ラバーガール『エマ』感想&レビューです。

公演日 2011年7月
収録 来日記者会見
忍者居酒屋
バイトを辞めるヤツ
別れなさい
キャプテン
昔、ボクサーを目指してた
警部

どうも、コント作家のりきぞうです。

きょうも、コント作品をレビューしていきます。

取りあげるのは、ラバーガール『エマ』。

『来日記者会見』は、正確に訳せない通訳のおはなし。

ベタな設定で、オープニングにはふさわしい軽さです。

『忍者居酒屋』は、忍者をコンセプトにした居酒屋さんのおはなし。

テーマが一貫せず、グダグタなかんじが、笑いをさそいます。

『別れなさい』は、富豪のカノジョと付き合うカレシと、カノジョの母親のおはなし。

「別れなさい」と、もちかける義母 ─ 。

しかしその条件が、めちゃくちゃ。

カレシ演じる飛永さんの、タンクトップすがたがツボでしたね。

個人的に良かったのは、「バイトを辞めるヤツ」「昔、ボクサーを目指してた」「警部」 ─ 。

以下、くわしくみていきます。

『バイトを辞めるヤツ』

あらすじ

バイト先の休憩室。

先輩が休んでいるとこへ、後輩のバイト仲間がやってくる。

・大学を留年したことで、親にしかられた
・勉強に集中するため、バイトを辞めることに

そう伝える。

さいごに後輩は、プレゼントとして、先輩が披露した落語の音源テープをわたす。

しかし先輩は、落語が得意でも、披露したおぼえもない。

じつは、後輩は先輩の声を盗聴していた。

そのうえで、単語をきりとり、つなぎわせて、落語『まんじゅうこわい』をつくっていた。

「まんじゅうよりも、おまえのほうがこわいよ」

そう指摘しながら、おそるおそるテープをきいてみると……

ひとこと

ラバーガールさんらしく、大水さんのキャラが光る作品ですね。

ひょうひょうとしつつも、やっていることは、おもいっきり犯罪 ─ 。

わるびれることもなく、盗聴した相手に、テープをきかせるようすが、笑いをおこしていきます。

じっさい盗聴してつくった『まんじゅうこわい』も、ブツ切れの音声で、めちゃくちゃおもしろかった。

『昔、ボクサーを目指してた』

あらすじ

ボクシングジムに取材にくる記者。

ジムのオーナーに、これまでの失敗談をたずねる。

質問にたいして、

「こうみえて、わたし、むかしボクシングをやってましてね」

とつぶやき、若いころのエピソードをふりかえる。

すると、25歳のオーナーが、当時のトレーナーといっしょに、スパークリングをする場面がはじまる。

しかしトレーナーは、「おまえにはボクサーはムリだ、あきらめろ」と、うながす。

納得できない若いころのオーナー。

「ぼくには、ボクシングしかないんだ!」
「あなたは、本気でプロのボクサーを目指したことがないから、かんたんにあきらめさせようとするだ!」

と、どなりつける。

すると、トレーナーは、ゆっくりグローブをおとし、

「こうみえて、わたし、むかしボクシングをやっていてな……」

とつぶやき……

ひとこと

あとの展開は、なんとなく想像つきますね。

このあと、同じエピソードが語られる。

「じつは、わたしもむかしボクシングをやっていてね」というセリフをキッカケに、どんどん過去へさかのぼっていく。

けれど、ラバーガールさんのうまいのは、キッカケとなるセリフ「わたしもむかしボクシングをやっていてね」をクズして、変えるトコ。

[ボクシング → 中華の料理人]みたいに、そもそもの職業をかえることで、ひねった笑いをうみだしていく。

このあたりは、おふたりにしか出せないワザであり、発想ですね。

オチもよかったです。

『警部』

あらすじ

マンションの一室。

カップルが別れ話でもめている。

カレシは、いきおいあまって、カノジョの投げとばしてしまう。

叩きつけられた衝撃で、亡くなるカノジョ ─ 。

あせったカレシは、あわてて部屋を飛び出す。

後日 ─ 。

ふたりの刑事が、死体のある現場にやってくる。

ひとりの刑事は、事故と殺人、両方の面から調べる必要があると主張 ─ 。

しかしもうひとりの刑事は、

「じゃあ、とりあえず自殺ってことでいいな」
「とりあえず、関係者ではない、おまえとおれは、犯人候補から除外されるな」

と、念をおす。

どうやらこの刑事が、カレシのようで……

ひとこと

ラバーガールさんにしては、めずらしくすこしベタな内容かも。

現場に落ちているかもしれない自分の髪の毛を、こっそり探すシーン、などなど。

とはいえ、気軽に笑えて、ラストにはピッタリといったかんじでした。

ラスト付近、刑事=犯人がバレバレのエピソードのオンパレードには、かなり笑いました。

ゆるいかんじの笑いが、ラバーガールさんの持ち味ですね。

まとめ


こんなふうに、プロットに注目してみていくと、よりいっそうコントを楽しめます。

ほかの作品でも、こんな視点に立って作品で観ています。

ちがう記事ものぞいてみてください。

ではまた。

よきコントライフを〜。