エレ片『コントの人 1』感想 & レビューです。

公演日 2007年12月21日~24日
収録 オープニング
美術品くじ
リアル湯けむり殺人事件
パワーベルト

後輩くん
さくらの薗
エンディング

どうも、コント作家のりきぞうです。

きょうも、コント作品をレビューしていきます。

取りあげるのは、エレ片『コントの人 1』。

これよりまえ、3人で2回ほど単独ライブをおこなっています。

『コントの人』という公演名では、さいしょのライブとなります。

片桐さんが出演してますが、コントのテイストは「ラーメンズ」よりも「エレキコミック」にちかいです。

ベタでバカバカしく、とっつきやすい。

『謎』だけがシュールなかんじ。

とはいえ、ストーリー展開はかなりバカげています。

全体的に、アタマをつかわないコントがほとんど。

気楽にみれます。

時間があるときに、リラックスしてみるのが、おすすめですね。

個人的に好きだったのは、「リアル湯けむり殺人事件」「パワーベルト」「後輩くん」 ─ 。

以下、くわしくみていきます。

『リアル湯けむり殺人事件』

あらすじ

温泉旅館にやってくる大学生。

テンションの高い3人だったが、旅館で「殺人事件」に遭遇。

「湯けむり殺人って、ほんとうにあるんだな……」

気分も下がるなか、いまだ犯人も捕まっていない事実をきかされる。

すると、ふたりの友人(今立 & 片桐)が、見た目の友人(やつい)を疑いはじめて……。

 

オーソドックスなコントです。

アリバイなど、リクツで犯人の目ぼしをつけようとしても、けっきょく「やつい」に疑いの目をむける。

このくりかえしが笑いを誘います。

学生時代のノリを思いだして、なんだか懐かしくなりましたね(笑)

『パワーベルト』

あらすじ

ふたりの友人が、「パワーベルト」という商品を売っている店のまえを通りかかる。

「つけるだけでモテる」というキャッチコピーをノボリにかかげている。

いっぽう(今立)はあやしいと感じるが、かたほう(片桐)は惹きつけられる。

店員さん(やつい)がやってきて、ふたりに声をかける。

すると、かたほうの友人(片桐)とは知りあいのようで、12回も店に来ていると発覚。

すでにもう〝洗脳〟されているようで……。

 

詐欺の店員を演じるやついさん。めちゃくちゃ似合ってますね。

カラフルな見た目なのに「デニム生地で作られたベルトだ」と言いはる。

やついさんらしく、だまし方もぶっとんでます(笑)

また、はじめての客(今立)なのに、「本人の住所」「家族構成」「両親の名まえ」さらに「母印」までいただこうとする。

「この店、すごく個人情報を取らない?」

セリフまわしもおもしろい。

『後輩くん』

あらすじ

お笑い芸人、今立 & 片桐の単独ライブ。

準備の手伝いに、後輩(やつい)がやってくる。

片桐と親しくする後輩。

しかしそれは、先輩のタレント仲間と付き合うために利用しているだけ。

さらに、今立のほうが、より〝売れている〟芸能人と親しくしている ─ そうわかると、片桐をのけ者して、のりかえようとする。

お調子者の後輩にたいして、先輩の片桐&今立は……。

 

お笑いの世界にかぎらず、どの業界にもいそうな人です(笑)

ラストで「あいつと付き合ってても、損するわー」とため息をもらす。

このコントのテーマをあらわしています。

またやついさん演じる後輩の〝お調子ぐあい〟も笑いどころです。

アタマをさげながら、先輩をたてながら、したたかに利益を引き出そうとする。

けっきょく、こういうひとが売れていくのかな?

まとめ

こんなふうに、プロットに注目してみていくと、よりいっそうコントを楽しめます。

ほかの作品でも、こんな視点に立って作品で観ています。

ちがう記事ものぞいてみてください。

ではまた。

よきコントライフを〜。