『サンドウィッチマンライブ 2007 新宿与太郎哀歌』感想&レビューです。

公演日 2007年9月24日
収録 タイマン
漫才① 〜 お祝いの言葉
漫才② 〜 ファミレス
ガソリンスタンド
葬儀社
新聞勧誘
深夜のラジオ
記念写真 1
テレビショッピング
哀川超
記念写真 2

どうも、コント作家のりきぞうです。

きょうも、コント作品をレビューしていきます。

取りあげるのは、『サンドウィッチマンライブ 2007 新宿与太郎哀歌』。

M−1で優勝した年におこなわれた単独ライブです。

『哀川さん』シリーズは、サンドウィッチマンライブでは定番のコント。

『深夜のラジオ』は、テレビでおなじみですね。

漫才も2本も収録されています。

「お祝いの言葉」は、ほんとにすばらしいです。

絶妙な間で放たれる伊達さんのツッコミ。それがテンポのいい漫才をつくりあげています。

すでに観たネタが収録されているかと思います。

けれど、あらためてみると、ふたりのおもしろさが再発見できます。

個人的に好きだったのは、「葬儀社」「新聞勧誘」「デリバリー」 ─ 。

以下、くわしくみていきます。

『葬儀社』

あらすじ

葬儀屋にくる客(伊達)。

父親がキトクになので、いまのうちに葬儀の手配をしにやってくる。

応対する店員(富澤)。

いくつかコースを提案するが、どのプランもやたら高額だったり、ものすごく安かったり……。

低料金の「10万コース」では、棺桶(かんおけ)が発砲スチロール、坊主のお経が、ほかの葬式を映したビデオ……。

ガマンならない客は、ブチギレて……。

ひとこと

そのほか、〝ポイントカードを発行するくだり〟など、笑いドコがたくさんあります。

「葬儀なんですが、キャンセルのないようにお願いします」
「親父が死ななかったら、おまえの葬式にしてやるよ」

セリフまわしも、テンポがあっておもしろい。

全体をとおして、イチバン笑えるコントでした。

『新聞勧誘』

あらすじ

勧誘にやってくる職員(富澤)。

楽器の練習をしていた住人(伊達)は、うっとうしそうにことわる。

ひき下がる職員。こんどは「ガス屋」に変装して、部屋にあがりこむ。

その後も、マイナーチームの野球チケットを渡したり、なつかしのジュース『小つぶ』を売りつけたり、なんとか新聞の契約にもちこもうとする。

「すでにおたくの新聞はとっている」

そう言われても「お飾り用に、2部を契約なさっては?」ときりかえす。

マトはずれの説得がつづいていき……。

ひとこと

富澤さんの小ボケが、連発するコント。

多少スベっているボケもあるが、間をおかずに、つぎのセリフがやってくるため、気にならない。

サンドウィッチマンらしいスタイルで、安定したおもしろさをみせてくれる。

ずっと見ていられそうなネタですね。

『デリバリー』

あらすじ

部屋で、デリバリーのピザを待っている住人(伊達)。

1時間遅れで、配達員がやってくる。

どなりちらす客。遅れた理由をたずねるが、「まよってしまって……」とワケをはなす。

「一本道だろ?」と反論する客に、「行くかどうかで、まよってしまって……」ときりかえす。

あきれる客は「遅れたかわりに、値段をまけろ」とつよくでるが、配達員はトボけた答えをくりかえす。

「おまえじゃはなしにならない」「店長に連絡しろ」 ─

そう言われても、配達員は、まともに応対できずに……。

ひとこと

『M-1グランプリ』でも披露していたので、よく知られたネタかもしれませんね。

ピザ屋の設定を「そば屋」にかえるなど、いろいろアレンジされています。

尺にゆとりがあるためか、テンポはわりとゆったりで、ひとつひとつのボケを堪能できるかたちになっています。

富澤さんの小ボケを、じっくり観れるので、これはこれでおもしろいです。

まとめ


こんなふうに、プロットに注目してみていくと、よりいっそうコントを楽しめます。

ほかの作品でも、こんな視点に立って作品で観ています。

ちがう記事ものぞいてみてください。

ではまた。

よきコントライフを〜。