バイきんぐ『クローバー』感想&レビューです。

公演日 2017年7月
収録 退院
キャバクラ
屋上
サウナ
キャンプ
落語
タバコ
晩ご飯
閉店

どうも、コント作家のりきぞうです。

きょうも、コント作品をレビューしていきます。

取りあげるのは、バイきんぐ『クローバー』。

前回から、約1年ぶりのライブです。

いそがしいなかで、1年に1回のペースで単独ライブ。

すごいです。

『キャバクラ』は、カネをぼったくられる客のおはなし。

大金を支払うことになる客のリアクションが、よかったですね。

『キャンプ』は、ベテランキャンパーと、素人キャンパーのおはなし。

スキル&経験のちがいが、笑いをおこします。

『タバコ』は、喫煙中毒の男のおはなし。

タバコなしではいられない ─ そのようすを過剰な演出でもって表現しています。

どれも5〜10分くらいの長さなので、気らくなかんじでみれます。

かるい気分で、さらっとみるのが、おすすめ。

個人的に良かったのは、「落語」「晩ご飯」「閉店」 ─ 。

以下、くわしくみていきます。

『落語』

あらすじ

寄席。

落語家が舞台で、演目を披露している。

耳をすます客 ─ 。

しばらくして、あることに気づく。

それは、落語家が「口パク」で、演じていること。

まさかの手法に、とまどいを隠せない客は、ツッコミを連発。

それでも落語家は「口パク」をやめず、自信満々に語りつづける。

さらには、うえから流れる音声に、口を合わせることにも飽きて、あくびまでする始末。

ついていけないと思った客は……

ひとこと

発想がおもしろいコント。

お客さんを演じる小峠さんのツッコミをキレキレでしたね。

落語家を演じる西村さん ─ 。

とちゅうで怠けるようすも、かれの素にマッチしていて、よかった。

『晩ご飯』

あらすじ

アパートの一室。

ひとりの男が、レンジでチンをして、夕食を食べている。

そこへ、「しゃもじ」をもった男が、インターホンを鳴らし、たずねてくる。

「あの番組?」

─ 察した住人は、たずねてきた男を、部屋のなかにいれる。

案の定、晩ご飯のメニューをきいて、食べはじめる男。

しかし、なにもコメントもいわず、ひたすら食べつづける。

さらによくみると、カメラもなく、スタッフらしき人もいない。

どうやら単純に、ひとのウチの晩ご飯を食べにきているようで……

ひとこと

こちらも発想によって笑いをさそうコント。

ただただ、ひとりのおじさんが、じぶんがチンした晩ご飯を食べにくる。

笑いを通りこして、ちょっとした恐怖をおぼえますね。

そんな不気味な男を、西村さんが、うまく演じています。

住人演じる小峠さんの質問に、

「はい、晩ご飯を食べているだけなんで!」

をくりかえすようすは、おもしろくもあり、恐ろしくもあります。

とちゅうでカメラをとりだし、「ひとの晩ご飯を記録しているんです」と、語りだすようすは、さらに不気味 ─ 。

小峠さんのツッコミがなかったら、ホラー感まんさいだったと思います。

『閉店』

あらすじ

閉店した居酒屋。

そこへひとりの客が、やってくる。

すでに閉店時間をすぎていたが、ひとの良い店主は、客をなかに入れる。

じつはこの日が、営業最後の日。

30年つづいてきた店を閉めることに。

しかし客は、そんなことを気にせず、

・「お通し」をカット
・名物メニューを頼まない

などなど、しつれいなふるまいをくりかえす。

さらには、常連客がキープしたボトルにたいして、死んだ人の酒をのみたい、など言いだす。

とんでもない、さいごの客をむかえた店主 ……

ひとこと

こちらも、お客さん演じる西村さんの「不気味さ」が光るコント。

死んだ人がキープしたボトルを飲みたい、という発想は、おふたりにしかできませんね(笑)

さいごのオチもまた、西村さんが暴走し、とても怖かったです。

ぜひご自分の目で、チェックしてみてください。

まとめ


こんなふうに、プロットに注目してみていくと、よりいっそうコントを楽しめます。

ほかの作品でも、こんな視点に立って作品で観ています。

ちがう記事ものぞいてみてください。

ではまた。

よきコントライフを〜。