イランのイスラーム王朝&国家 ─ ブワイフ朝・セルジューク朝・ホラズム=シャー朝・イル=ハン国・イクター制・スルタン

どうも、りきぞうです。

大学のころから、世界史に親しんできました。

大学院時代は、本格的に人文書・歴史書にあたってきました。

・イランのイスラーム王朝を知りたい
・大事なキーワード&人物は?
・この時代のポイントは?

きょうは、この問いに答えていきます。

答えは、つぎのとおり。

キーワード
・大アミール(軍司令官)
・イクター制
・スルタン
・十字軍
・アナトリアのトルコ化
・ニザーミーヤ学院
・歴史書『集史』
重要人物
・トゥグリル=ベク
・ニザーム=アルムルク
・カザン=ハン
・ラシード=アッディーン
ポイント
・イランでは[ブワイフ朝 → セルジューク朝 → イル=ハン国 → ティムール朝]と覇権が移っていった
・ブワイフ朝で始まったイクター制は、ほかのイスラーム諸国へと普及していった

この記事では、つぎの本を参考にしました。

イランのイスラーム王朝&国家① ─ ブワイフ朝

ブワイフ朝の歩兵

全イスラム勢力をひきいていたアッバース朝が衰退したあと、イラン方面でも地方勢力が台頭してきました。

さいしょに勢力をのばしたのがブワイフ朝です。

カリフの形骸化と大アミール

かれらはアッバース朝とは異なり、スンナ派ではなくシーア派の立場をとります。軍事力をつけたあとは、アッバース朝の都バグダードを占領します(946年)。

ただしバグダードを配下におさめながらも、アッバース朝は滅ぼさず、カリフの権威を認めました。

その代わりに「大アミール」とよばれる軍司令官の地位をゆずりうけ、軍事権とイスラーム法にもとづく統治権を獲得します。

ここからわかるとおり、ブワイフ朝以降は、アッバース朝カリフの称号は、完全に名目化し、形式的なものとなります。

アター制からイクター制へ

また、報酬のしくみも変更されます。

それまでは有力なムスリムに俸給を支払うアター制が採用されていました。けれど、ブワイフ朝ではこの制度を廃止しイクター制を採用します。

これは、

軍人にたいしては、給与をあたえる代わりに、かれらがおさめる土地の管理権や徴税権をほどこす制度

です。

かたくるしい言いまわしだと「分余地(ぶんよち)制度」とよばれたりします。

要するに、中央から給料を送らずに、軍人には土地を分け与えて、そこで生活のやりくりをしてもらう、というしくみです。

中枢の王朝からすれば、管理負担が減るぶん、国の統治はラクになります。いっぽう民衆からすれば、各軍人からキツい徴税にあうため、生活は苦しくなっていきます。

イランのイスラーム王朝&国家② ─ セルジューク朝

トゥグリル=ベク

アッバース朝に代わり、ブワイフ朝が実効支配していながらも、100年ほど経つと、じょじょに権勢が衰えていきます。

そのなかで勢力をのばしてきたのがセルジューク朝でした。

トゥグリル=ベクによって建国され、中央アジアからバグダードへ進出し、ついには入城をはたします(1055年)。

ブワイフ朝を滅ぼしたあと、かれらが採用していたシーア派をしりぞけ、スンナ派の立場をとります。

約100年ぶりに、スンナ派のイスラム王朝がもどってきたかたちです。

称号スルタンの獲得

いっぽうで、ブワイフ朝と同じく、アッバース朝のカリフを称号は廃することはありませんでした。

代わりに、カリフからスルタンを称号を獲得し、イスラム世界を実効支配していきます(1058年)。

スルタンとは、

政治&軍事の統治権をもつ世俗の君主

のことです。

その後、スルタンの称号は、歴代の王朝に引き継がれていきます。

初代のドゥグリル=ベクは、1055年にバグダードに入城し、ブワイフ朝にかわって、保護下においたアッバース朝カリフから、スルタン(支配者)の称号に授けられた。スルタンの称号は、これ以後、イスラム世界の君主の称号として広く用いられるようになる。(p.136-137)

─ 『詳説 世界史研究』

十字軍の遠因とアナトリアのトルコ化

外征においては、おもに小アジア地域に兵をすすめます。

マンジケルト戦いでは、ビザンツ帝国をやぶり勝利をおさめます。

この争いに敗れたビザンツ帝国は、東地中海の沿岸地域に覇権がおよばないことを恐れ、西ヨーロッパ諸国にたいして遠征軍を要求します。

この軍隊こそが、あの有名な「十字軍」です。

マンジケルト戦いは小規模なものでしたが、十字軍遠征のきっかけとなった意味では、たいへん重要な戦争でした。

またビザンツ帝国に勝利したセルジュークは、その後も小アジアの内陸部へ進出していきます。

これによりアナトリアのトルコ化がすすみ、ここからのちに、トルコ系王朝のオスマン朝が生まれてきます。

イクター制の完成

さきにみたとおり、ブワイフ朝ではアター制に代わり、イクター制がとられました。

セルジューク朝でもイクター制がそのまま継承されますが、じつはしくみとしては不十分で、じゅうぶんに税を聴取できていませんでした。制度の欠陥をなおし、あらためて整備したのが、宰相ニザーム=アルムルクでした。

