アンガールズ『ナタリー』感想&レビューです。

公演日 2004年8月
収録 警察官
高校球児
テキサスの保安官
カレー
空手
ショートコント 1
ショートコント 2

どうも、コント作家のりきぞうです。

きょうも、コント作品をレビューしていきます。

今回とりあげるのは、アンガールズ『ナタリー』。

created by Rinker
コロムビアミュージックエンタテインメント

おふたりにとって、さいしょの映像作品です。

『警察官』は、先輩/後輩のやりとり。

おとぼけな後輩に、気の弱い先輩がホンロウされる ─ そのようすが、なんともいえない笑いをさそいます。

『カレー』は、カレーのルーを買いにいく友人ふたりのやりとり。

これといった事件はないものの、ふたりのかけひきをみているだけで、ついつい笑みがこぼれます。

いまではなつかしい、「ジャンガジャンガ」のショートコントも2本おさめられています。

個人的に良かったのは、『高校球児』『テキサスの保安官』『空手』 ─ 。

以下、くわしくみていきます。

『高校球児』

あらすじ

学校の校庭。

野球部の先輩/後輩が練習している。

真剣なまなざしで、甲子園をめざす先輩 ─ 。

いっぽう後輩はゆるいかんじで、トレーニング。

後輩の態度に不満をいだく先輩は、マンツーマンで指導をはじめる。

しかし、

・教えているとちゅうで、いちいち口をハサむ
・素振りしたバットが頭にあたる

などなど、先輩の思わくどおりにいかない。

それでも後輩はマイペースで……

ひとこと

おとぼけの後輩に、しっかり者の先輩がホンロウされるながれ。

いっぽうで、先輩演じる田中さんのツッコミフレーズが、なんともゆるくておもしろい。

同じトコバットで叩く後輩に、

「ココばっか、叩くなよ!」

と、ふにゃふにゃしたかんじで、どなる。

このあたりの口調&間のとり方も、アンガールズさんの魅力ですね。

『テキサスの保安官』

あらすじ

テキサス。

新人&ベテランの保安官ふたりが、あたりをパトロールしている。

いざギャングあらわれたときの対処法を教える先輩保安官。

ピストルをもって、一騎討ちで撃ちあう段取りを指導する。

しかし、ベテランの保安官は、ピストルをとりだすにも、手もとがブルブルふるえて、もたつく。

そのしぐさを後輩していると、じっさいにギャング一団がやってくる。

後輩の手前、かれらを追いはらおうとする先輩だったが……

ひとこと

田中さん演じる、たよりない先輩のしぐさ・アクションが、笑いの軸になります。

いっぽうでこちらも、田中さん〝ゆるいツッコミ〟&〝独特のフレーズ〟が、より笑いをひき起こしていきます。

今回は、自身の〝ケツアゴ〟をやたら気にする先輩 ─ そのキャラも、うまく表現されていましたね。

『空手』

あらすじ

空手教室。

先生がフクスウの生徒に空手を教えている。

しかしそのうちのひとり、生徒の「山根」は、先生と波長が合わず、ズレた行動ばかり。

・「やめ!」と言われても、うでをおろさない
・ほかの生徒に、お手本として防御のしぐさをさせるも、うまくいかない

などなど、先生が思うような行動をなかなかとらない。

しびれをきらした先生は……

ひとこと

先生/生徒のやりとり。

初期アンガールズさんのコントは、教える/教わるの立場を軸にしたネタが多いですね。

こちらも田中さん演じる先生が、いいかんじに、生徒にホンロウされています。

防御がなかなかうまくいかない生徒にたいして、パンチしようとしながら、

「やられるよー!」

と、甲高くどなる。

このふにゃふにゃツッコミも、なんともおもしろく、笑えます。

そのほか、じっさいに空手をするシーンでも、想定外の生徒の動きに、かるいダメージをうける。

このあたりのじみに被害をうけるかんじも、うまく笑いにかえています。

これといったストーリー性はないものの、なぜかアタマにのこるネタです。

全体をとおして、いちばん良かったです。

まとめ

こんなふうに、プロットに注目してみていくと、よりいっそうコントを楽しめます。

ほかの作品でも、こんな視点に立って作品で観ています。

ちがう記事ものぞいてみてください。

ではまた。

よきコントライフを〜。

created by Rinker
コロムビアミュージックエンタテインメント