タイムマシーン3号『米』感想&レビューです。

公演日 2017年5月
収録 漫才「デブリンピック」
お会計
漫才「妹」
漫才「オーダー・ザ・ライス」
喫茶店
漫才「温泉旅館」

どうも、コント作家のりきぞうです。

きょうも、コント作品をレビューしていきます。

取りあげるのは、タイムマシーン3号『米』。

2017年5月の単独ライブを収録したものです。

『漫才「妹」』は、関さんの妹の結婚ばなし。

関さんが「相方に、 結婚相手として紹介したら」というテイで、はなしがすすみます。

『漫才「オーダー・ザ・ライス 」』は、関さん考案のゲームについて。

白飯に合いそうな「おかず」を言いあい、さきに「ご飯ください」といったほうが負け。

くだらないいっぽう、白米にたいする関さんの執着がみえて、、ついつい笑ってしまいます。

個人的に好きだったのは、「お会計」「喫茶店」 ─ 。

以下、くわしくみていきます。

『お会計』

あらすじ

レストランでお会計をする男。

店主が「2000円になります」とつげる。

お金を支払う客。

けれど、どこかそわそわしたようす。

すると、勇気をふりしぼって、

「ヒルナンデス、みました」

と、つげる。

そのフレーズをきいた店主は、2000円からすこし値段をさげる。

番組をみたことで、値段が下がることをはじめて体験した客は、どこか興奮したようす。

ほんとに「『ヒルナンデス』をみました」といえば、下がるんだぁ、と感動する。

すると、またまた値段が下がる。

どうやら、そのセリフをいえば、いくらでも料金が割引されるようで……

ひとこと

「番組をみました」といえば、料金が下がるサービス ─ 。

それを素材に展開されるコントです。

ほんといいとこついてきますよね。

笑いのキモは、何度も言っても、割引が適応されるトコ。

言いづけるたびに、食事代が下がっていきます。

山本さん演じる客のリアクションもよかったですね。

また、「『ヒルナンデス』は、見てませんでした」と言っちゃうと、はんたいに、値段が上がってしまう。

このあたりのヒネリも、うまいです。

『喫茶店』

あらすじ

昼どきの喫茶店。

店が満席のため、ふたりの男が、相席で座ることに。

気まずい雰囲気を解消するため、ひとりの客は、世間ばなしをはじめる。

・ここまでは車で来たんですか?
・混んでましたか?
・この店は『ホットペッパー』で調べたんですか?

などなど、なんとかはなしを合わせようとする。

しかし相手の客は、

・電車で来た
・空いていた
・『ぐるなび』で調べた

などなど、どの問いかけにたいしても、反対 or 違う回答でこたえる。

はなしが合わないふたり。

もういっぽうは意地になり、なんとか合わせようとするが……

ひとこと

こちらも、なにげない日常風景を描きながら、練りに練ったコント。

どの質問にたいしても、反対 or 逆の答えでかえす男。

いつまでたっても、はなしが一致しない展開が、笑いをさそいます。

その後、答えを合わせない客は、ぎゃくに、あいての過去の経験をピタリとあてる。

さらに、未来のできごとまで、当ててしまう。

もはや予言者で、超能力のもちぬし ─ この展開も、またうまいなぁと、かんじました。

テンポがはやいために、さらっとみれてしまいます。

けれど、プロットのながれをみると、ものすごくロジカルにつくってあります。

何度かみると、そのすごさがわかります。

全体をとおして、いちばんみてほしい作品です。

まとめ


6本の作品中、4本が漫才。

個人的には、もうすこしコントをみたかったです。

もちろんそのぶん、2本のコントともに、質の高いものになっていますが。

こんなふうに、プロットに注目してみていくと、よりいっそうコントを楽しめます。

ほかの作品でも、こんな視点に立って作品で観ています。

ちがう記事ものぞいてみてください。

ではまた。

よきコントライフを〜。