ハナコ『しぼりたて』感想&レビューです。

公演日 2019年2月
収録 待ち合わせ
空手体験教室
タイムワープ
カレー
結婚式
依頼
アトラクション
なによ
ゴリポン
見送り

どうも、コント作家のりきぞうです。

きょうも、コント作品をレビューしていきます。

取りあげるのは、ハナコ『しぼりたて』。

2018年の単独ライブを収録したものです。

『タイムワープ』は、原始時代にタイムワープするおはなし。

博士が乗組員にたいして、「時間軸を変えないためにも、あちらの植物&生き物は、こちらの世界にもってこないように」と忠告。

しかし帰ってくると、〝ガッツリ〟原始人を連れてくる。

原始人の身体能力の高さが、さまざまなトラブルをもたらす。

ベタな展開ながら、ついつい笑ってしまいました。

『依頼』は、殺し屋に殺人を依頼するおはなし。

殺人依頼とはいえ、まるで「不動産屋」に物件を頼むように、相手は笑顔満点でうけこたえ。

残虐性/愛想の良さ ─ ふたつのギャップが、笑いをおこします。

個人的に良かったのは、『空手体験教室』『カレー』『ゴリポン』の3本 ─ 。

以下、くわしくみていきます。

『空手体験教室』

あらすじ

空手教室。

ひとりの男が、〝空手の心得〟を教えている。

ぼんやりながめる、ふたりの男たち。

しかし語っている男は、今回の体験教室に参加した生徒 ─ 。

なまじ我流でやってきているので、空手のイロハを教えたくてした方ない。

主催者をさしおいて、すきあらば、今回の参加者に指導しようとしたりして……

ひとこと

岡部さん演じる〝空手の素人〟が、いい味を出しています。

我流の空手スタイルも、どこかクセがあり、みていてツボです。

勝手に教えはじめる参加者に、主催者のとまどいも、いいかんじでした。

『カレー』

あらすじ

カレー屋で注文する客。

対応するインド人は、ていねいに教えてくれる。

「うちは、ナンはおかわり自由だから」

と、さりげなく、やさしくつたえる。

愛想の良い店員さんに、いい気分の客 ─ 。

しかし、となりの客が「すいませーん、ナン、おかわりー」と注文した瞬間に、インド人の店員は、

「いいかげんしろよ、おまえ、ナンをいくつ食べるたるんだ!」

と、どなりつける。

とまどう客 ─ 。

その後も、となりの客が「ナンのおかわり」をくりかえすたびに、いちいち怒鳴りちらす。

そのいっぽうで、くれないかと思いきや、注文を受けるたびに、ていねいにナンは差しだす。

状況がのめない客は、店員に「なんで、そこまで怒っているの?」とたずねるが……

ひとこと

くりかえし「ナンを注文する客」に怒鳴りちらすインド人店員 ─ かれが怒るポイントはわかりますが、そこまで怒鳴りちらす必要はない。

このモヤモヤが、なんともいえない笑いをもたらします。

はなしの流れは把握できるものの、なかなかつかみにくいネタです。

にもかかわらず、観ていると、笑ってしまう。

本作のなかで、いちばん好きで、気になるコントでした。

『ゴリポン』

あらすじ

ゲームセンター。

『ゴリポン』というシューティングゲームをやってみる男。

銃をもつと、回転しながら、ゴリラらしきキャラクターがあらわれる。

どうやらコレを撃つと、ポイントがゲットできるらしい。

撃ちとめると、「ゴリポン」と声をあげて、その場でジャンプ ─ 舞台からはけていく。

しかし出てくるキャラクターは、すべて同じ種類のゴリラばかり。

さらに、キャラクター同士でケンカをしはじめて、撃ち止められるほうが、相手を倒したことでポイントをゲットする。

さいごは、ふたりのゴリラが、「stop shooting !!」と、やたら〝メッセージ性のある〟セリフを、プレイヤーに投げかけて……

ひとこと

シューティングゲームのパロディ。

「ゴリポン」という謎のキャラクターが、プレイヤーを戸惑わせる。

とちゅう、メスのゴリポンが登場 ─ かのじょを撃ったことで、衝撃の事実がわかる。

コントとはいえ、気分の悪い展開に、ぞくっとします。

たんにクリーンな笑いを提供しないところも、ハナコさんの魅力だったりするんですかね……

まとめ


こんなふうに、プロットに注目してみていくと、よりいっそうコントを楽しめます。

ほかの作品でも、こんな視点に立って作品で観ています。

ちがう記事ものぞいてみてください。

ではまた。

よきコントライフを〜。