コントの書き方 ─ プロットの構成について

どうも、コント作家のりきぞうです。

ここでは、コントのプロットについて説明していきます。

コントの特徴は、ドラマ・映画とちがい、短いことです。

フツーは、3分〜5分くらいで、10分をこえるとそこそこの長さになります。

30分をこえると「長尺コント」とよばれ、めったに作られることはありません。

そのため、コントのプロットはじつにシンプルです。

時間に限りがあるので、フクザツで細かいストーリーは組めません。

どうしても単純なものになります。

劇作家「別役実」は、コントの基本構成は

[設定 → 展開 → オチ]

だと主張しました。

どんなに斬新なコントでも、プロットについては、すべてこの枠におさまります。

以降、かれの意見をふまえつつ、コントの基本構成について、よりくわしくみていきます。

また、コントのプロットを考えるうえで、もうひとり大事な人物を紹介します。

脚本術でおなじみでの「シド・フィールド」です。

かれの本は、脚本家なら一度はチェックしているはず。

対象は映画ですが、別役実のフレームにつうじるトコがあります。

コントにも応用できます。

以下、ふたりの考えをベースに、コントのプロットについてみていきます。

コントの基本構成

くりかえすと、コントの基本構成は、

[設定 → 展開 → オチ]

です。

まずは、「設定」 ─ 。

なにかしらの状況に人物をおき、性格 or まわりとの関係性を描きます。

つぎに、「展開」 ─ 。

環境を変化させることで、人物のキモチ or まわりの状況に波乱をおこります。

それにともない、登場人物が〝アタフタ〟をするようすをみせ、ここで笑いを引きおこします。

さいごに、「オチ」 ─ 。

はじめとは、べつの状況・状態へと移すことで、はなしを締めくくります。

この3ステップは、シド・フィールドの「脚本フレーム」と共通しています。

かれのいう枠組みは、つぎのとおり。

映画のストーリーは、大きくわけて、

設定 → 葛藤 → 解決

の3幕から成り立っています。

まずは「序盤」の状況設定 ─ 。

ここでは、

・時間&場所などの環境
・登場人物の性格
・各人物のバックボーン

などが、大まかに描かれます。

つぎに「中盤」の葛藤 ─ 。

この段階では、

・人物が、苦悩におちいる
・人物が、困難な状況におかれる

などのようすが描かれます。

いくつかの課題・難題に直面し、〝右往左往する姿〟が描かれます。

さいごに「終盤」の解決 ─ 。

ここでは、

・さまざまな道具・手段
・まわりの助け・企み

をつかい、課題・困難を乗りこえるようすが描かれ、エンディングをむかえます。

このながれは、コントも同じです。

はじめの「設定」で、キャラクターの性格や、まわりの人間関係を描く。

つぎの「展開」で、ある人物の状況を変化させ、悩みや葛藤を引き起こし、課題を克服させる

さいごの「オチ」で、はじめとは、べつの状況・状態におとしていきます。

また、うえの図にある「ブレークポイント」とは、

・設定 → 葛藤
・葛藤 → 解決

のように、それぞれが切り替わるキッカケ・できごとをさしています。

同じくコントにも、キッカケとなるできごと・事件はあります。

けれど、その種類・特徴については、厳密ではありません。

シド・フィールドは、キッカケとなるできごと・事件については、くわしく定義しています。

興味ある方は、チェックしてみてください。

設定・展開・オチ、それぞれの特徴

それでは、

・設定
・展開
・オチ

の段階で、それぞれなにを描くのか。

具体的にみていきましょう。

① 設定

尺の短いコントでは、登場させる人物は、2人 or 3人が限度です。

それ以上だと、はなしがおさまりにくい。

また、苦悩・葛藤におちいる人物は、1人にしぼるべきです。

ジレンマをかかえる人物が、フクスウいると、笑いのポイントが分散します。

結果、〝しまりのない〟作品になってしまいます。

くわえて、登場人物に葛藤をもらたすできごとも、1つにしたほうがベターです。

観ている側につたわりやすく、より笑いを引き起こすことができます。

② 展開

シド・フィールドは、映画において、「展開」「葛藤」がイチバンの〝見せ場〟だとしています。

コントも同じです。

「展開」が、笑いの〝良し悪し〟をきめます。

シロウトほど「オチ」ばかりに気にします。

けれどラストは、さほど重要ではありません。

「展開」がよければ、オチはなんとでもなります。

そのため、創作のさいには、ここにもっとも労力・時間をさくべきです。

とはいえ、コントの「展開」はそこまでフクザツではありません。

わたしの考えでは、「展開」は、「反転」「逆転」「交錯」の3パターンにすぎません。

こまかいコトは、こちらの記事に書いたので、チェックしてみてください。

カンタンにいうと、コントでいう「展開」は、

・同じボケやアクシデントをくりかえす「反復」
・人物の立場や地位がひっくり返る「逆転」
・正反対の状況におかれる人物が、まわりをだます or まわりに誤解される「交錯」

の3つです。

展開のパターンは3つしかありません。

これを知っておくと、コントをより深くみれるし、より作りやすくなります。

③ オチ

くりかえすと、オチはそれほど重要ではありません。

創作するさいには、「展開」に力をそそぐべきです。

さきにオチから考えても、おもしろいコントにはならず、ペンもすすみません。

この点をふまえ、オチではなにを描くべきか。

ひとつは、環境が変化させることで、登場人物の状況がどう変わったのか ─ そのようすをタンタンと描くことです。

たとえば大金持ちの人が貧乏になったり、夫婦で暮らしていた人がひとりで生活するようになったり。

「設定」で配置した環境や、まわりの人間関係がどう変わったのを描く必要があります。

また、外面の変化ではなく、内面の変化も描く必要もあります。

どちらかといえば、こちらを重視すべきです。

「うまいなぁ」と思うコントは、キモチの移り変わりをわかりやすくつたえます。

たとえば、カップルだった男が、シングルになって喜ぶのか悲しむのか。

ポストの座をついた人が満足するのか後悔するのか。

内面の変化を描くことが「オチ」ではたいせつです。

ちなみに、オチはできるだけで端的に終えるのがコツです。

たとえば、人物の一言であったり、「ト書き・一行」書けるくらいのできごとだったり。

ダラダラしていると、説明しているかんじにみえて、観てるほうはめちゃくちゃシラケます。

短ければ短いほど、良い。

そのためにも、展開をしっかり固めておく必要があります。

まとめ

笑いの「多様性」を考える人は、こういう形式化は好きじゃないかもです。

けれど、ドラマ or 映画のシナリオには「枠」があるように、コントにも「型」があります。

すべてのコントがこの「型」どおりにあてはまるわけではありません。

けれど、フレームを意識すると、コントを深くみれますし、よりスムーズに創作できます。

よければ参考にしてみてください。

ではまた。

よきコントライフを〜。