【レビュー】セラーメイト チャーミークリア ─ コーヒー・スパイス・小麦粉に最適

どうも、りきぞうです。

これまでコーヒー豆や紅茶の葉を入れるのに、いろんな容器を試してきました。

・チャーミークリアの特徴は?
・メリット/デメリットは?
・じっさいの使い方を教えてほしい

きょうは、こんな問いに答えていきます。

結論は、つぎのとおり。

メリット
・中身をすぐに確認できる
・ラクに物を出し入れできる
・重ね置きできる
デメリット
・冷凍には向かない
・密閉性が弱い

教養ライフの生活カテゴリーでは、わたしが長年愛用してきたモノたちを紹介しています。

それを「わたしのロングライフデザイン」とよび、すこしでも生活を心地よくするため、ぜひ使ってほしいと考えています。

(わたしなりの)ロングライフデザインの条件は、つぎの5つ。

・機能的
・無駄がない
・持続性がある
・適正な価格
・高品質

セラーメイトのチャーミークリアも、そのひとつ。

インスタントコーヒーやティーパックを入れるとき、それまでは余った空きビンに詰め込んでいました。

しかしこれだと、見栄えが悪く、使っていて気持ち良くない。

なにより、なかみが見えない容器を使っていたので、いちいち何が入っているかを確認しながら、コーヒーや紅茶を作っていました。

たいへん効率が悪い。。

そんなとき見つけたのが、セラーメイトのチャーミークリアでした。

それ以来、心地よくコーヒーや紅茶を飲めるので、たいへん気に入っています。

以下、目次に沿って、チャーミークリアの特徴や利点を、くわしくみていきます。

チャーミークリアの特徴

基本スペックは、こんなかんじ。

胴径 102mm
高さ 74mm
口径 85mm
容量 350ml
一般価格 550円(税込)

「セラーメイト」は星屑株式会社のブランドで、ここでとりあげる「チャーミークリア」は、そのなかの主力商品になります。

(セラーメイト製品ではほかにも「密封びん」や「これは便利調味びん」などが有名です。プロの料理家さんのなかにも、セラーメイト製品の愛用者はたくさんいます)

なにより特徴は、

・広い口まわり
・完全透明

の2点。

これにより、物の出し入れがラクになり、容器の中身をしっかり把握できます。

いっぱんの保存容器だと、出入り口がせまかったり、表面の色が塗りつぶされていて、中身が確認できないことがよくあります。

いっぽうチャーミークリアの場合は、広口設計かつ完全透明なので、取り出しもラクラクで、容器の中身もひと目で確認できます。

「この容器に何が入っているんだっけ?」

みたいなことが起こらなくなります。

また、スタッキング(重ね置き)も可能なので、棚に納めるうえでも、かさばりません。

なお、もともと「チャーミークリア」は「チャーミー」という製品からスタートしました。

「チャーミー」では、たんにフタをかぶせるタイプでしたが、「チャーミークリア」になって、ツイスト式(ひねり式)の透明キャップに代わりました。

それにより「透明容器」と「スタッキング」が実現し、以降、半世紀にわたって愛される製品となりました。

チャーミークリアのメリット

メリット/デメリットをあげていきます。

まずはメリットから。こんなかんじ。

  • 中身をすぐに確認できる
  • ラクに物を出し入れできる
  • 重ね置きできる

それぞれ、みていきます。

中身をすぐに確認できる

やはりいちばんのメリットは、ひと目でなかみを確認できること。

わたしが「チャーミークリア」を選んだ理由も、ここにあります。

いちいちフタを開けて、中身を確認することに不満をおぼえていたところに、この製品をみつけました。

それまでは余ったビンで、テキトーに物を詰めていたんですが、数が増えることで中に何が入っているか、分からない状態に。。

「これなら、外から一瞬で中身を把握できるなぁ」

と思い、購入しました。

ラクに物を出し入れできる

2つ目は、これ。

正直、じっさいに買って使うまでは、この利点には気づきませんでした。

しかし、ふだんからくりかえし使っていると、広い口の良さを実感できます。

口が広いことで、物の出し入れがスムーズになり、物を詰め替えるときのストレスが軽減されます。

とくに、インスタントコーヒーのような粒状の物だと、出し入れするときに神経をつかいますよね。

こぼれたりしたら、いちいち拭くのがメンドーですし。

これがチャーミークリアだと、口が広いので、大ざっぱに出し入れできます。こぼす心配もなくなります。

使うほどに「口が広いって良いことなんだな」と実感できます。

重ね置きできる

3点目は、これです。

やはり重ね置きできると、収納がラクになります。

スタッキングできないと、そのぶんサイドにスペースをとらないといけません。ですので、収納できる分量も制限されます。

いっぽう、チャーミークリアのように重ね置きできれば、上部のスペースを使うため、収納効率が上がります。

空いた横のスペースに、違うものを入れられます。

なによりスタッキングすることで、見た目にも美しく、収納棚を開いた瞬間、心地いい気持ちになります。

断捨離をおこなっている人や、ミニマリスト志向の人にも、おすすめの一品です。

チャーミークリアのデメリット

デメリットは、つぎの2点です。

  • 冷凍には向かない
  • 密閉性が弱い

冷凍には向かない


1つ目のデメリットは、これです。

耐熱性があるいっぽう、冷凍には向きません。

説明書にも「冷凍庫に収納はやめてください」と書かれています。

じっさい長く入れておくと、取り出したあと割れる可能性があります。

わたしの場合、「ものは試し」と冷凍庫に1週間ほど入れてみましたが、さすがに割れることはありませんでした。

しかし商品サイトのレビューなどをみていると「割れた」という人たちが、けっこういます。

ですので、とくべつ冷凍する必要がないなら、冷凍庫には収納しないほうが無難です。

密閉性が弱い

もうひとつは、これです。

ツイスト式で、ラクにフタを閉めることができますが、密閉性はそれほどありません。

ですので、アーモンドのように、パリパリ感を残したい食材は、入れておかないほうがいいです。

とはいえ、これも感覚の違いであって、わたしのように、ふつうにミックスナッツを入れて使っている人も多くいます。

たしかに1か月くらい放置しておけば、すこしは湿気ることはありますが、そこまで気になるほどでもありません。

また、コーヒー豆も風味が落ちるという方がいますが、よほどコーヒーの味にこだわりがないなら、とくべつ気にかかるものでもありません。

このあたりは、自分の好みに合わせながら、じっさいに使うのが、おすすめです。

セラーメイトの使い方

さいごに、わたしなりの使い方を紹介します。

自分はこんなふうに、インスタントコーヒーと紅茶パックを入れておくのに使っています。

また、ふたつの飲み物に加える、黒砂糖と粉ミルクも、それぞれ詰めています。

で、計4つの容器をこんなふうに積み重ね、棚にしまっています。

見た目にもよく、何が入っているか一目でわかるので、取り出しもラクラクです。

なにより、そのたたずまいが美しいので、棚を開けたときに、ほんとにいい気持ちになりますね。

機能的かつ美しいため、やはり「わたしのロングライフデザイン」なんだなぁと、つくづく感じます。

おわりに

チャーミークリアを紹介してきました。

まとめると、こんなかんじ。

メリット
・中身をすぐに確認できる
・ラクに物を出し入れできる
・重ね置きできる
デメリット
・冷凍には向かない
・密閉性が弱い

この記事が、チャーミークリアの特徴やメリット/デメリットを知りたい人の参考になれば、うれしいです。

では、また。