄と弟のしずかな駆け引きも、いいかんじですよね。

さらにうまいのが、「告白をする」と書かれた紙にたいして、赤丸をつけていないトコ。

「ありえないだろ!」

と、指摘する兄にたいして、弟は

「告白されちゃった」

いやぁ、シナリオの構成が、ほんとにうますぎる。

『自転車』

あらすじ

男が、買い物をするために、道端に自転車をとめる。

ちょっとして、お湯をそそいだカップラーメンをもってかえってくる。

すると、自分の自転車のまえで、カップルが、別れる / 別れないのはなしをはじめる。

ケンカのすえ、カレシがフラれることに。

自転車のまえで、ヒザをくずし、泣きさけぶ男。

カップ麺をもったまま、ゆっくーり、自転車のカギをはずし、その場から離れようとするが……

ひとこと

こちらはシナリオの設定が、すばらしい。

「気まずさ」を軸に、笑いをさそっていく。

かが屋さんらしいと思うのが、その後の展開 ─ 。

フラれた男が、自転車の男にたいして、「カノジョを追いかけたほうがいいですかね?」
と問いかける。

「ですねぇ……」と返答するかれにたいして、「自転車を貸してください!」とたのむ。

カップ麺がのびるので、ほんとうは家に帰りたい男 ─ 。

けれどやさしさから、ついつい自分の自転車を貸してしまう。

このあたりの心情のようすは、かが屋さんにしか出せない雰囲気 ─ 。

ファンが増えるのも、納得です。

『市役所』

あらすじ

市役所で受付をする女性 ─ 。

そこへ、受付の番号札をもって、カレシらしき男が、やってくる。

きのう、夕食をつくってもらったのに、先輩の誘いを優先し、〝ぶっち〟した約束をあやまりにくる。

仕事中にくわえ、約束をやぶった事実を許せないカノジョ ─ 。

すこし話したあと、「もう一度、番号札をもってきてください」とつきはなす。

ごていねいに番号札をとって、ふたたび順番待ちをするカレシ ─ 。

自分の番がまわってきた瞬間、カノジョにたいして、「婚姻届をください」と、いきなりプロポーズをするが……

ひとこと

イチバン好きだった作品。

シナリオの構成からみても、かなりつくりこんでいる印象をうけました。

こちらもはなしの[設定 → 展開]が、ほんとうにうまい。

婚姻届の受付をやっているカノジョのところに、カレシが「届け」をもらいにやってきて、プロポーズをする ─ 。

このメタ的な設定が、笑いの軸になります。

さらにかが屋さんがうまいのが、このメタ的な設定を利用して、プロポーズするカレシにたいして、

「そういうサプライズをねらうトコがキライ」

と指摘させる点。

メタ的な展開をわかったうえで、その事態にたいしても、ツッコミを入れる。

二重三重のつくりになっている構成 ─ 。

雰囲気だけではなく、練り練ったシナリオづくりをしているとわかります。

まとめ


「やさしさ」「かなしみ」をふくみつつ、笑いをおこしていく ─ 。

それがかが屋さんの特色です。

けれどそのうらでは、綿密に組み立てられたシナリオ&プロットがあります。

これがおふたりのすごいトコ。

なにげない日常をみせつつ、背後ではフクザツな構成を組み立てる。

すごいコンビだなぁと思います。

こんなふうに、プロットに注目してみていくと、よりいっそうコントを楽しめます。

ほかの作品でも、こんな視点に立って作品で観ています。

ちがう記事ものぞいてみてください。

ではまた。

よきコントライフを〜。