アンガールズ『UNGILRS PRO』感想&レビューです。

公演日 2009年2月
収録 立会い
バレーボール
いい事思いついた
漫才
卓球
パワハラ
番組制作

どうも、コント作家のりきぞうです。

きょうも、コント作品をレビューしていきます。

今回とりあげるのは、アンガールズ『UNGIRLS PRO』。

『いい事思いついた』は、ずる賢い友人ふたりのかけひき。

立場が逆転する展開が、いいかんじです。

『パワハラ』は、パワハラする上司と部下のかけひき。

強権的な上司にたいする、部下の対処法が、笑いをもたらします。

とはいえ、展開にじゃっかんムリがあったかなぁという印象です。

個人的に好きだったのは、『立会い』『卓球』『番組制作』の3本。

以下、くわしくみていきます。

『立会い』

あらすじ

病院の待合室。

もうすぐ産まれる赤ちゃんを、夫が待ちわびている。

そわそわしているところへ、友人がかけつける。

落ち着かない夫は、友人とおしゃべりでもしながら、気を紛らわせようたしていた。

しかしやってきた友人は、夫以上に、そわそわし、テンションも高め。

産まれてくる赤ちゃんをまえに、あちこちはしゃぎまわり……。

ひとこと

シナリオの構成がうまいコントです。

これから父親になる夫以上に、赤ちゃんの誕生を喜ぶ友人 ─ 立場の逆転っぷりがキーとなり、笑いを起こしていきます。

後半、友人のテンションに負けじと、赤ちゃん誕生の喜びを、カラダをめいっいぱいつかって、表現する夫 ─ かれを演じる田中さんの動きが、なんとも面白いです。

ラストのオチも、いいかんじでした。

『卓球』

あらすじ

高校卓球のインターハイ。

対戦している「山根」を、大声をはりあげて、応援している田中 ─ 。

その甲斐あってか、勝利をおさめ、準決勝へすすむ。

つづいて、田中が対戦することに。

けれど、疲れ切っている「山根」は、タオルで汗をぬぐうのに、いそがしく、リラックスモード。

田中みたいに、大声をはりあげて、応援できない。

そのためか、田中は「11-0」と完敗 ─ 。

なぐさめる間もなく、山根たちは、つぎの試合会場へむかう。

その態度に、ひっかかる田中 ─ 。

なぜ、おれのように、応援しないんだ、と非難する。

しかし、理不尽な指摘に、山根もイライラ。

「そもそも応援なんか、頼んでいない」
「むしろ、大きい声で叫ばれているもんだから、集中できず、1点とられているくらいだ」
「自分の実力のなさを、応援で隠そうとするな」

と、反発。

あまりの正論に、人格が崩壊する田中は……

ひとこと

こちらも、はなしの展開がうまい作品です。

プロットにくわえて、反論を突きつけられた田中さんのリアクションが、ほんとに面白いです。

「おまえのは、ただウザいだけの応援なんだよー!」

と、どなられたあとにみせる、人格崩壊のふるまいは、めちゃくちゃ笑えます。

個人的には、本作のなかで、いちばんインパクトのあるネタでした。

『番組制作』

あらすじ

テレビ局の会議室。

先輩のディレクターが、後輩の AD に、「アンガールズ」が出演する番組の1コーナーをまかせることに。

そのまえに、どんな企画にするのか、AD にアイデアを3つ出してもらう。

しかし、

・お天気コーナーでは、ジープにのっている田中さんが、さいごに爆破
・占いコーナーでは、セスナにのっている田中さんが、地面に墜落し、爆破

などなど、爆破でしめる企画ばかりを提案。

あまりに現実性のない企画に、先輩のディレクターは「任せられない」と、はなしをなかったことに。

けれど AD には、爆破を軸に番組をつくろうとするには、ちゃんとした理由・動機があって……

ひとこと

前半は、とぼけた後輩 AD の企画案が、笑いの軸になります。

いっぽうで後半は、なぜ「爆破」をメインした企画案を出すのか ─ その理由が明らかに。

序盤のシーンを回収しつつ、ドラマ性のあるネタにしあがっています。

ナベプロに所属しているアンガールズらしく、さいごは、ほっこりとしたオチで、ライブをしめます。

ややシュールなイメージのあるアンガールズさんですが、これをみると、ちゃんとしたネタをつくっているとわかりますね。

おふたりのイメージをかえる意味でも、ぜひみてほしい作品です。

まとめ

こんなふうに、プロットに注目してみていくと、よりいっそうコントを楽しめます。

ほかの作品でも、こんな視点に立って作品で観ています。

ちがう記事ものぞいてみてください。

ではまた。

よきコントライフを〜。