バイきんぐ『クィーン』感想&レビューです。

公演日 2015年7月
収録 忌引き
コンパ
ラーメン屋
工事現場
面接
拷問
定食屋
葬式
マキガミ

どうも、コント作家のりきぞうです。

きょうも、コント作品をレビューしていきます。

取りあげるのは、バイきんぐ『クィーン』。

前回から約1年ぶりのライブになります。

バラエティ番組などでも活躍するふたりですが、コントのクオリティもかなり高めです。

シュールでもなく、極端にベタでもない。

バランスのいいコントを披露してます。

テレビでしか観ないひとは、ぜひおふたりのコントを観てください。

イメージがガラッとかわるはずです。

個人的に良かったのは、「忌引き」「工事現場」「葬式」 ─ 。

以下、くわしくみていきます。

『忌引き』

あらすじ

父親が亡くなり、しばらく実家の青森にかえっていた部下。

仕事の復帰をきめて、部長にあいさつしにやってくる。

しかし顔はまっくろに日焼けし、帰省のおみやげに「マカデミアン・ナッツ」をもってくる。

さらにポケットから「ドル紙幣」を落とす……。

青森ではなく「ハワイ旅行」をうたがう上司は……。

ひとこと

プロットの軸がしっかりしています。おそらくだれもが安心して笑えます。

部下役の西村さんが、またいいかんじで〝おっちょこちょい〟な演技をみせてくれます。

小峠さんの冷静をよそおうツッコミもツボです。

いつブチギレるか──〝じらすあんばい〟も見事です。

『工事現場』

あらすじ

工事現場。

サボる後輩(西村)を、先輩(小峠)がどなりつける。

正面から文句をいえない後輩。

〝作業の「ガダガタ」の音〟に合わせ、相手がきこえないように、悪口をいいまくる。

「ハーゲ! ハーゲ! ハーゲ!」

とはいえ、声はきこえないが、口のうごきから、あきらかにののしっているとわかる。

作業を中断し、「ガタガタ」の音をとまる先輩。

すると、後輩はすかさずだまりこみ……。

ひとこと

発想がおもしろいですね。じっさいに経験したんでしょうか?

それくらいリアリティがあります。

とちゅう、うっかり「ガタガタ」の音からズレて、おもいっきり「ハーゲ!」がきこえる場面には、おもわず笑みがこぼれました。

またこのコントはオチがすばらしいです。

なんともいえない空気のなか、幕がおりていきます(笑)

『葬式』

あらすじ

95歳で亡くなる父親。むすこ(小峠)が葬式の案内をしている。

そこへ号泣しながら男(西村)がやってくる。

泣きさけぶようすから、父親と親しい間がらと思いきや、まったく面識がないと告げる。

じつは「葬式マニア」で、いろんな葬式を渡り歩いてるらしい。

葬式のできばえを絶賛する男。

ほめられてもうれしくないむすこだったが……。

ひとこと

キャラ設定がおもしろい。ほんとにいそうで、こわい(笑)

また、ふたりのセリフのやりとりもすばらしい。

「線香のにおいにつられて、ついフラッときちゃうんですよね」
「居酒屋じゃねーんだよ」
「まだやってますか?」
「やってるかやってないかでいったら、やってねーよ。死んでるんだから」

こんなかんじで、テンポのいい会話がつづいていきます。

フレーズの選び方&間の取り方 ─ どちらもすばらしいです。

まとめ


こんなふうに、プロットに注目してみていくと、よりいっそうコントを楽しめます。

ほかの作品でも、こんな視点に立って作品で観ています。

ちがう記事ものぞいてみてください。

ではまた。

よきコントライフを〜。