エレ片『コントの人 6』感想&レビューです。

公演日 2012年3月15日〜3月29日
収録 視点
お魚
卒業旅行の女たち
文集
自己防衛SHOW
トップリーダー
前略
栄麗片村の春

どうも、コント作家のりきぞうです。

きょうも、コント作品をレビューしていきます。

取りあげるのは、エレ片『コントの人 6』。

『卒業旅行の女たち』では、40すぎのおっさんたちが、女子大生の友情をえがきます。

こちらは、〝男性目線からの〟女の友情をあらわして、皮肉たっぷりな内容でした。

やついさんのホンネがかいまみれます。

オンナって、したたかですね(笑)。

strong>『栄麗片村の春』では、エレ片コントではおなじみの「仁子」が登場 ─ 。

こちらも、安定した笑いを提供しています。

今回も、エレ片さんらしい、バカバカしい笑いのオンパレードでした。

個人的に好きだったのは、「お魚」「自己防衛 SHOW」「トップリーダー」 ─ 。

以下、くわしくみていきます。

『お魚』

あらすじ

イキのいい魚をうりにする定食屋。

いけすから出したマグロを、その場でさばき「マグロ丼」にする。

店主(やつい)がすすめる料理を、注文する客(今立)。

さっそく店員(片桐)がいけすからマグロを手づかみで取りだし、厨房へさがる。

しかし、10秒もたたないうちに、いそぎあしで店主が「マグロ丼」をもってやってくる。

どうみても、つくりおきしていたようで……。

 

店主演じるやついさんが、つくりおきの「マグロ丼」をもってくる表情が、たまらなくおもしろい。

ベタのわかりつつも、笑いがとまりませんでした。

何回もみかえしてしまった(笑)

『自己防衛 SHOW』

あらすじ

〝いかに自分のプライドを傷つけず、相手とやりとりできるか〟を決める試合。

9週勝ち抜きのチャンピオン(片桐)に、挑戦者がいどむ(やつい)。

さいしょはシチュエーションクイズ。

コンパのときのあいさつしかた。

チャンピオンは「きょうはお酒を飲むのを楽しみにきましたぁ」と、酒を口実に、女の子を誘えなかったときのショックを減らす。

いっぽうの挑戦者は「会社を抜け出してきました。仕事を残したまま、食事にきました」と、仕事を口実に、あらかじめ自分のプライドをまもる。

同じような対決はつづいていき……。

 

男にありがちな、プライドをまもるしぐさを皮肉ったコント。

エレ片さんの作品は、わりとベタでわかりやすいが多いなか、これはなかなかエッジがきいています。

アイロニックな雰囲気で、好みがわかれるところですが、個人的には新鮮で好きでした。

ゲラゲラ笑うコントではありませんが〝ニヤニヤ系〟の笑いが好きな人にオススメ。

『トップリーダー』

あらすじ

オバケを販売するショップ。

購入をかんがえる客がやってくる。

店員はオバケ「シロ」を呼び、呪っているようすをみせる。

「こわい」オバケに満足する客。

購入を決めるが、店員はそのまえにオバケのしつけ方をおしえる。

しかし言うこときかないオバケは、何度も客に噛みついて、殺そうとするが……。

 

ペットをしつけるリーダーを、オバケにおきかえたコント。

設定はシュールですが、全体のながれはベタで、わかりやすいです。

リーダーがオバケを手なづけるやり方をおしえるが、まったく効かない。

くりかえし噛みつくアクションが笑いをさそいます。

今立の服に、噛みついたときの唾液がついているのが、なにげにツボでした(笑)

おたがいめちゃくちゃゼーゼーいってましたね。

まとめ

こんなふうに、プロットに注目してみていくと、よりいっそうコントを楽しめます。

ほかの作品でも、こんな視点に立って作品で観ています。

ちがう記事ものぞいてみてください。

ではまた。

よきコントライフを〜。