バカリズム『ピンチ!』感想&レビューです。

公演日 2010年5月
収録 プロローグ「小ピンチ」
絶体絶命戦士ピンチマン
Brandnew 引力
ノーツー
大ピンチ
家族
走れネロス
告ぐ
エピローグ「大チャンス」

どうも、コント作家のりきぞうです。

きょうも、コント作品をレビューしていきます。

取りあげるのは、バカリズム『ピンチ!』。

『小ピンチ』、『大ピンチ』、『大チャンス』は、連作コント。

ほかの作品をあいだにはさみつつ、ひとつ出来事を複数の視点から描いています。

シナリオ上、ロジカルな構成になってます。

とびとびではなく、とおしでみるといいかもです。

個人的に良かったのは、「家族」「告ぐ」 ─ 。

以下、くわしくみていきます。

『家族』

あらすじ

カノジョの父に、結婚のあいさつをするカレシ。

父親は反対しつづけるが、妻や弟は認めるようフォローする。

くわえて、祖父、祖母、複数の同居人まで登場し、同じくフォロー。

さらに、野球少年、見知らぬ男、武士、こけし、ハト、ミトコンドリアまでフォローしはじめて……。

ひとこと

むすめの結婚をみとめるよう、ぞくぞくと登場人物がやってくる。

バカリズムさんおトクいの「フリップ芸」で、ありきたりなプロポーズコントを笑いにかえます。

うまいなぁ。

『走れネロス』

あらすじ

王様にとらわれ、処刑を言いわたされるネロス。

妹の結婚式をみるまで、3日間の猶予をおねがいする。

みとめない王様に、友人のソリヌンティウスを身代わりにさしだすとつたえる。

親友かと思いきや、ソリヌンティウスは〝そこそこ〟知っている〟ていど。

事情を説明せず、王様のもとおいて、そそくさと逃げる。

さらに、ソリヌンティウスもほかの身代わりをさしだすと言い出して……。

ひとこと

タイトルどおり『走れメロス』のパロディ。

コントのプロットにはパターンがありますが、「反復」の構図をうまく利用しています。

コントの書き方 ─ プロットの展開について

このあと〝身代わりが身代わりを呼ぶ展開〟がくりかえす。

プロットだけではありません。

身代わりなのに〝そこそこの知り合い〟だったり、〝新人のバイト〟だったり、まったくカンケーない人を連れてくる。

ここがバカリズムさんのおもしろさ。いいかんじにヒネっています。

『告ぐ』

あらすじ

スピーカーをもった刑事。

ビルに立てこもる犯人に、

「きみたちは包囲されている」
「銃をもっておとなしく出てきなさい」

と警告。

反応がない犯人。

すると、刑事はふとしたギモンをいだく。

「きみたち」とは言ったものの〝犯人は複数なのか?〟〝単独犯ではないのか?〟

さらに「銃をもって」と言ったが、〝銃をもっているのか?〟〝ナイフしかもってないんじゃないか?〟

まわりの住人にまちがえをみせたくない刑事は、同僚、さらには、犯人にまで確認するが……。

ひとこと

こちらもうまいですね。

笑いばなしとしてバカにはできますが、〝ささいなことが気になり、本来の目的をわすれる〟という事態をあらわしているとすれば、かなり知的な作品だといえます。

おカタい言葉でいえば〝手段の目的化〟。

犯人を警告するはずのスピーカーがアダとなり、犯人の確保から遠ざかる。

こんな視点でみると、バカにできない作品だとわかります。

まとめ

こんなふうに、プロットに注目してみていくと、よりいっそうコントを楽しめます。

ほかの作品でも、こんな視点に立って作品で観ています。

ちがう記事ものぞいてみてください。

ではまた。

よきコントライフを〜。