【世界史】ヨーロッパの歴史 まとめ

どうも、りきぞうです。

大学のころから、世界史に親しんできました。

大学院時代は、本格的に人文書・歴史書にあたってきました。

・ヨーロッパ史の流れを知りたい
・大事なキーワードは?
・重要な人物は、だれ?

きょうは、この問いに答えていきます。

答えは、つぎのとおり。

流れ
① 古代ギリシャ
② 古代ローマ
③ 中世ヨーロッパ
④ 近世ヨーロッパ
⑤ 近代ヨーロッパ
キーワード
・ポリス
・アレクサンドロス帝国
・共和政ローマ/帝政ローマ
・ゲルマン民族の移動
・フランク王国
・ローマ=カトリック教会
・ビザンツ帝国
・十字軍
・百年戦争
・国土回復運動
・ルネサンス
・宗教改革
・主権国家
・科学革命
・アメリカ独立革命
・フランス革命
・産業革命
・啓蒙思想
重要人物
・アレクサンドロス大王
・カエサル
・アウグストゥス
・カール大帝
・グレゴリウス7世/ハインリヒ4世
・ウルバヌス2世
・ルター
・カルロス1世(カール5世)
・エリザベス1世
・クロムウェル
・アンリ4世
・ルイ16世&マリ=アントワネット
・ナポレオン
・ビスマルク
・リンカーン

….

この記事では、つぎの本を参考にしました。

以下、目次にそって、みていきます。

ヨーロッパの歴史① ─ 古代ギリシャ

まずは、ヨーロッパ文明の柱の1つ「古代ギリシャ」からです。

大まかな流れは、つぎのとおりです。

  • ポリスの形成
  • ペルシャ戦争
  • ペロポネソス戦争
  • マケドニアによる統治

古代ギリシャについては、これら一連のできごとをおさえると、すっきり理解できます。

「古代ギリシャ」については、こちらの記事で、くわしく説明しています。

ヨーロッパの歴史② ─ 古代ローマ

つぎに、ヨーロッパ文明のもうひとつの柱「古代ローマ」です。

[ギリシャのポリス → アレクサンドロス大王の帝国]による統治がつづいたあと、覇権はローマに移ります。

大まかな流れは、つぎのとおりです。

  • 共和政の確立
  • 帝政の成立
  • パクス = ロマーナにおける安定
  • 専制君主政への移行

統治形態にあわせて、

・共和政ローマ → 形成期
・帝政ローマ → 発展期
・専制君主政ローマ → 衰退期

といったかんじで「盛衰」をイメージすると、つかみやすいです。

「古代ローマ」については、こちらの記事で、くわしく説明しています。

より理解したいひとは、参考にしてみてください。

ヨーロッパの歴史③ ─ 中世ヨーロッパ

ローマの衰退にともない、ヨーロッパは「中世」へと移っていきます。

年代でいえば、395年〜1450年ごろにあたります。

1000年ちかくありますが、以下のできごとをおさえると、ざっくり理解できます。

  • ゲルマン民族の大移動
  • フランク王国による統一
  • ノルマン人の移動
  • ローマ=カトリック教会の発展
  • ビザンツ帝国の盛衰
  • 十字軍の遠征
  • 百年戦争の勃発
  • スペイン&ドイツの動向

