さまぁ~ず『さまぁ〜ずライブ 3』感想&レビューです。

公演日 2002年12月
収録 足つぼマッサージ
塩崎流
バケーション
マイナスターズ
靴屋さん
結婚式

どうも、コント作家のりきぞうです。

きょうも、コント作品をレビューしていきます。

取りあげるのは、さまぁ~ず『さまぁ〜ずライブ 3』。

さまぁーずさんが改名して、3回目の単独公演をおさめたものです。

『塩崎流』は、とあるいなか町のはなし。

塩崎さんという男にお世話になった花ムコ。

当時の思い出エピソードを聴こうと、結婚式のしきる友人が、撮影のため、塩崎宅にやってくる。

しかし〝ひとクセ〟ある塩崎は、なかなか撮影に、なかなか協力してくれない。

照明機材をもってきていない友人は、夕暮れがせまるなか、なんとか思い出エピソードをしゃべってもらおう、と頑張るが……。

こちらは塩崎演じる大竹さんのボケが全面に出ているコントです。

なかなか撮影に協力してくれない塩崎さんのキャラが、笑いをさそいます。

ホンロウされる友人演じる三村さん ─ そのリアクションもいいかんじです。

個人的によかったのは、『バケーション』『マイナスターズ』の2本。

以下、[あらすじ → ひとこと]の順で、くわしくみていきます。

『バケーション』

あらすじ

ハワイ・モロカイ島。

ホテルの部屋で、将棋を打つふたり。

ハワイにきているにもかかわらず、いっこうに外へ出かけようとしない。

「のんびりしにきたわけだからね」
「そんなに、セカセカと遊びにいく必要はない」

セリフをはきながら、ヒマであるこの状態を確認しあうふたり。

しかしじっさいは、4日間連続の雨で、まったく外で出られい状況だった。

遊びたくも遊べない ─ 現状を認めたくないふたりは、〝あえて外に出ない口実〟を、つらつらのべていくが……

ひとこと

こちらは、プロットの設定&展開がおもしろいコント。

さまぁ〜ずさんのコントでは、わりとキャラによる笑いがメイン。

いっぽうこちらは、プロットによって笑いを誘います。

笑いのバリエーションが豊富なのが、さまぁ〜ずさんの魅力です。

雨で出たくても出れない状況を素材を、うまくコントにしています。

フリな現状にもかかわらず、余裕をかますふたり ─ そのコントラストが軸となり、笑いをさそいます。

とちゅう、雨で海にいけず、ケンカするカップルを登場させるトコなどは、ほんとにうまいなぁと思います。

『マイナスターズ』

あらすじ

ライブ会場の裏手。

倉庫でスタッフが作業をしている。

そこへ、メンバー4人のバンドがやってくる。

近々、ここでライブをするため、下見にやってきたらしい。

さらに、スタッフの男に、ちょっと演奏をみてほしいとたのむ。

応じた男は、バンドの演奏をきくことに。

しかし、バンドリーダーのボーカルは、歌うことなく、つらつらとMCの練習をはじめる。

しびれをきらしたスタッフは、はやく歌えとせかす。

ようやく曲が始まったかと思いきや、曲のなかみは、

・演歌
・デュエット

などなど、シュールな曲をばかり。

スタッフは、ひとつひとつの歌にツッコミをいれていき……

ひとこと

こちらは、大竹さんのボケがひかるコント。

キホン歌ネタです。

どの曲も面白く、ついつい見返してしまいました。

なかでも、カップルのどうでもいいやりとりを曲にした歌は、笑いが止まりませんでした。

ひとつひとつの歌にたいする、三村さんのツッコミも、キレキレです。

おふたりの〝緩急〟があるから、あれだけの笑いをうむことができるでしょうね。

個人的には、本作のなかで、このネタがベストでした。

ちなみに、本作のバンドメンバーは、『さまぁ〜ずライブ 2』で、「ダキョウ倶楽部」として登場しています。

あわせてみると、バンドとスタッフの背景がわかって、より楽しめると思います。

まとめ

こんなふうに、プロットに注目してみていくと、よりいっそうコントを楽しめます。

ほかの作品でも、こんな視点に立って作品で観ています。

ちがう記事ものぞいてみてください。

ではまた。

よきコントライフを〜。