さらば青春の光 ─ おすすめのネタ&ライブコント まとめ

どうも、コント作家のりきぞうです。

これまで、1000本ちかくコント作品をみてきました。

なかでも、 「さらば青春の光」さんのコントには楽しませてもらいました。

みたいと思っている人も多いはず。

とはいえ、

・そもそも全部で何作品あるの?
・たくさんありすぎて、どれからみたらいいいのか分からない
・とくにおすすめはどれ?

─ こんな悩み&疑問をいだく人もいるかぁと。

そこで、この記事では、全作品をあげていきたいと思います。

結論を先にいうと、つぎのとおり。

りきぞう

さらば青春の光のコント作品は、全部で4つ
『会心の一撃』 → 『真っ二つ』 → 『大三元』の順でみるのが、おすすめ
個別のネタなら『会心の一撃』に収録の「葬式」が Good

といったかんじ。

以下、カンタンに概要&感想をあげながら、すべての作品をみていきます。

長文ですので、目次から、気になる作品にとんでもオーケーです。

※ 発表・公演された年数順に並んでいます。

『なにわナンバー』

発売日 2011年10月
収録 交通事故 in 上方
取り調べ
マジック
病室
カウントダウン
正門
上司と部下
合格発表
ラーメン屋
親子
オークション
ファミレス
イリュージョンショー
美容室

おふたりにとって、さいしょのDVD作品です。

ただしライブ映像ではなく、スタジオでネタを収録したもの。

初期さらばさんの、ネタ傑作選といったかんじです。

ぜんぶで60分くらい。

ひとつひとつが短く、さらっとみれるのが良いですね。

おふたりの笑いが、どんなものかを知るには、おすすめかなぁと思います。

とはいえ、ネタの精度はそこまで高くありません。

ショージキ、さいきんの作品を手にしたあとに、むかしをふりかえるかたちで、手にとるのがベターです。

評価
ながさ
(3.0)
おしゃれさ
(3.0)
おもしろさ
(3.0)
おすすめ度
(3.0)

『会心の一撃』

発売日 2017年4月
収録 オープニングコント
医学部
気絶
小説家
金メダリスト
漫才
予備校
居酒屋
葬式
エンディングトーク

前回の『なにわナンバー』から数年たっています。

そのときのネタとは、まるで別物です。

レベルが格段にあがり、ハズレがほとんどありません。

おふたりのネタをみるなら、まずはこの作品からみるのが、おすすめです。

おすすめは『葬式』。

ストーリー展開がうまく、はなしのスジもわかりやすい。

ムダがなく、洗練されています。

個別のネタとしても、これがイチバンです。

評価
ながさ
(4.0)
おしゃれさ
(4.0)
おもしろさ
(5.0)
おすすめ度
(5.0)

『真っ二つ』

発売日 2018年4月
収録 オープニングコント
犯罪の温床
後継者
ちゃうん!?
カフェリベルタ
画廊にて
漫才「怪談」
ヒーロー
十年定食
エンディングトーク

前回の『会心の一撃』から1年ぶりのコントです。

同じく、親しみやすいネタがそろっています。

おすすめは、『ヒーロー』。

約10分ほどの長さがあり、ちょっとした喜劇です。

ストーリー設定がバツグンで、じふんが起こした不始末を、ヒーローきどりで、〝火消しに〟走るすがたが、なんともおもしろい。

全体としても、演目のバランスがとれ、満足度の高い作品になっています。

『会心の一撃』をみたあとに、流れるのが良いと思います。

評価
ながさ
(5.0)
おしゃれさ
(4.0)
おもしろさ
(4.0)
おすすめ度
(4.0)

『大三元』

発売日 2019年3月
収録 オープニングコント
怒呆
スカウト
サラリーマン川柳
パンのむらた
金曜の100倍
終電逃させ屋
祭りのあと
エンディングトーク

前回のライブから1年ぶりのコントです。

こちらも『会心の一撃』と同じく、親しみやすく、構成がしっかりしたネタがそろっています。

おすすめは、『パンのむらた』『終電逃させ屋』の2本。

プロットがすっきりしているうえに、発想がおもしろい。

発想と構成のバランスが、さらばさんの魅力です。

全体として、気軽にみれて、充実度が高いです。

こちらも、『会心の一撃』をみたあとに、流れるのが良いと思います。

評価
ながさ
(5.0)
おしゃれさ
(4.0)
おもしろさ
(4.0)
おすすめ度
(4.0)

まとめ

まとめると、

りきぞう

さらば青春の光のコント作品は、全部で4つ
『会心の一撃』 → 『真っ二つ』 → 『大三元』の順でみるのが、おすすめ
個別のネタなら『会心の一撃』に収録の「葬式」が Good

ぜひ、「さらば青春の光」のコントをみるうえでの参考にしてみてください。

ではまた。

よきコントライフを〜。