バカリズム『?!』感想&レビューです。

公演日 2015年6月
収録 プロローグ ?!
熱血!
裏切り女裏切る!
URAMESHIYA?
俺の斧!
ひょんなことから ?!
愛しの小森整骨院(?)

どうも、コント作家のりきぞうです。

きょうも、コント作品をレビューしていきます。

取りあげるのは、バカリズム『なにかとなにか』。

『URAMESHIYA?』は、落ち武者のコント。

生きてる人に見向きもされず、なんとか気づいてもらおうとガンバります(笑)

『熱血!』は、プロットがややベタ。

『裏切り女裏切る!』は、キャラクター設定が、とおり一辺倒なかんじ。

ふたつとも、もうひとつヒネリがほしかった。

とはいえ、今回も、バカリズムワールドを味合うことができました。

個人的に良かったのは、「俺の斧!」「愛しの小森整骨院(?)」 ─ 。

以下、くわしくみていきます。

『俺の斧!』

あらすじ

〝女神から金の斧をもらったはなし〟を聞いた木こり。

仲間と同じように、川に鉄の斧をすてるが、「なくしたのは「金の斧」です」とウソをついてしまう。

金の斧どころか、鉄の斧まで没収される木こり。

しかし「自分の持ち物までとられるのはおかしい」と訴える。

さらに「おれがすてたのが鉄の斧だと知っておいて、金の斧をちらつかせて、試すようなマネをするのは名誉毀損にあたる」と問いただして……。

ひとこと

イソップ寓話『金の斧』のパロディ。

バカリズムさんなりのロジックで女神の〝悪意〟をあばいていく。

やや屁理屈なかんじがして、強引にみえますが、女神がホンロウされる姿がみえて、おもしろい。

鉄の斧を没収されたあと、「罪と罰のバランスがめちゃくちゃだ」と問いつめるシーンには笑いました。

コトバのチョイスも good 。

『愛しの小森整骨院(?)』

あらすじ

40すぎの男。

合コンで出会った「20代・グラビアイドルのたまご」とのエピソードを語る。

「オトナの態度で接した」
「音楽の趣味も合い、『いい音楽って、ジャンル関係なしにいいよね』っていう言葉にも共感してくれた」
「尊敬のまなざしをおくってきて、さいごは連絡先も交換した」

合コンでの手ごたえを自慢し、恋の格言を言い放ち、その場を去る。

場面転換。

20ずきの女。

このまえ参加した合コンでのエピソードを語る。

「地獄だった」
「40すぎのおっさんにロックオンされ、ひたすらわかりもしない音楽のはなしを聞かされた」
「さいごはこわくなって、知らない電話番号をおしえた」

おたがいの印象は、まったく異なり……。

ひとこと

オチまでみると、タイトルの意味がわかります(笑)

全体をとおして、イチバン笑った。

場面転換のとき、おたがいのセリフが「名言」として、スクリーンに映し出させる。

その演出もよかった。

40男……せつないなぁ。。

まとめ


こんなふうに、プロットに注目してみていくと、よりいっそうコントを楽しめます。

ほかの作品でも、こんな視点に立って作品で観ています。

ちがう記事ものぞいてみてください。

ではまた。

よきコントライフを〜。