ニッチェ『アイスキャンデー』感想 & レビューです。

公演日 2012年7月1日
収録 都会部
銀行強盗
ニッチェのコンビネーションメイク
お遊戯会
漫才「合コン」
漫才「友達の誕生日」
母ひとり子ひとり アンパンマンショー
ニッチェ江上の4コマ劇場
涙の再会スペシャル
ニッチェ近藤の4コマ劇場
図書館の女

どうも、コント作家のりきぞうです。

きょうも、コント作品をレビューしていきます。

取りあげるのは、ニッチェ『アイスキャンデー』。

2回目の単独ライブを収録したものです。

『すもメンパラダイス』は、〝オンナ相撲取り〟を主人公にした作品。

キャラをメインしたコントです。

漫才も2本収録されています。

ふたりの性格がにじみ出ていて、なかなか好感のもてる内容でした。

前回の『ポテトサラダ』がデキがあまりによかったので、ちょっとトーンダウンした印象をうけました。

ほかの仕事がいそがしかったのか、江上さんの声もかれていましたし(笑)

ニッチェをはじめてみるひとは、初ライブの『ポテトサラダ』のほうがオススメです。

とはいえ、演技もうまく、ネタの精度はかなり高いので、みればかならず満足できる内容です。

個人的に良かったのは、「JOSHIMA」「ケイコちゃんとクミコおねいちゃん」「謝罪結婚記者会見」 ─ 。

以下、くわしくみていきます。

『JOSHIMA』

あらすじ

KinKi Kids のライブイベント。スタッフ(近藤)が事前の注意をうながす。

そこへ、「城島」のうちわをもったファン(江上)がやってくる。

ひとり「じょーしまー!」とさけぶ女。

スタッフは、「出演するのは KinKi Kids ですよ」としらせるが……。

ひとこと

レアとおもわれる、TOKIO の城島さんのファン。

城島さんにたいして、かなり失礼な作品です(笑)

はなしの前提として、〝ここまで熱狂的に城島さんを追いもとめるひとはいない〟という事実がある。

それを皮肉った作品です。

KinKi Kids のイベントということで、城島さんのサプライズ登場をねがうくらい、TOKIO のリーダーをおいかける。

ファンを演じる江上さんの演技もすばらしいです。

『ケイコちゃんとクミコおねいちゃん』

あらすじ

中学生のクミコ。ひさしぶりに、近所のケイコがやってくる。

小学4年生になり、よりカワイイかんじになったかと思いきや、クミコにたいして〝上から目線で〟接してくる。

どうやら「スポブラ」をつけはじめたらしく、そのために〝大人びた態度〟をみせるように。

とまどうクミコ。

しかしケイコは、コーヒーの味をしらず、男子と話した経験もないようで……。

ひとこと

思春期のワンシーンを描いたコント。

「スポブラ」をつけると、すこし大人になったと思うんでしょうか?

小4なのに〝大人の態度〟をみせる。このギャップが笑いを軸になっています。

あまり共感できなくても、笑いの構図ははっきりしているので、楽しんで観れました。

『謝罪結婚記者会見』

あらすじ

食品会社の謝罪会見。

クッキーに洗剤が混入したことが発覚。社長(江上)がアタマをさげる。

そのとき、とつぜん社長の態度がきりかわり、笑顔をみせる。

立入検査にはいった「保健所の近藤さん」と出会い、結婚した発表する。

謝罪会見から結婚記者会見へ。

とうぜん記者から非難が集中するも、不祥事の内容にひっかけて、ふたりのナレソメを話しだす。

そのあとも、新婚旅行のコースなど、結婚ばなしがつづいていき……。

ひとこと

ふだんではありえないが、着眼点がユニーク。

両極端の状況をミックスさせ、笑いをおこしていく。笑いの軸がしっかりしています。

くわえて、近藤さん演じる保健所のおじさんもいい味を出している。

フケツなかんじがする一方で、根はやさしく憎めない。

江上さんもうまいですが、近藤さんの演技もすばらしい。

ニッチェはおふたりとも、キャラが多彩です。

まとめ


こんなふうに、プロットに注目してみていくと、よりいっそうコントを楽しめます。

ほかの作品でも、こんな視点に立って作品で観ています。

ちがう記事ものぞいてみてください。

ではまた。

よきコントライフを〜。