【レビュー】Riki の腕時計 ─ 特徴&メリット/デメリットを紹介

どうも、りきぞうです。

これまで Riki の腕時計を5年以上、愛用してきました。

・riki の腕時計って、どう?
・使いやすさは?
・壊れやすいの?

きょうは、こんな問いに答えていきます。

結論は、つぎのとおり。

メリット
・文字盤が(超)見やすい
・壊れにくい
デメリット
・電池交換がメンドー
・ガラス表面に細かい傷がつく

教養ライフの生活カテゴリーでは、おもにわたしが長年愛用してきた生活ツールを紹介しています。

それを勝手に「#わたしのロングライフデザイン」とよんでいます。

ロングライフデザインの条件は、つぎの5つです。

・機能的
・無駄がない
・持続性がある
・適正な価格
・高品質

今回とりあげる Riki の腕時計も、そのひとつです。

そもそも腕時計にかんしては、いくたびの変遷をたどってきました。

さいしょは「べつにケータイと時計をみれば、いいでしょ」とタカをくくっていました。

けれどあるとき「アナログ時計のほうが勉強や仕事に集中できる」と気づいたんですね。

で、作業するときには、かならずテーブルの横にアナログ式の腕時計を置くことにしてたんですが、問題はその製品。

はじめのうちは、自宅に放り投げてあった腕時計を使っていたんですが、しばらくすると動かなくなってしまった。

代わりに、新しい腕時計を探そうとしたんですが、これがなかなか決まらない。

東急ハンズやロフトなどをぐるぐる回って、品定めをしたものの、しばらくぴんとくるものがありませんでした。

そんなとき、ふと訪れた時計ショップで見つけたのが riki の腕時計でした。

最初の印象は「見やすい時計だなぁ」くらいでしたが、しばらくすると、みょうに「文字盤の映像」が頭に残るように。

それでふたたび店を訪れ、「うん、これだな」と確信し、購入に至りました。

以来5年以上、riki の腕時計には、お世話になっています。

こんな経緯からも、わたしなりのロングライフデザインといえるので、あらためて紹介していきたいと思います。

以下、目次に沿って、みていきます。

riki 腕時計の特徴

「riki」 は、有名なデザイナー渡辺力さんの考えを継承した時計のブランドです。

渡辺力さんは、イスやインテリアをはじめ、さまざまなプロダクトを製作してきました。

なかでも時計は彼の代表作で、たとえば「日比谷第一生命ビルのポール時計」は、広く知られたプロダクトになっています。

出典:Riki

そのコンセプトは、

見やすさと美しさのバランス

数ミリ単位で計算された数字と余白が、それぞれ配置されています。

これにより、均等のとれた美しさを実現し、かつ、見た人に心地良い印象をあたえることになります。

出典:Riki

一日に何度も見るプロダクトだからこそ、このような配慮がなされているんですね。

いまでは置き時計から壁掛け時計まで、いろんなタイプの時計が販売されています。

そのなかでも腕時計はとりわけ人気があり、わたしもご多分にもれずに購入しました。

自分が買ったのは「AKPK401」という型番で、シリーズのなかでも、いちばんシンプルな製品です。

出典:Riki

基本スペックは、こんなかんじです。

重さ 37g
厚み 6.7mm
電池寿命 3年
駆動方式 電池式クオーツ

動きは電池クオーツ式で、時計本体はステンレスを主軸につくられています。

バンド部分は牛皮革(カーフ)が施され、ちょっとした防水機能も。

重さは約40gで、厚みも約7mm。標準的な腕時計のサイズです。

なによりの特徴は文字盤のデザインで、このシンプルな〝数字配列〟を見るために、この製品が存在するといって過言ではありません。

riki 腕時計のメリット

わたしなりのメリット/デメリットをあげていきます。

まずはメリットから。こんなかんじ。

  • 文字盤が(超)見やすい
  • 壊れにくい

文字盤が(超)見やすい

いちばんのメリットは、文字盤の見やすさ。

わたしの場合、この美しさのために riki の腕時計を買ったようなものです。

〝ひと目ぼれ〟ではないんですが、何度か店舗で見て、しぜんと頭に残っていったかんじです。

見やすい

それもそのはずで riki の文字盤は、公園やオフィスビルのシンボル時計にも採用されています。

それだけ汎用性が高く、だれをも魅力するデザインである、といえます。

ななめから

壊れにくい

2つ目は、これ。

使っているなかで気づいたんですが riki の時計は、けっこう壊れにくいです。

不用意なことに、何度か地面に落としてしまいましたが、一度も止まることはありませんでした。

(しかも落とした場所が、カチカチのアスファルト多数)

また、ガラス部分も割れることはなく、安心して使うことができます。

riki 腕時計のデメリット

つづけて、デメリット。こんなかんじです。

  • 電池交換がメンドー
  • ガラス表面に細かい傷がつく

電池交換がメンドー


1つ目は、電池交換がメンドーなこと。

この腕時計は「ねじ式」ではないため、自分で時計を交換することはできません。

いちおう特殊な器具をつかえば、なんとか交換できますが、おすすめしません。

裏ぶたがしっかりハマり、取り外すのも一苦労。

裏はしっかり固定されている

わたしも頑張ってやってみましたが、うっかりステンレス表面を傷つけてしまいました。

ですので、電池が切れたら、時計修理店に持っていく必要があります。

しかしこれがまたメンドーで、というのも、わりと短期間で電池が切れるため、たびたび修理に出さないといけないからです。

公式では電池持ちは「3年」とされていますが、感覚としては「1年半」くらいです。

わたしの場合、この時計に愛着があるため、そこまで不満は感じませんが、磁気式の時計に慣れている人からすれば、かなりのメンドーを感じるはずです。

ガラス表面に細かい傷がつく

もうひとつは、ガラス表面が傷つきやすいこと。

これは riki の腕時計だけにいえるわけではありませんが、ふだん使っていると、けっこう傷がつきます。

おそらく階段の手すりや、電車の出入り口で、いつの間にか引っかいてしまうんでしょうね。

よく見ると、ガラス表面に傷が……

もちろん、文字盤を見るだけなら、ぜんぜん気になりませんが、日光など強い光のもとだと、細かい傷が目立つと思います。

値段も手ごろで、高級時計っていうわけではないので、そこまで〝ブルー〟にはなりませんが、神経質な人は、それなりに気になるかもです。

riki 腕時計の使い方

さいごに、わたしがどんなふうに使っているか紹介します。

きほん外出するときは、この時計を必ず付けるようにしています。

文字盤デザインが、たいへんシンプルなので、どんな服にも合わせやすい。

仕事や遊びなど、あらゆるシーンに、しっかりハマってくれます。

いっぽう家の中では、自宅でデスクワークするときに使用。

というのも(デジタル時計よりも)アナログ時計のほうが、いまの時間がひと目でわかり、どれくらい作業に時間を費やしたか、直感的に把握できるからです。

MacBook にも合うな

効率よく仕事をするためにも、アナログ時計のほうが良い。

そのなかでも riki デザインの腕時計は、シンプルな文字盤ゆえに、ひと目で時間が分かります。

時間経過も、ひと目で分かる

スマホの通知に惑わされず、アナログ時計を使おうかなぁと思っている人にとっても、この riki の時計は、たいへんおすすめです。

おわりに

riki の腕時計ををみてきました。

まとめると、こんなかんじ。

メリット
・文字盤が(超)見やすい
・壊れにくい
デメリット
・電池交換がメンドー
・ガラス表面に細かい傷がつく

この記事が、機能的かつシンプルな腕時計を探している人の参考になれば、うれしいです。

では、また。