dマガジンと楽天マガジンの比較 ─ 料金・冊数からメリット/デメリットを解説

どうも、りきぞうです。

これまでdマガジンを4年ほど使ってきました。また、定期的に楽天マガジンも利用しています。

・dマガジンと楽天マガジン、それぞれメリット/デメリットは?
・料金と冊数の違いは?
・検索や保存機能は、どちらのほうが優れている?

きょうはこの問いに答えていきます。

答えは、つぎのとおり。

まずは、dマガジンのメリット/デメリットから。

メリット
・保存&レコメンド機能が優秀
・ムック本が充実している
デメリット
・年間プランがない
・学術系の雑誌が少ない

つづけて、楽天マガジンのメリット/デメリット。

メリット
・楽天ポイントが使える
・雑誌のジャンルが幅広い
デメリット
・記事が探しにくい
・保存機能がいまいち

以下、目次に沿って、料金・冊数・検索機能・保存機能の面から、詳しくみていきます。

dマガジンと楽天マガジンの料金

まずは料金から。それぞれの月額料金はこんなかんじです。

・dマガジン:440円(税込)
・楽天マガジン:418円(税込)

正直、ほとんど変わりません😅

というよりも、たくさんの雑誌が読めるのに、たったこれしか料金がかからないのが驚きです。

しいてあげるなら、楽天マガジンでは楽天ポイントが使えること。

ふだんから楽天経済圏で生きている人なら、楽天マガジンのほうが価格の面ではおすすめです。

» dマガジン(31日間無料)

» 楽天マガジン(31日間無料)

dマガジンと楽天マガジンの雑誌掲載数

つづいて掲載数。こんなかんじです。

・dマガジン:約700冊
・楽天マガジン:約700冊

こちらも、ほぼ同じです。

ただし利用した印象だと、dマガジンは男女ともにファッション関連がつよく、楽天マガジンは車やアニメに特化しているかんじです。

ムック本にかんしては、dマガジンのほうが力を入れていて、充実しています。

(わたしがdマガジンを選ぶ理由もココにあります)

とはいえ、dマガジンも楽天マガジンも掲載される雑誌タイトルは、つねに変化します。

利用するまえは、かならず公式サイトから、いま掲載している雑誌をチェックしておきましょう。

» dマガジンの雑誌一覧(公式)

» 楽天マガジンの雑誌一覧(公式)

dマガジンと楽天マガジンの検索機能

検索機能については、こんなかんじ。

・dマガジン:記事単位で検索
・楽天マガジン:雑誌名で検索

検索機能については、dマガジンに軍配があがります。

みてわかるとおり、dマガジンでは記事単位で検索をかけることができます。

たとえば「iPhone」で検索をかければ、それぞれの雑誌を横断して、いくつかの記事が表示されます。

いっぽう楽天マガジンは(現在のところ)雑誌タイトルでしか検索をかけることができません。

検索機能にかんしては、dマガジンのほうが優秀といえます。

なお、レコメンド機能にかんても、dマガジンのほうが優れているかなと思います。

もちろん「良い記事をすすめくるなぁ」と思うのは、主観によるところが大きいです。しかし、わたしの感覚でいえば dマガジンのほうが、読んでいて面白い記事をおすすめしてくる気がします。

このあたりは、それぞれ無料期間をつかって、どちらが自分の好みに合うか、じっくり判断してみてください。

» dマガジン(31日間無料)

» 楽天マガジン(31日間無料)

