エレ片『コントの人 2』感想&レビューです。

公演日 2008年10月21日~23日
収録 Big Father
自動車教習所

つまんないいやつ
ヤレる
出山
ABC

どうも、コント作家のりきぞうです。

きょうも、コント作品をレビューしていきます。

取りあげるのは、エレ片『コントの人 2』。

すでに数回ほど開催しているとあって、会場全体の雰囲気がいいです。

3人の息もぴったりで、仲の良さが、びしびしつたわっていますね。

作品それ自体としては、そこまでのできばえじゃないかもです。

けれど3人のかけあいを聞くだけでも、じゅうぶん価値はあります。

個人的に好きだったのは、「自動車教習所」「ヤレる」「出山」 ─ 。

以下、くわしくみていきます。

『自動車教習所』

あらすじ

自動車学校。

教官が、緊急時の人工呼吸のやり方をおしえる。

とはいえ、生徒は気だるそうに聞いてる。

そこで教官は、教訓として「あけみちゃんの事故」について、語りだす。

お父さんが入院している病院へかけつたときに事故にあう。

しかしまわりのひとたちが人工呼吸のしかたがわからず、そのまま命をおとすことに。

さらにその入院していた父親が、いま語っている教官らしく。

カンドーした生徒は、キモチをあらためる。

練習台の人形にむかって、「あけみちゃーん」とさけにながら、熱烈なキスをくりかえし……。

 

(おそらく)教官のつくり話。

それにダマされ、熱心すぎるくらい、人工呼吸の練習にはげむ。

ここが笑いのポイント。

また演出の面でも工夫があり、教官の話に出てくる「あけみちゃん」を、ふたりとは離れたところで片桐さんが演じる。

じっさいにはありえない展開を、片桐さんなひとり芝居でみせる。

ゼーゼーいってるかんじがツボでしたね。

『ヤレる』

あらすじ

プロ野球選手のふたり(やつい & 片桐)

ベンチで「女とヤッたはなし」で盛りあがる。

おたがいオンナには苦労せず、いつだってヤレると自慢しあう。

そこにイケメンの後輩選手(今立)がやってくる。

ふたりのように、大げさに自慢することなく、サラッと複数の女と付きあっていると口にする。

ヘコみはじめる先輩ふたり……。

負かしてやろうと「だったらオンナを紹介しろ」と要求するが、ほんとうにモテる後輩は、どんなリクエストにもこたえる。

デパートガールに、各局の女子アナ……。

しかも「会って、ヤッて、はいおつかれー」みたいな女まで紹介できるとも。

見栄をはるふたりの先輩だっだが、後輩からこっそり番号を聞こうとする。

抜けがけをゆるさないふたりは、ケンカしはじめて……。

 

ストーリーはベタな展開だが、あまりのバカっぽさに、笑いが止まらなかった。

ふたりの先輩がケンカするシーンで、片桐さんが〝マジで〟やついさんの容姿をディスるところは、ほんとうにおもしろい。

「ファンであっても、立体のおまえをみれば、みんなビックリするんだ!」
「マジか? そんなことないだろ?」

演技をわすれ、素でじぶんをフォローするやついさん。

親しみがもてます(笑)

『出山』

あらすじ

ファミレスでダラダラするふたり(片桐 & 今立)。

共通の友人「出山」のはなしに。

〝フリーターなのに、3年先までスケジュール、はいってる〟

〝ボクシングなんかしたことないのに、サンドバックをたたくフリをする〟

〝イタイタしい行動 & 言動〟が出ちゃう「出山」の話題で盛りあがる。

そのときタイミングよく本人から電話がかかってくる。近くにいるため、会いにくるらしい。

イヤがるふたり。

あらわれた出山は、はなしどおり〝出ちゃう〟アクションをくりかえす。

さらに、より〝イタイタしい行動 & 言動〟をみせてきて……。

 

個人的には、茨城出身なのに「関西弁」でしゃべるトコがツボでした。

しかもイントネーションがおかしい。

関東人あるあるですね(笑)

「おまえの口のなかに手いれたろうかぁー。いてまぁーたー、いてまぁーたー」
「『いてまぁーたー』って、どこのパスタだよ……」

セリフまわしもおもしろい(笑)

まとめ

こんなふうに、プロットに注目してみていくと、よりいっそうコントを楽しめます。

ほかの作品でも、こんな視点に立って作品で観ています。

ちがう記事ものぞいてみてください。

ではまた。

よきコントライフを〜。