チョコレートプラネット『チョコレートプラネット』感想&レビューです。

公演日 2015年1月
収録 カレー屋
親父が…
キャッチ
地元ショウ
足踏まれ小僧
拷問
聞け!
ナイフ
パンダ
カラオケ
わらび舞妓ちゃん
氷室病院
ゾンビ
業者
くそなんでやねん!
ローマ
合わない刑事
静かにしろ!
クイズ

どうも、コント作家のりきぞうです。

きょうも、コント作品をレビューしていきます。

取りあげるのは、チョコレートプラネット『チョコレートプラネット』。

チョコレートプラネットの初のDVD作品です。

『キャッチ』は、まちなかで、居酒屋のキャッチ風に、病院・診療所を紹介する男のはなし。

献血し放題(≠ 飲み放題)など、たとえがうまいコント。

『地元ショウ』は、友人から、地元の海に誘われた男のはなし。

友人が渡してくれる地元の「ビーチサンダル」「サンバイザー」のかたちが、フツーのモノとちがう。

不可思議な道具ばかり友人に、とまどいつつも、おもしろがる男。

長田さんがつくる小道具が、笑いをおこすコントです。

『クイズ』は、クイズ番組のワンシーン。

・解答者の紹介BGM がやたら長い
・「ドリンクを飲みますか」「ドリンクを飲みます」「じゃあ、飲んでください」といった一連のやり取り

などなど、シュールな展開が、くりかえされる。

わかりやすいコントが多いなか、こちらはひねった笑い。

わりと好みが分かれるかもです。

個人的に良かったのは、「聞け!」「わらび舞妓ちゃん 」「氷室病院」 ─ 。

以下、くわしくみていきます。

『聞け!』

あらすじ

イスに縛りつけられ、囚われている男。

口には鉄のワッカがくくりつけられ、身動きができない。

そのとき、変声期でかえた声がきこえる。

脱出したければ、こちらを指示にしたがうように命令 ─ 。

しかし、ひとつひとつの指示にたいして、囚われた男は、まったく聞く耳をもたない。

はなしを聞くどころか、

・おまえの目的はなんだ!?
・どうやったら、ここから出られるんだ!?

などなど、犯人の声をさえぎり、質問ばかりをくりかえす。

犯人は、ていねいに指示を出すが……

めちゃくちゃ笑った。

全コントのなかでも、これがイチバンでした。

わずか1分半くらいの作品。

ですが、爆発力はハンパないです(笑)

ベタな展開ながら、ハラをかかえて笑えます。

くわしい説明はいりません。

なによりみてほしいです。

オチもよかった。

『わらび舞妓ちゃん 』

あらすじ

京都市主催のイベント。

子どもがあつまるなか、京都市のマスコットキャラ(ゆるキャラ)が、お披露目される。

名まえは、「わらび舞妓ちゃん」─ 。

京都市の名産「わらび餅」を模したキャラクター。

しかし、わらび餅と同じように、全体が透明。

なかみもスケスケで、マスコットに入っている人のすがた&動きが、よくみえる。

子どもたち、ざわつき、きもちわるくなり……

こちらは、長田さん制作の小道具がひかるコント。

透明で、スケスケのわらび舞妓ちゃんが、不気味な笑いをおこします。

なかに入っているオッサンが、じろじろと観客をみるすがたが、なんともおもしろい。

むだに裸だったのも、個人的にはツボでした。

『氷室病院』

あらすじ

風邪のため、病院にやってくる男。

医者が対応にあたるが、なぜか「氷室京介」風。

・「♪ 不器用な手つき」で、喉の腫れをみる
・「心臓のビート」をきくため、聴診器をあてる

などなど、歌手「氷室京介」が言いそう&しそうなことにかこつけて、診察をおこなう。

患者は、まとな診察をうけられず……

こちらも爆笑させてもらったコント。

氷室のものまねをくりかえす内科医が、患者をほんろうするながれ。

セリフも笑えるいっぽう、氷室風の医者を演じる長田さんの動きが、めちゃくちゃ笑えます。

レントゲンをとるため、「こちらに横になってください」と指示を出す。

けれど、氷室のマネを意識しすぎて、いったいをしてほしいのか、なかなか伝えられない。

はなしがすすまない展開に、お腹をかかえて笑いました。

こちらも、「聞け!」につづいて、ぜひみてほしいコントです。

まとめ


こんなふうに、プロットに注目してみていくと、よりいっそうコントを楽しめます。

ほかの作品でも、こんな視点に立って作品で観ています。

ちがう記事ものぞいてみてください。

ではまた。

よきコントライフを〜。