バカリズム『運命』感想&レビューです。

公演日 2012年7月
収録 プロローグ「運命の話」
絶対に負けられない戦い
それいけ!ベートーくん
マジカル☆中年

はやすぎた男
TABETA!
運命のスケジュール

どうも、コント作家のりきぞうです。

きょうも、コント作品をレビューしていきます。

取りあげるのは、バカリズム『運命』。

『それいけ! ベートくん』は、歌ネタ。

『マジカル☆中年』では、哀しいおじさんをえがきながら、笑いをさそっていきます。

『運命のスケジュール』は、〝非現実な世界〟を描きながら、観てる人を考えさせる内容でした。

今回もバカリズムさんの世界を堪能できます。

年々コントの精度はあがっていて、この公演もかなりハイレベルです。

個人的に良かったのは、「絶対に負けられない戦い」「はやすぎた男」「TABETA!」 ─ 。

以下、くわしくみていきます。

『絶対に負けられない戦い』

あらすじ

とある大会の日本代表戦。

「日本、絶対に負けられない戦いだ」

試合まえ、気合いの入る実況アナウンサーが、力づよく叫ぶ。

「オーストラリアに 2-0 で勝利する必要がある」

予選を突破する条件を述べたあと、幕が暗転。

すぐさま幕がひらき、結果が判明。

「どーした、日本! 0-5 で完敗してしまった」

それでも、予選突破の条件をすかさず述べるアナウンサー。

「まだ望みはある」
「負けるな、日本!」

ふたたび暗転し、すぐさま幕がひらく。

結果は、フランスに 0-11 で負けてしまい……。

ひとこと

このパターンが計4回くりかえされます。

回をかさねるこどに、予選突破の条件がきびしくなる。

さいごは、別チームが〝試合放棄〟しないと、決勝トーナメントにいけないほど……。

試合実況のパロディです。(テレ朝系かな?)

たしかに「絶対に負けられない〜」っていうフレーズは、なんとなく違和感があります。

バカリズムさんも感じているのか、この〝きもちわるい〟雰囲気をコントにしてくれました。

プロットの流れもおもしろく、オチもよかった。

かなり皮肉のきいた作品です。

『はやすぎた男』

あらすじ

競技後の記者会見。

「100m走」で金メダルを取った選手が質問にこたえる。

ワールドレコードをたたきだしたものの、結果は「2秒76」。

〝いきすぎた〟数字に、観客 & 選手から白い目でみられる。

その結果、会見の場で謝まるハメになり……。

ひとこと

本来なら賞賛されるところを、人間ばなれした記録をたたき出したことで非難される。

「0.1」のペースで更新するところを、秒単位で塗りかえる。

〝段取り〟をふまない成績に、男は非難される。

なにごともバランスがだいじ。どんなにすばらしい成績でも〝いきすぎ〟れば、けなされる。

どこか教訓をふくんだコントです。

『TABETA!』

あらすじ

メールが主流のなか、手紙でやり取りをおこなう友人。

「黒ヤギさん」から手紙をもらう「白ヤギさん」。

内容を確認するため、さっそく手紙を読もうとするが、そのとたんすぐさま〝食べてしまう〟。

内容がわからず、とほうにくれる白ヤギさん。

しかたなく、おたよりの内容を手紙で送ることに。

返事をもらった「黒ヤギさん」は、その内容を確認することに。

しかしこちらも手にした瞬間に〝食べてしまう〟。

自分の本能に逆らえない「黒ヤギ」と「白ヤギ」。

それでもなんとか手紙を送りつづけるが……。

ひとこと

……と、あらすじを書いていますが、よくよく観ると、ストーリーはオリジナルの童話そのまんま。

では、なにがおもしろいかといえば、バカリズムさんによる「みせ方」。

得意の「フリップ芸」で、ふたり(二匹)のエピソードを紹介していきますが、その演出がおもしろい。

「ヤギ」とはいえ、フリップの絵が、なんとも〝人間らしく〟、ついつい手紙を食べてしまう性格がイヤになる。

自己嫌悪におちいり、友情のために本能に打ち勝てない自分を責める。

ヤギとはいえ、人間の心理を描いているため、どこか心につきささる。

全体をとおして、イチバン印象にのこりました。

オチもすばらしい。

まとめ


こんなふうに、プロットに注目してみていくと、よりいっそうコントを楽しめます。

ほかの作品でも、こんな視点に立って作品で観ています。

ちがう記事ものぞいてみてください。

ではまた。

よきコントライフを〜。