バカリズム『科学の進歩』感想&レビューです。

公演日 22008年3月2日
収録 プロローグ「科学の進歩」
DF の高飛び FW の餌食
総合医者
あの坂をのぼれば
贈るほどでもない言葉
俺とお前とブラットピット
WARUYONO !
にゅーす 誰がために

どうも、コント作家のりきぞうです。

きょうも、コント作品をレビューしていきます。

取りあげるのは、バカリズム『科学の進歩』。

「バカリズム」さんになってから、3回目の単独ライブです。

『贈るほどでもない言葉』『誰がために』では、日常ではありえないストーリーを、たんたんとこなしています。

『プロローグ「科学の進歩」』は、バカリズムさんなりのSF系コントです。

これをみただけでも、バカリズムのセンスのよさがわかります。

個人的に良かったのは、「DF の高飛び FW の餌食」「WARUYONO !」「にゅーす」 ─ 。

以下、くわしくみていきます。

『DF の高飛び FW の餌食』

あらすじ

サッカー部の顧問。

ひとりの部員に事実を告げる。

「おまえはほんとうはサッカー部じゃなくて、将棋部なんだ」

「将棋部のロッカーに空きがなくて、顧問のたちばな先生がサッカー部におまえを連れてきたんだ」

まるでほんとうの親のように、サッカー部に入ったいきさつを語る先生。

さらに、サッカーのプレイには将棋部だったころの名残りも残っているようで……。

ひとこと

「オレは育ての顧問にすぎないんだよ!」

〝じつはほんとうの親子ではない〟

〝べつに父親がいる〟

ドラマでよくある「親子もの」をパロディ化したコントです。

ジャンルのことなる場面をシーンを組み合わせて、笑いをおこす。

バカリズムさんが得意とするやり方。

単純におもしろいです。

『WARUYONO !』

あらすじ

越後屋と密会するお代官。

時代劇では定番の決まり文句「おぬしもワルよのぉー」をはさみながら会話をすすめていく。

しかしなにかと「ワルよのぉー」にこだわり、越後屋の仲間が〝どれくらい「ワルよのぉー」なのか〟をランク付けしはじめる。

さらに語尾のさいごには「……のよぉー」をつけ、「ワルよのぉー」からもはなれていく。

くりかえしの果てに、ラストは……。

ひとこと

タイトルどおり、「ワルよのぉー」をくりかえす代官。

笑いのパターンでいえば「反復」にあたります。

コントの書き方 ─ プロットの展開について

ストーリーをすすめていくなかで、「ワルよのぉー」の使いかたをかえ、笑いをとっていきます。

そのさいのアレンジ力がバカリズムの持ち味。

「ワルよのぉー」のパロディはだれでも思いつきますが、どう変更させるかは作り手のセンスにかかっています。

その能力がピカイチです。

全体をとおして、イチバン笑いました。

『にゅーす』

あらすじ

アナウンサー。

放送がはじまり、ニュース原稿を読んでいく。

しかししゃべり方は〝たどたどしく〟、作文を読む小学生のように子どもっぽい。

さらにスタジオにいる AP (アシスタントプロデューサー)からダメ出しをうけると、あいての悪口を言いはじめて、からかいだす。

まるで〝教室の休み時間〟みたいになっていき……。

ひとこと

こちらも、ジャンルのことなるシーンをかけ合わせて、笑いをとっていくコント。

この作品では、〝泣き虫小学生〟と〝アナウンサー〟をミックスさせている。

APのプライペートを、からかいながらバクロするトコが、おもしろいです。

まとめ


こんなふうに、プロットに注目してみていくと、よりいっそうコントを楽しめます。

ほかの作品でも、こんな視点に立って作品で観ています。

ちがう記事ものぞいてみてください。

ではまた。

よきコントライフを〜。