彼は、ときのスルタンであるマリク=シャーにつかえ、セルジューク朝に繁栄をもたらします。ニザーム=アルムルクが宰相についていたときが、セルジューク朝がもっとも隆盛した時期でした。

ニザーム=アルムルクは、たいへん優れた宰相で、彼が改修をほどこしたイクター制は、その後のイスラム王朝に、そのままのかたちで引き継がれていきます。

ブワイフ朝に始まるイクター制は、セルジューク朝の時代に完成し、イスラム世界に広まっていった、といえるでしょう。

いっぽうで、ニザーム=アルムルクは、スンナ派を保護するために、全国各地にニザーミーヤ学院を建てていき、イスラム学の向上にもつとめました。

出典:『一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書』

イランのイスラーム王朝&国家③ ─ ホラズム=シャー朝

ホラズム=シャー朝の墓陵

イスラム世界にたいして、さまざまな貢献をはたしたセルジューク朝ですが、治世100年も過ぎると、ほろこびがみえはじめてきます。

代わりに台頭してきたのが、中央アジアでおこったホラズム=シャー朝でした。

セルジューク朝と同じくトルコ系の王朝で、イラン&アフガニスタンに支配の手をのばしていきました。

統治は安定したものの、北方からやってきたチンギス=ハンの征服をうけ、あえなく滅亡するにいたります。

イランのイスラーム王朝&国家④ ─ イル=ハン国

『集史』の挿絵

チンギス=ハンの遠征により、ホラズム=シャーを滅ぼし、代わりにイランの地を支配したのが、イル=ハン国です。

建国の時点では、すでにホラズム=シャー朝を滅亡させたチンギス=ハンは亡くなり、むすこのフラグが王朝をたてました。

その後もフラグは、西方への軍をすすめ、バグダードにねらいをさだめます。

結果、圧倒的な兵力をほこるモンゴル軍のまえに、イスラム勢力の兵士たちは、なすすべがなく、ついにはアッバース朝が滅亡することになります。

13世紀になると、モンゴルの勢力が中央アジア、イラン方面に進出してきた。モンゴルの侵攻は〔略〕ホラズム=シャー朝にたいする遠征にはじまり〔略〕フラグがバグダードをおとしいれ、カリフを殺害した。〔略〕イラン・イラクを領有したフラグは、そこにイル=ハン国をひらいた。(p.137)

─ 『詳説 世界史研究』

モンゴル帝国のイスラーム化

バグダードに侵入した時点で、イル=ハン国は、国教にイスラム教を採用していませんでした。

そのため、アッバース朝の伝統や、カリフの権威を気にすることなく、剣をふるい、歴史の舞台から追いおとすことができました。

とはいえ、ときが経つと、イル=ハン国においてイスラム教がじょじょに浸透していきます。

ついには、第7代ガザン=ハンのときには、彼自身が改宗し、イスラムを国教として採用します。

そのため、イル=ハン国も、イスラム王朝のひとつとして数えられることになります。

ラシード=アッディーン『集史』

いっぽう、イル=ハン国では、文化や学術が大いに発達します。

なかでも、宰相ラシード=アッディーンによる『集史』は、モンゴル史とイスラム史を融合させたものとして、ユーラシア大陸史の描写に、大きく貢献しています。

いまだじゅうぶんな研究がなされていないため、『集史』を主軸にして新たなユーラシア大陸史が新たに書き記されるかもしれません。

ティムール朝による侵略

イル=ハン国もまた、歴代のイラン地方王朝と同じく、約100年ほど権勢をふるいます。

しかし、じょじょに統治のタガがゆるんでいき、中央アジアでおこったティムール朝に滅ぼされることになります。

以降は、ティムール朝が、イラン一帯をふくめ広範囲にわたり、勢力を広げることになります。

おわりに

イラン地方のイスラーム王朝についてみてきました。

まとめると、こんなかんじです。

流れ
① ブワイフ朝の歴史
② セルジューク朝の歴史
③ ホラズム=シャー朝の歴史
キーワード
・大アミール(軍司令官)
・イクター制
・スルタン
・十字軍
・アナトリアのトルコ化
・ニザーミーヤ学院
・歴史書『集史』
重要人物
・トゥグリル=ベク
・ニザーム=アルムルク
・カザン=ハン
・ラシード=アッディーン

この記事が、イラン地方のイスラーム王朝の歴史を知りたい人の参考になれば、うれしいです。

では、また。