うしろシティ『とはいえ外はサンダー』感想&レビューです。

公演日 2017年6月
収録 ふみきり
河原
刑事の仕事
ミステリー作家
ガールズバンド
職員室にて
アジト
へんなやつ
探偵

どうも、コント作家のりきぞうです。

きょうも、コント作品をレビューしていきます。

取りあげるのは、うしろシティ『とはいえ外はサンダー』。

8回目の単独ライブを収録したものです。

『刑事の仕事』『ミステリー作家』では、ドラマなどで目にする場面を描き、笑いをおこしていきます。

ただこれまでの単独ライブにくらべると、もうひとつ盛りあがりに欠けているかんじがします。

ストーリーにヒネリをくわえすぎていて、わかりにくくなっているかなぁと。

とはいえ、全体をとおして、かるく笑える作品ばかりです。

個人的に好きだったのは、「ガールズバンド」「職員室にて」「へんなやつ」「探偵」です。

以下、くわしくみていきます。

『ガールズバンド』

あらすじ

ガールズバンドのおっかけ。

コアなオタクファンのふたりが、ライブ終わりに感想を語りあう。

バンドの5人がテレビに出たばかりで、まわりに「にわかファン」がうようよ。

ふたりはバカにする。

しかし、いっぽう(金子)がトイレにいき、ライブTシャツから私服に着替える。

「Tシャツを脱ぐなんて、ファンとしての自覚がたりない!」

もうかたほう(阿諏訪)は、どなりちらす。

しかし着替えてきたのは、自分たちふたりの容姿が〝きもちわるい〟から。

ガールズバンドのためにも、自分たちのようなオタクは、かくれて応援するべきだと考えて……。

ひとこと

オタク系ファンの心理を描いた作品。

売れはじめたガールズバンドにたいして〝みょうな思いやり〟をみせるファン。

「かのじょたちは世間にみつかった。しかしわれわれは、みつかってはいけない」

この一言には笑いました。

『職員室にて』

あらすじ

職員室。

先生(阿諏訪)が、用務員さん(金子)に「床にくっついたガムをとってほしい」とたのむ。

そこへ、問題を起こした生徒がやってくる。

しかりつける先生。

罰として〝一週間のトイレそうじ〟を課すことに。

そのやりとりを聞いていた用務員さん。

まいにちトイレそうじをしているため、フクザツなきもちに……。

ひとこと

ビミョーな心理をついたコントですね。

このあとつぎつぎに問題を起こす生徒がくる。そのたびに〝用務員さんがやっている仕事〟を、罰として課していく。

同じ展開がくりかえされ、それによって笑いがおきる。

ただ反復のさせすぎて、後半は〝間のび〟しています。

反復を抑えれば、スッキリした作品に仕上がっていたとおもいます。

『へんなやつ』

あらすじ

公園。

変質者のおじさん(阿諏訪)が、子どもにはなしかける。

「よしみつ」という名まえのぬいぐるみを差しだし、目のなかに指をいれさせる。

おかしなことをくりかえす変質者。怖がる相手をみて、よろこぶ。

そこへもうひとり少年(金子)がやってくる。

同じように、「よしみつ」の目に、指をいれさせる。

しかし動じることなく、すんなり受け入れる少年。

それどころか、自分の指を変質者の目にいれようとする。

輪をかけて〝へんなやつ〟に出会った変質者は……。

ひとこと

変質者のひとつひとつの行動を、すんなり受けいれる少年。

さらに、変質者のほうがイヤがるほど、奇妙な返事をかえしてくる。

〝不気味な笑い〟にみちた作品。

全体をとおして、いちばんインパクトのあるコントでした。

好き嫌いは分かれそうだけど、個人的にはめちゃくちゃおもしろかった。

テレビではおそらく放送できないでしょうね(笑)。

『探偵』

あらすじ

妻にたいして、夫(阿諏訪)が浮気調査を依頼。

探偵(金子)からその報告をうける。

調査の結果、浮気の事実はなく、〝アパートを借りて、大量のトンカツを揚げている〟とわかる。

気にするようすもなく、報告を終える探偵。

請求書をわたして、帰ろうとするが、夫は引き止める。

浮気はしておらず安心するが、大量のトンカツをあげていることが気になりだして……。

ひとこと

序盤のストーリー展開はよかった。

浮気の事実はなくてホッとするが、かわりに〝大量のトンカツを揚げていること〟が発覚する。

そっちが気になる夫は、さらに調査を依頼する……。

意図しない方へハマりこんでいく流れはおもしろいが、後半、はなしが飛びすぎて、ストーリーに入り込めなかった。

もうすこしリアリティのある展開にしてほしかったなぁ。

さいしょのツカミがいいだけに、惜しい作品。

まとめ


こんなふうに、プロットに注目してみていくと、よりいっそうコントを楽しめます。

ほかの作品でも、こんな視点に立って作品で観ています。

ちがう記事ものぞいてみてください。

ではまた。

よきコントライフを〜。