アンガールズ『俺の個性が暴走しちゃう日』感想&レビューです。

公演日 2019年5月
収録 カバン
ホエールウォッチング
人生観
バラエティショップ2019
バンジージャンプ

どうも、コント作家のりきぞうです。

きょうも、コント作品をレビューしていきます。

とりあげるのは、アンガールズ 『俺の個性が暴走しちゃう日』。

前回から、約1年ぶりのライブです。

『カバン』は、お化け屋敷でバイトするふたりのやりとり。

お客さんを脅かしながら、うらで「あした、ハワイに行くはなし」をはじめる同僚 ─ 。

そんなかれが、ちょっとしたハプニングをおこします。

『バンジージャンプ』は、カノジョにふられて、男としての価値をあげるために、バンジージャンプを決意する男のはなし。

なかなか飛べないなか、かれのヘンクツな性格が、じょじょにロテイしていく ─ そのプロセスがなんともおもしろいです。

個人的に良かったのは、『ホエールウォッチング』『人生観』『バラエティショップ2019』の3本。

以下、[あらすじ → ひとこと]の順で、くわしくみていきます。

『ホエールウォッチング』

あらすじ

ハワイ沖の船上。

ひとりの男が、クジラ鑑賞のツアーに参加している。

けれど、10箇所ちかくまわっているが、まだ一度もクジラをみれていない。

そのことに負い目を感じるガイドは、男の言動に、過剰に反応 ─ 。

「クジラはみれないけど、カモメをみれたから良かった」

というセリフも皮肉と受けとる。

なにげなくタバコを吸う行動

も、クジラがみれず、イライラしているからだと勝手に解釈する。

そんななか、ようやく目当てのクジラがお目見え。

しかし、安心したガイドは、

「クジラはきっと、あたしの不安を解消させようと、やってきてくれたんだ」

と、これまた自分勝手に受けとる。

思いこみの激しいガイドに、ツアー参加者の男は、ホンロウされ……

ひとこと

男のふるまいから、勝手に負い目を感じるガイド ─ 。

けれどクジラの登場により、いつのまにか、参加者の男が〝ワルモノ〟にされていく ─ このうつりぐあいが、なんともおもしろいです。

プロットの構成が、ほんとにうまい作品です。

くわえて、思いこみの激しいガイドのキャラが、ストーリーにマッチしています。

田中さんの素が、かいまみれるネタに仕上がっています。

『人生観』

あらすじ

成田空港の搭乗口。

ひとりの男がうろうろしている。

ガイドブックを落としてしまうが、見知らぬ男が拾ってくれる。

表紙をみた男は、相手がインドへ行き、人生観を変えようとしている、と察する。

すでに何度もインド旅行に行っている男は、現地で自分が体験したエピソード&教訓を語る。

・きたないガンジス川に飛びこんだあと、小さいことにウジウジしていたばかりに、気持ちいいことを逃してきた、と気づいた
・インドの貧しい子どもたちをみたあと、ひとは笑っていれば美しい、と気づいた

などなど、人生観が変わったはなしをつぎつぎにおしえる。

すると、あいてのエピソードをきいた男は、すぐさま影響をうけ、その場ですぐさま人生観が変わる。

現地にむかうまえに、人生観を変えた男は、どこか損した気分になり……

ひとこと

こちらは発想がすばらしいコント。

本作のなかでは、イチバンおもしろかった。

「人生観」というギョウギョウしいテーマを扱いつつ、それをうまくコントに変えています。

よくありがちなエピソードを耳にしただけで、すぐさま自身の人生観を変えてしまう男 ─ その極端な気質が、笑いの軸になります、

空港で変わった人生観で生きていく男って、かっこわるくないですか?

このひとことには、思わず笑ってしまいました。

個人的には、アンガールズさんのネタのなかでも、1、2をあらそうと思います。

『バラエティショップ2019』

あらすじ

とあるレストラン。

テレビのコンプライアンスを気にするタレント向けに、やりたいようにできるのが、店のコンセプト。

入店してきた、アンガールズ「田中」は、

・アタマから血が出ても、視聴者を気にせず、そのままにしておいてもいい
・「さかなクン」「ダチョウ倶楽部・上島さん」など、ほかのタレントさんの帽子をはぎとり、蹴とばしていい

といったメニューを注文 ─ 。

いまのテレビではできない行動をぞんぶん味わい……

ひとこと

以前のライブでも披露されました。

今回は、その続編です。

ショージキ、お客さんの反応はイマイチでしたが、個人的には、めちゃくちゃツボじした。

いまのコンプライアンス体制にたいする、アンガールズなりの皮肉といったかんじです。

帽子をはぎとったことで、山根さん演じる上島さんから「訴えてやる」とひとこと。

それにたいして、

「はじめて言われたぁー!」

のセリフには、笑いました。

好みが分かれるネタですが、ぜひチェックしてみてください。

まとめ


こんなふうに、プロットに注目してみていくと、よりいっそうコントを楽しめます。

ほかの作品でも、こんな視点に立って作品で観ています。

ちがう記事ものぞいてみてください。

ではまた。

よきコントライフを〜。