dマガジンと楽天マガジンの保存機能

保存機能については、つぎのとおり。

・dマガジン:記事単位
・楽天マガジン:雑誌単位

保存機能(ダウンロード機能)についても、dマガジンのほうが優れています。

楽天マガジンの場合、雑誌単位でダウンロードするので、その分、通信費もかかり、ストレージの容量をくってしまいます。

じゃんじゃんダウンロードしていると、いつの間にか iPad の容量がパンパンになることも、しばしば。

いっぽうdマガジンの場合は記事単位でダウンロードするので、そこまでストレージの容量が、いっぱいにはなりません。

いってもせいぜい「500MG」くらいです。

ダウンロード機能については、dマガジンのほうが優秀といえます。

dマガジンと楽天マガジンのメリット/デメリット

以上をふまえて、dマガジンと楽天マガジンのメリット/デメリットをみていきます。

dマガジン

まずはdマガジンのメリット/デメリットから。

メリット
・保存&レコメンド機能が優秀
・ムック本が充実している
デメリット
・年間プランがない
・学術系の雑誌が少ない

dマガジンの売りは、なんといっても検索&レコメンド機能が優れている点です。

記事単位で検索をかけることができ、自分が興味あるテーマについて、雑誌タイトルを〝またいで〟読めます。

こんな読み方は、紙の雑誌ではできないかとなので、ほんとにすばらしい機能だと思います。

また、レコメンド機能も優秀で、アプリを立ちあげると、自分が興味ありそうな記事をササっとすすめてくれます。

よほど優秀なAIを使っているのか、たいていの記事は、どれも面白く、ついつい眺めてしまいます。

感覚としては YouTube のおすすめ動画に似ているかんじでしょうか。

いっぽう個人的には、ムック本が充実しているのも、うれしいところ。

・ビジネス
・パソコン
・旅行
・料理
・インテリア
・建築

などなど、不定期で発売される雑誌でも、もれなく掲載され、iPad ひとつで読むことができます。

紙ベースで読んでいた身としては、考えられないようなサービスです。

いっぽうデメリットにかんしては、正直ほとんど不満がないんですが、しいてあげるなら、年間プランがないこと。

もうすでに4年ほど愛用しているので、年間プランで料金が割引になれば良いかなと思います。

また個人的には「学術系の雑誌がもう少しあればなぁ」と思います。

dマガジンはエンタメ系に特化しているため、

・『文藝春秋』
・『中央公論』
・『Newton』
・『日経サイエンス』

など、おカタめの雑誌は、ほとんど取りあつかっていません。

著作権の問題がけっこうジャマしているのかもしれませんが、このあたりは今後アップされることを期待したいです。

» dマガジン(31日間無料)

» 楽天マガジン(31日間無料)

楽天マガジン

つづいて楽天マガジンのメリット/デメリット。こんなかんじです。

メリット
・楽天ポイントが使える
・雑誌のジャンルが幅広い
デメリット
・記事が探しにくい
・保存機能がいまいち

やはり、いちばんのメリットは楽天ポイントが使えることです。

楽天経済圏で生活している人なら、月400ポイントくらいなら、ふつうに貯まってしまいます。なので、実質無料で楽天マガジンを利用できます。

また(ムック本の掲載数は少ないですが)アップされる雑誌も幅ひろく、さまざまなジャンルのタイトルを取りそろえています。

なかでも、車やアニメにかんしては、楽天マガジンのほうが数が多い気がします。

いっぽうデメリットは、検索機能&レコメンド機能が使いにくいこと。

やはり、dマガジンのように記事単位で検索できないのは痛いです。

もともとdマガジンを使っている人からすれば「なんか、使いにくいなぁ」と感じるはず。

また保存機能も雑誌単位でダウンロードするため、通信費もかかり、ストレージの容量もくいます。

このあたりは是非とも改善してもらえたらと思います。

dマガジンを使う理由

以上をふまえたうえで、わたしはdマガジンを利用しています。

自分もどっぷり楽天経済圏で生活しているので、実質無料で楽天マガジンを使えるですが、それでもdマガジンのサービスがすばらしいので、こちらを利用することにしています。

やはり、検索&レコメンド機能が優れている点が大きく、このふたつがあるから長くdマガジンを使っているような気がします。

とくに、レコメンド機能について使えば使うほど、自分に合った記事があがってくるので、長く利用するほど恩恵をうけられるしくみになっています。

dマガジンを利用しようとしている人は、長い目で使うことをおすすめします。

なお、こちらの記事で、dマガジンの特徴とメリットについて、詳しく解説しています。よろしければ、チェックしてみてください。

おわりに

dマガジンと楽天マガジンを比較したうえで、それぞれのメリット/デメリットをみてきました。

まとめると、こんなかんじ。

まずは、dマガジンのメリット/デメリット。

メリット
・保存&レコメンド機能が優秀
・ムック本が充実している
デメリット
・年間プランがない
・学術系の雑誌が少ない

つづけて、楽天マガジンのメリット/デメリット。

メリット
・楽天ポイントが使える
・雑誌のジャンルが幅広い
デメリット
・記事が探しにくい
・保存機能がいまいち

この記事が、dマガジンと楽天マガジンのどちらを使おうか悩んでいる人の参考になれば、うれしいです。

では、また。

» dマガジン(31日間無料)

» 楽天マガジン(31日間無料)