ティムール朝の歴史 ─ 首都サマルカンド・オスマン帝国・アンカラの戦い・滅ぼした民族・ウズベク族【世界史】

どうも、りきぞうです。

大学のころから、世界史に親しんできました。

大学院時代は、本格的に人文書・歴史書にあたってきました。

・ティムール朝の歴史を知りたい
・大事なキーワード&人物は?
・この時代のポイントは?

きょうは、この問いに答えていきます。

答えは、つぎのとおり。

キーワード
・都市サマルカンド
・アンカラの戦い(vs オスマン帝国)
・都市ヘラート
・トルコ=イスラーム文化
・ウズベク族
重要人物
・ティムール
・バヤジット1世
ポイント
・西チャガタイ=ハンの混乱に乗じて成立したティムール朝は、モンゴル帝国の再興をはかった

この記事では、つぎの本を参考にしました。

ティムール朝の歴史① ─ サマルカンド

ティムール

それまでユーラシア大陸一帯は、モンゴル帝国がおさめていました。

しかし、親族間にわりあてられた領土は分散してゆき、各国は独立の傾向がつよくなっていきます。

チャガタイ=ハン国もそのひとつで、100年ちかく中央アジア一帯を統治したあとは、さらに東西に分裂します(14世紀ごろ)。

分かれたあとも、西チャガタイ=ハン国では、国内の混乱は絶えませんでした。その内乱に乗じて、勢力をのばしたのが、武将のティムールでした。

チンギス=ハンの後継を自称する彼は、みずからティムール朝を建国します。

都をサマルカンドにおき、交易をつうじて大いに繁栄します。

ティムール朝の歴史② ─ アンカラの戦い

バヤジット1世を訪れるティムール

ティムールは残虐な性格であるいっぽう、たいへんな戦略家でした。まわりの国々に戦いをしかけ、征服や同盟により、つぎつぎに領土を広げていきます。

一覧をあげれば、つぎのとおり。

・西トルキスタン統一
・旧イル=ハン国領の征服
・キプチャク=ハン国の征服
・トゥグルク朝への侵攻(インド)

これをみても、彼がどれほど戦いにあけくれていたかわかります。

ティムールの戦闘のなかでも、いちばん有名なのは、オスマン帝国との争いアンカラの戦いです。

当時オスマン朝は、建国の歴史が浅いとはいえ、小アジアを中心に勢力をのばす強敵でした。

チンギス=ハンの後継を自認するティムールにとっては、なんとしても打倒すべき相手でした。

戦いの結果、彼はみごとに打ち勝ち、敵の君主パヤジット1世を捕虜にすることに成功します。

この勝利により、小アジアを手中におさめたティムールは、オスマン朝に不満をもっていた豪族たちに間接統治させ、みずからは都市サマルカンドに引き下がります。

というのも、かつてのモンゴル帝国を復活させるべく、元朝の首都がおかれていた中国大陸へ兵をすすめるためでした。

当時の中国は、漢民族の明がおさめ、権勢をふるっていました。

ティムールからすれば、いまは衰退したモンゴル族を再興させるためにも、明王朝の打倒は、避けて通れない宿命でした。

しかし残念なことに、ティムールは寿命で力尽き、明への遠征は、ご破産となります。

出典:『一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書』

ティムール朝の歴史③ ─ ウズベク族

ティムールの墓陵

モンゴル帝国の復興をかかげる王朝でしたが、ティムール自身、後継ぎに恵まれていませんでした。

そのために、ティムール朝は、創始者一代でもって崩壊をむかえます。

彼のもとにいた武将のあいだで内部争いがくりかえされ、広大にひろがったティムール朝の領土をまともに統治することができません。

さいごは、トルコ系のウズベク族の侵攻に合い、そのまま王朝は滅亡していきました。

その後、ティムール朝を倒したウズベクは、中央アジアで、

・ブラハ=ハン国
・ヒヴァ=ハン国
・コーカンド=ハン国

を、それぞれ建国していきます。

しばらく存続するものの、近代に入ると、どの国も帝国ロシアの保護国となり、長いあいだ、不遇の時代をおくることになります。

ティムール朝の歴史④ ─ トルコ=イスラーム文化

ウルク=ベクのマドラサ

さいごにティムール朝の文化について、みていきましょう。

ティムール自身の考えはさておき、王朝自体は、イラン人とトルコ人の世界を統一させよとしました。

そのために、もともとあったイラン=イスラーム文化が、中央アジアの地においてトルコ=イスラーム文化として発達します。

学者のウルグ=ベクが、サマルカンドに天文台をたて、精密な暦(こよみ)を作成したのも、この頃です。

都サマルカンドと同じく、都ヘラートは文化活動の中心地となっていきます。

おわりに

ティムール朝の歴史をみてきました。

まとめると、こんなかんじです。

キーワード
・都市サマルカンド
・アンカラの戦い(vs オスマン帝国)
・都市ヘラート
・トルコ=イスラーム文化
・ウズベク族
重要人物
・ティムール
・バヤジット1世
ポイント
・西チャガタイ=ハンの混乱に乗じて成立したティムール朝は、モンゴル帝国の再興をはかった

この記事が、ティムール朝の歴史を知りたい人の参考になれば、うれしいです。

では、また。