アンガールズ『88』感想&レビューです。

公演日 2004年12月
収録 お前が言うな!
寿司屋
象の飼育員
電気屋
演歌
学園祭
オフィス

どうも、コント作家のりきぞうです。

きょうも、コント作品をレビューしていきます。

今回とりあげるのは、アンガールズ『88』。

created by Rinker
コロムビアミュージックエンタテインメント

『お前が言うな!』は、友人ふたりのドタバタ ─ 。

オープニングには、ふさわしい軽さですね。

『象の飼育員』は、年配の飼育員ふたりのはなし。

象のハナコをめぐり、なんともいえないやりとりがつづきます。

アンガールズさん独特の間が、笑いをさそいます。

個人的に良かったのは、「寿司屋」「演歌」「学園祭」 ─ 。

以下、くわしくみていきます。

『寿司屋』

あらすじ

すし屋 ─ 。

店主が弟子に指導する。

ちょっとしたミスを指摘されると、弟子は、

ぼくはもうクビになっちゃうんですか!?

と、師匠におしせまる。

心配性の弟子にたいして、焦る店主 ─ 。

その後も、指導内容について、いちいち問いつめてきて……

ひとこと

立場が低いほうが、反対に、うえの者を追いつめる ─ アンガールズさんのボケパターンですね。

問いただされる田中さんが、アタフタする ─ そのリアクションが笑いをおこします。

プロットは単純です。

けれど、あせるときのアクション&フレーズは、田中さんにしか出せない味ですね。

『演歌』

あらすじ

演歌の指導講座 ─ 。

作曲家の田中が、生徒の山根&山岸に、歌うコツを教えている。

自分が作曲した、「女ごころ」をテーマにした『みぞれ恋』を素材に、指導する田中 ─ 。

けれど、なかなか習得しない山根&山岸に、作曲家はイライラしてくる。

なごませようと、山根は、『みぞれ恋』が好きな女の子を紹介してあげる、ともちかける。

キゲンをよくする田中 ─ 。

しかしふと、紹介する女の子が好きなのは、『みぞれ恋』ではなく、『しぐれ恋』だと思いだす。

ブチ切れた作曲家は、そのまま出ていく。

けれど、教室からとびたす寸前、山根&山岸が、

「女ごころ」を作っているが、あのひと、カノジョのひとりもつくったことない

カノジョどころか、童貞にちがいない

と、陰口をたたく。

それをきいた作曲家は、ショックをうけて……

ひとこと

〝非モテ〟キャラの田中さんが、前面に出ているコント ─ 。

このころからすでに、モテない男を軸に、作品をつくっていたんですね。

さいごに、想像だけで、女ごころをあらわした曲『みぞれ恋』を歌いはじめる ─ その演出も Good でした。

『学園祭』

あらすじ

女子大の学園祭 ─ 。

舞台イベントの前説で、女子大生ふたりが、注意事項をのべる。

出演者は、人気お笑いコンビ『アンガールズ』 ─ 。

楽しみながらもマナーをまもるように、谷繁&小林は、観客の生徒たちに、注意をうながす。

すこしでもはなしをきいてもらうため、

・ふだんのしくざは、小林ではなく、〝大林〟ですよねぇ

など、小ボケを連発 ─ 。

さらに、『アンガールズ』の〝ジャンガ・ジャンガ〟を、自分たちでアレンジしたネタを披露する。

この機会をねらって、どうやら目立ちたい、谷繁&小林は、ネタをつづけていき……

ひとこと

アンガールズさんによる、『アンガールズ』のパロディ。

女子大生のふたりに、完成度の低い「ジャンガ・ジャンガ」をみせることで、ヒネリをくわえる。

いっぽうで、アンガールズ・ファンを自称する「女の子」を、皮肉るねらいもあるかんじ。

メタ的な笑いが、好きな人におすすめですね。

それにしても、「ジャンガ・ジャンガ」のビミョーな〝未完成度〟は、なんともいえない笑いをさそいます。

個人的には、このネタがイチバンおもしろかった。

まとめ

こんなふうに、プロットに注目してみていくと、よりいっそうコントを楽しめます。

ほかの作品でも、こんな視点に立って作品で観ています。

ちがう記事ものぞいてみてください。

ではまた。

よきコントライフを〜。

created by Rinker
コロムビアミュージックエンタテインメント