それまで、ヨーロッパ地域はローマ帝国がおさめていました。

そこに、ゲルマン人が進出・侵入していきます。

各部族は、土地に住みつき、国を建てていきます。

なかでも、大規模な領土を統治したのが、フランク王国でした。

資源豊富な農地を背景に、チカラをつけていきます。

いっぽう宗教面では、「ローマ=カトリック」が、権威を高めていきます。

西ローマ帝国が崩壊したあと、周辺国と協力・協調しながら、教会の運営をおこなっていきます。

中世以降は、ゲルマン国家の君主(皇帝)が権力を、教会が権威をにぎるかたちとなります。

ローマ帝国分裂後、東側の[ギリシャ〜アナトリア]地域にかけて、東ローマ帝国がおさめていきます。

「ビザンツ帝国」とよばれるようになり、約1000年にわたり、一帯を統治します。

そんななかで、7世紀以降、イスラム勢がチカラをつけます。

11世紀には、イスラム国家「セルジューク朝」が、パレスチナに進出 ─ 。

脅威をいだいたビザンツ帝国は、西ヨーロッパ諸国に、軍事支援を要請します。

これが十字軍遠征につながります。

約200年かけてつづきますが、ほとんど失敗におわります。

結果、ヨーロッパ地域では、教会・教皇の権威が低下 ─ 。

同時に、ローマ=カトリックと、権利/権力を二分していた皇帝の立場も、弱くなります。

かわって、都市商人のあと押しをうける、国王の地位が高まり、絶対王政へとシフトしていきます。

「中世ヨーロッパ」については、こちらの記事で、くわしく説明しています。

ヨーロッパの歴史④ ─ 近世ヨーロッパ

わたしたちが「あたりまえ」と思っている、文化・精神・制度は、1500年代のヨーロッパ地域で生まれました。

具体的には、

  • ルネサンスの起こり
  • 宗教改革の広がり
  • 主権国家の構想
  • 科学革命の勃興

です。

それにより、

・人間中心の文化形成
・神からの脱却
・近代国家の整備

など、いまの近代社会につながる基盤がつくられました。

年代としては、1500年ごろ〜1600年ごろにあたります。

「近世ヨーロッパ」については、こちらの記事で、くわしく説明しています。

ヨーロッパの歴史⑤ ─ 近代ヨーロッパ

近世ヨーロッパでは、政治の中心は、神(=教皇)から王(=国王)へと移っていきました。

つづく、近代ヨーロッパでは、政治の中心は、王(=国王)から、人びと(=民衆)に移ります。

ポイントは、つぎのとおり。

  • アメリカ独立革命
  • フランス革命
  • 産業革命
  • 啓蒙思想

これまでは、国王の権限で、国家運営がなされていました。

近代以降は、民衆(=国民)の合意で定まる「法」によって国家が運営されます。

そのプロセスのなか、ヨーロッパ各国で「革命(Revolution)」が起こります。

政治における大転換を「市民革命」とよびます。

アメリカでは「アメリカ独立戦争」が、フランスでは「フランス革命」がおこりました。

政治面でも大転換がおきるなか、経済面でも革命が起こります。

イギリスでおきた「産業革命」です。

年代としては、1700年ごろ〜1800年ごろにあたります。

産業革命以降、ヨーロッパにかぎらず、人類全体は豊かになっていきます。

また、学術面でも、転換が起こります。

啓蒙思想の広まりです。

いまの科学研究や社会制度に影響を与えることになります。

「近代ヨーロッパ」については、こちらの記事で、くわしく説明しています。

ヨーロッパの歴史⑥ ─ 近代世界

ヨーロッパの発展は、ほかの地域へ広がっていきます。

近代以降は、ヨーロッパ地域にとどまらず、地球規模で時代が動いていきます。

全人類を巻き込み、「近代世界」へ突入していきます。

近代世界の大まかな流れは、こちらの記事で、くわしく説明しています。

まとめ

流れ
① 古代ギリシャ
② 古代ローマ
③ 中世ヨーロッパ
④ 近世ヨーロッパ
⑤ 近代ヨーロッパ
キーワード
・ポリス
・アレクサンドロス帝国
・共和政ローマ/帝政ローマ
・ゲルマン民族の移動
・フランク王国
・ローマ=カトリック教会
・ビザンツ帝国
・十字軍
・百年戦争
・国土回復運動
・ルネサンス
・宗教改革
・主権国家
・科学革命
・アメリカ独立革命
・フランス革命
・産業革命
・啓蒙思想
重要人物
・アレクサンドロス大王
・カエサル
・アウグストゥス
・カール大帝
・グレゴリウス7世/ハインリヒ4世
・ウルバヌス2世
・ルター
・カルロス1世(カール5世)
・エリザベス1世
・クロムウェル
・アンリ4世
・ルイ16世&マリ=アントワネット
・ナポレオン
・ビスマルク
・リンカーン

この記事が、「ヨーロッパの歴史を知りたい人」の参考になれば、うれしいです。

ではまた〜。