バカリズム『キックオフ』感想&レビューです。

公演日 2009年1月
収録 プロローグ「初 FIFA 者」
弱の中年
1年D組 地理バカ先生
このあいだばなし
コーナーっぽく言ってみようのコーナー
なんとかかんとか
万引きGメンターテイメント
ホイッスるべきもの

どうも、コント作家のりきぞうです。

きょうも、コント作品をレビューしていきます。

取りあげるのは、バカリズム『キックオフ』。

「バカリズム」になってから、5回目の単独ライブです。

『1年D組 地理バカ先生』は、「紙しばいネタ」のコント。

『コーナーっぽく言ってみようのコーナー』では、凝った演出によって笑いをおこしています。

今回も、バカリズムさんならではの世界観が堪能できます。

個人的に良かったのは、「このあいだばなし」「万引きGメンターテイメント」「ホイッスるべきもの」 ─ 。

以下、くわしくみていきます。

『このあいだばなし』

あらすじ

先日、自分の身におこった出来事を、友だちにしゃべる男。

海を歩いていると、子どもたちがウミガメをイジメている。

気のどくにおもい、ガキどもには「フリスク」をあげて、カメをたすけてあげた。

すると、そのカメがしゃべりだして、お礼がしたいと言いはじめる。

こちらの意志に関係なく、海の底へつれられて……。

ひとこと

『浦島太郎』のパロディです。

バカリズムさんならでは視点で、むかしばなしが書きかえられる。

「しゃべるカメはきもちわるい」
「海の底にいくと〝地方にあるラブホテル〟みたいな建物が見えてきた」

リアリスティックな目線から観察するのも、バカリズムさんっぽいです。

オチも見事です。吹きだしちゃいました(笑)

『万引きGメンターテイメント』

あらすじ

テレビ出演をはたした「万引きGメン」。撮影時のようすを語る。

当時は、ふだんのように「万引き犯」はあらわれなかった。

事件もおこらず〝つかまえるシーン〟も撮影できない。

放送されない事態をおそれた「Gメン」は、チャラそうな若い男に目をつける。

そして彼のトートバックに「ガム」をインして、犯人を〝演って〟もらうことに。

なにもしらない若者は、とうぜん抵抗して……。

ひとこと

テレビ出演によって浮かれる「Gメン」。

「ギョーカイ用語」をつかいながら、当時のようすをふりかえります。

シロトウなのに、「バミリ」「ブッキング」など、いかにもテレビ関係者が言いそうなフレーズを出していく。

笑いどころです。

コント全体は、いわゆる「枠構造」になっていて、ラストでは、彼が〝どの立場〟で語っていたのがあきらかになります。

物語のテクニックと、オチが見ごとにマッチしている。

ほんとうにうまいです。

『ホイッスるべきもの』

あらすじ

サッカーの審判。

反則の「ハンド」にたいして、たてつづけに笛をふく。

しかし1、2回かとおもいきや、選手たちは、くりかえしボールを手で触ろうとする。

いったん試合をとめて、注意しても、まったく言うことをきかない。

イジメのような仕打ちに、審判は泣きだして……。

ひとこと

全体をとおして、イチバン笑いました。

バカリズムさんのコントでは、キレていた人が、じょじょに〝ベソをかく〟シーンが多くありますが、そのなかでも、かなりの面白さです。

「こんなことされて、自分の奥さんになんて言えばいい?」
「きょうは誕生日なのに、なんでこんな仕打ちを受けなくちゃいけないんだ(泣)」

じょじょに〝グズリ〟がエスカレートしていく。

笑えます。

まとめ

こんなふうに、プロットに注目してみていくと、よりいっそうコントを楽しめます。

ほかの作品でも、こんな視点に立って作品で観ています。

ちがう記事ものぞいてみてください。

ではまた。

よきコントライフを〜。