サファヴィー朝の歴史 ─ 都市イスファハーン・アッバース1世・君主・シャー・宗派【世界史】

どうも、りきぞうです。

大学のころから、世界史に親しんできました。

大学院時代は、本格的に人文書・歴史書にあたってきました。

・サファヴィー朝の歴史を知りたい
・大事なキーワード&人物は?
・この時代のポイントは?

きょうは、この問いに答えていきます。

答えは、つぎのとおり。

キーワード
・タブリーズ(都市)
・十二イマーム派(シーア派)
・シャー(王号)
・イスファハーン(都市)
重要人物
・イスマーイール1世
・アッバース1世
ポイント
・サファヴィー朝の時代に、イラン人のあいだにシーア派が広まっていった
・都市イスファハーンは「イスファハーンは世界の半分」といわれるほど繁栄をきずいた

この記事では、つぎの本を参考にしました。

サファヴィー朝の歴史① ─ 十二イマーム派

イスマーイール1世

それまでイラン一帯は、ティムール朝がおさめていました。

しかし王朝をおこしたティムールが亡くなると、国はすぐさま崩壊していきます。

その後、大きな王朝はあらわれることなく、小規模の国々が小競り合いをつづけていきます。

ティムール朝の崩壊から約100年後に、ようやく規模の大きい王朝がおこります。

それがサファヴィー朝です。

十二イマーム派への支持

王朝はさいしょ、タブリーズに都をおきました。

サファヴィー朝といえば、イスファハーンが有名ですが、それはのちの時代にきずかれました。

イスラームの教義は、スンナ派ではなくシーア派の立場をとりました。またシーア派のなかでも、穏健な十二イマーム派を支持しました。

けれど穏健シーア派とはいえ、スンナ派にたいして、過剰なほど敵対心をむきだしにします。スンナ派信者とわかれば、どんな相手であろうと、手をくわえ、殺害におよんだそうです。

サファヴィー朝の登場で、以後イラン地域には、シーア派が広く普及していきます。いまでもイランではシーア派がふつうです。

またイスマーイール1世は、王朝をきずいたときから、王号を意味するシャーを名のりました。

王号シャーは、それまでのイラン地域で長くつかわれていました。彼はこの称号をつかうことで、イラン人の民族意識を高めようとしました。

オスマン朝との対決

外交においては、シーア派を支持する勢力とは手をむすび、協調関係をきずいていきます。

いっぽう、スンナ派を支持するグループには、積極的に戦っていきます。なかでも、隣国のオスマン朝とは、たびたび争いました。

オスマン朝はスンナ派の立場をとっていたこともあり、宿命的なライバルとといえました。教義の違いだけではなく、領地争いを理由に、たびたび衝突することになります。

しかし、数回にわたり戦争をおこしていますが、さほど戦果をえられず、総じて苦戦をしいられています。

サファヴィー朝の歴史② ─ 都市イスファハーン

アッバース1世

サファヴィー朝はアッバース1世のときに最盛期をむかえます。

開明君主だった彼は、新式の砲兵隊を導入して、軍制改革をおこないます。

それにより、長く苦しめられてきたオスマン帝国から、

・イラク
・アゼルバイジャン

の領土を奪回します。

また、ホルムズ島で利益をあげていたポルトガル人を追いはらい、かれらに代わって、交易権を獲得します。

さらには、都をイスファハーンに移し、新しい首都として機能させます。

ご存知のとおり「イスファハーンは世界の半分」といわれるほど経済は発展し、都市で暮らす人びとは繁栄をおうかしました。

このときにイマームのモスクをつくられら、いまでも観光名所となっています。

出典:『一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書』

サファヴィー朝の歴史③ ─ アフガン人の侵略

都市イスファハーン 王の広場

長く繁栄をほこってきたサファヴィー朝ですが、さいごはあっさりと崩壊をむかえます。

北方で荒らしまわっていたアフガン人グループの侵攻をゆるし、滅亡するにいたりました。

あっけなく滅んだ背景には、あまりの繁栄ぶりに、軍の規律がゆるみ、軍事力が極端に低下していたから、といわれています。

しかし、アフガン人による征服後も、イラン地域にはシーア派がそのまま浸透し、現在でもシーア派が一般的です。

おわりに

サファヴィー朝の歴史をみてきました。

まとめると、こんなかんじです。

キーワード
・タブリーズ(都市)
・十二イマーム派(シーア派)
・シャー(王号)
・イスファハーン(都市)
重要人物
・イスマーイール1世
・アッバース1世
ポイント
・サファヴィー朝の時代に、イラン人のあいだにシーア派が広まっていった
・都市イスファハーンは「イスファハーンは世界の半分」といわれるほど繁栄をきずいた

この記事が、サファヴィー朝の歴史を知りたい人の参考になれば、うれしいです。

では、また。