うしろシティ『どこが海のみえるまち』感想&レビューです。

公演日 2018年6月〜8月
収録 帰省
予約の青木です
焼き鳥屋
駄菓子屋
僕は変わるんだ
おじいちゃん大好き
山奥の画家
ひさしぶり
陶芸家
才能とは

どうも、コント作家のりきぞうです。

きょうも、コント作品をレビューしていきます。

取りあげるのは、うしろシティ『とはいえ外はサンダー』。

9回目の単独ライブを収録したものです。

『帰省』は、ひさびさに帰省したむすこと、母親のはなし。

むかし自分が着ていた服を、母親が着ている ─ そのこっぱずかしさを、笑いに乗せて描いています。

『ひさしぶり』は、オタクとリア充、元同級生のはなし。

ゲームつながりで、ひさびさに再会したふたり。

けれど、オタク系の友人と、いっしょにいるところを見られたくないリア充の友人 ─ かれの「見栄」が軸となり、笑いが展開していきます。

とはいえ、全体をとおして、かるく笑える作品ばかりです。

個人的に好きだったのは、『焼き鳥屋』『おじいちゃん大好き』『山奥の画家』の3本。

以下、[あらすじ → ひとこと]の順で、みていきます。

『焼き鳥屋』

あらすじ

焼き鳥屋に、ひとりの客がやってくる。

けれど注文するのは、やきとりではなく、ラーメン。

コースのさいごに出るラーメンが、評判になり、それを目当てにやってきたらしい。

店主はイヤな顔をせずに、注文に応じる。

そのあいだ「お通し」で、ほうれん草のおひたしを客のまえに出す。

一口たべた客は、あまりのおいしさに衝撃をうける。

「〝おひたしの概念〟がくつがえされた」と、ムシャムシャ食べる。

料理のおいしさをうけて、ラーメンではなく、本業のやきとりを注文。

すると客は、

・やりときにかかる塩
・店主の着ているTシャツ

などなど、本業のやきとりは、ちがうトコを、つぎつぎ褒めだして……

ひとこと

ひねりのきいたコントです。

本業のやきとりではなく、〝おまけ〟の部分に、やたら衝撃をうけ、ほめちぎる ─ これが笑いの軸になっています。

・塩
・Tシャツ
・奥の座敷
・トイレ

などなど、やきとりとはカンケーのないトコをほめちぎる。

はずれ具合がエスカレートしていくのが、なんともよかったですね。

『おじいちゃん大好き』

あらすじ

葬式会場。

亡くなったおじいちゃんがねむる棺にすがりつき、泣きじゃくる青年 ─ 。

そのとき、どこからともなく、おじいちゃんの声が。

孫にたいして、感謝の言葉をつたえる。

しかし孫本人には届かず、葬儀スタッフにだけ聞こえる。

スタッフは、ラジオの電波を受信するように、泣いている孫を、それとなく移そうとするが……

ひとこと

設定はベタですが、展開がよかったですね。

・自分にはおじいさんの声をきこえない
・声がきこえるのは、お孫さんだけ

なんとかそう孫に思わせるように、葬儀スタッフが、いろいろ苦心します。

とちゅうのおじいさんのむちゃぶりも、いいかんじでした。

『山奥の画家』


あらすじ

山奥のアトリエ。

そこへスーツすかだのバイヤーがやってくる。

店に飾るため、あなたの絵画をどうしても購入したい、とたのむ。

そこまで言うならと、オーケーを出す。

けれど、よくよくはなしをきいてみると、絵画を飾る店というのは、

どこにでもありそうなファミレス 。

100店舗、すべて同じ、コピーした絵画を飾るらしい。

さらに、画家の絵を選んだ理由をきくと、

「だれも目をとめず、いいかんじで店の回転率をあげてくれるから」

と言いだして……

ひとこと

こちらもはなしの展開がうまいですよね。

自分の絵を飾る店が、どこにでもありそうなファミレス。

さらに、

・だれの記憶にも残らず、スルーする
・それにより、店に装飾をくわえつつ、回転率があげることができる

─ こんな理由をきかされる。

報酬はもらえるものの、芸術家としてのプライドを傷つけられる ─ このあたりのビミョーな心情を、笑いにのせて描いています。

個人的には、本作のなかでいちばんおもしろかったです。

ちなみに、ラスト2本の『陶芸家』『才能とは』と連作コントになっています。

セットでみると、より楽しめます。

まとめ


こんなふうに、プロットに注目してみていくと、よりいっそうコントを楽しめます。

ほかの作品でも、こんな視点に立って作品で観ています。

ちがう記事ものぞいてみてください。

ではまた。

よきコントライフを〜。