ロッチ『ラストベストロッチ2』感想&レビューです。

発売年 2010年9月
収録 UFO
こんにちは根岸(街角編)
やってまうヤツ
中ノ森先生
大なわとび
カンチョウ
モノマネ番組への道
催眠術
電話代わって
大雨
大阪のおっさん
屁こいたやろ
十文字アキラ(不動産編)
ボーナスコント

どうも、コント作家のりきぞうです。

きょうも、コント作品をレビューしていきます。

取りあげるのは、ロッチ『ラストベストロッチ2』。

『やってまうヤツ』は、友人ふたりのやりとり。

自分の買った品物が、どれくらい安いのか当てさせる。

相手は、じょじょに値段を下げて答えていくが、惜しいトコでいきなり、大幅に低い金額をいう。

極端に下げることで、〝安さの驚き〟が半減 ─ 。

注意するも、相手は何度も同じ失敗をくりかえす。

この反復が笑いを起こしていきます。

『電話代わって』も、友人ふたりのやりとり。

片方に、10年ぶりに同級生の女の子から電話がかかってくる。

女の子は、ふたり共通の友人。

けれど、もう片方が「電話かわって」というものの、まったくケータイをわたしてくれない。

しつこく何度もリクエストするようすが、なんともツボです。

ほとんど5分程度のネタなので、さらっとみれます。

内容も軽いテイストのものばかりなので、頭をつかわずに楽しめます。

気軽に笑いたい人におすすめです。

個人的に良かったのは、『カンチョウ』『モノマネ番組への道』『十文字アキラ(不動産編)』の3本。

以下、くわしくみていきます。

『カンチョウ』

あらすじ

男が友人をみつける。

イタズラで、カンチョウをしてやろうとたくらむ。

いざやってみると、まったくの別人。

さらに、相手のお尻があまりにカタかったのか、ぎゃくに指を骨折してしまう。

やられたほうは、ぎゃくに、申し訳ないキモチに。

くわえて、はなしをよくきくと、カンチョウをした男は「プロ野球選手」。

カンチョウで指を折ったことで、今シーズンは台無しになり……

ひとこと

カンチョウからはじまる悲劇。

あまりのバカバカしさから、つい笑ってしまいます。

後半、カンチョウをした男がプロ野球選手だったとわかる。

このあたりの展開も、うまいですね。

『モノマネ番組への道』


あらすじ

モノマネ番組に出場するため、友人ふたりが、審査用の映像を撮りあっている。

しかし友人の井上陽水のモノマネが、あまりにおもしろいため、撮っているほうは、声を出して笑ってしまう。

「審査用のビデオだから、声を入れるな」と注意するモノマネ芸人。

しかしその後も、撮影する友人は、笑ってしまうことで、カメラのもつ手がふるえるなど、失態ばかりくりかえす。

しびれをきらしたモノマネ芸人は……

ひとこと

こちらもはなしの展開がうまいコント。

中岡さん演じる撮影者の〝おっちょこちょいぶり〟が、笑いを起こしていきます。

なにげに、おふたりの披露する、

・井上陽水
・谷村新司

のモノマネも、ビミョーに似てて、おもしろかったです。

『十文字アキラ(不動産編)』

あらすじ

不動産屋。

そこへひとりの客が入ってくる。

はなしをきくと、俳優しているらしい。

気をきかせた店員は、「有名人でも入居できる物件」を紹介。

けれど、俳優の名前「十文字アキラ」とききてもピンとこない。

さらに、出演作品をたずねても、きいたことがない。

質問するたびに、相手の役者が〝無名〟だとわかってくる。

答えるたびに、〝みじめ〟になっていく俳優は……

ひとこと

こちらは前回のライブでも登場したキャラクターです。

前回は、みしらぬ一般人から声をかけられる設定。

今回は、不動産屋さんにいき、勝手に有名人とみなされる流れです。

じょじょに、〝たいした奴〟ではないとわかってくる ─ そのあたりの〝みじめさ〟を、中岡さんがうまく演じています。

今回のライブでも、有名人であるかどうかを確認させるため、「十文字のキメ顔」が披露 ─ 。

このときの表情は、何度みてもツボです(笑)

まとめ

こんなふうに、プロットに注目してみていくと、よりいっそうコントを楽しめます。

ほかの作品でも、こんな視点に立って作品で観ています。

ちがう記事ものぞいてみてください。

ではまた。

よきコントライフを〜。