さまぁ~ず『さまぁ~ずライブ 11』感想&レビューです。

公演日 2017年6月〜7月
収録 かぁ
幻の達人
ホラーハウス
パパ友の会
マーマン

どうも、コント作家のりきぞうです。

きょうも、コント作品をレビューしていきます。

取りあげるのは、さまぁ~ず『さまぁ~ずライブ 11』。

11回目の単独公演をおさめたものです。

『かぁ』はオープニングコント。

商品開発の打ち合わせを終えたふたり。

いっぽうのでクセ&口調が、笑いの軸になります。

こちらは、ラストのネタとリンクしているので合わせてみるのが、おすすめです。

『パパ友の会』は、恒例の歌ネタです。

今回は、サンバをベースにした歌がつづきます。
個人的には、歌詞の内容など、いまひとつインパクトにかけていたかなぁと感じました。

個人的によかったのは、『幻の達人』『ホラーハウス』『マーマン』の3本。

以下、[あらすじ → ひとこと]の順で、くわしくみていきます。

『幻の達人』

あらすじ

とある一軒家。

カメラをもった男が訪ねてくる。

家主が「武田」とわかり、ほっとしたようによろこぶ。

30年まえ、ひとが熊を倒す、映像をもつカメラマンは、その人物こそが、目のまえにいる本人とわかり、歓喜する。

いったいどうやって熊をたおしたのか ─ 取材がてら、そのあたりの能力をたずねる
カメラマン。

しかし家主の武田は、

「ポサ流」を身につけたから、熊を倒せた

と、こたえる。

きいたことのない流派に、とまどうカメラマン。

その奥義をくわしくたずねるが、

・ポサメシ(あさめし)
・ポサんぽ(おさんぽ)
・ぽさいふ(おさいふ)

などなど、ポサに言いかえるものの、武闘とまったくカンケーない日常生活のことばかり、はなしをつづける。

本質がつかめないカメラマンは、しびれをきらして……

ひとこと

大竹さんならではの、シュールなボケが連発するネタ。

後半、クマのぬいぐるみをあいてに、ポサ流の武道を披露する武田 ─ 。

ケリをいれたあと、クマがコッケイなかんじで、ピョンピョンはねる。

この一連の動作をくりかえす大竹さんに、

「あっ、ピョーンのはねるかんじが気に入ったな」

と、ストーリーとはカンケーないツッコミを入れる三村さん。

ゆるっとした雰囲気が、なんともいえない笑いを誘います。

おそらくアドリブ。

臨機応変に笑いをさしこむあたりは、さまぁ〜ずさんらしいですね。

『ホラーハウス』

あらすじ

遊園地のお化け屋敷。

現場責任者のところに、本社から派遣された検査員がやってくる。

このアトラクションが「コンプライアンス」的にまずくないか、チェックしにきたらしい。

検査のため、じっさいに、ホラーハウス を体験してもらうことに。

しかし、異常に怖がる検査員は、ひとつひとつのしかけに、NGをつける。

・「斬殺された親子」はやめて、「寿命で亡くなった」ことにする
・室内が暗すぎるので、明るくする

などなど、修正をもとめる。

もはや、お化け屋敷・ホラーハウスではなくなっていき……

ひとこと

こちらは、ストーリー性、笑いの軸がしっかりしているコント。

大竹さん演じる、怖がりな検査員 ─ かれの極端な性格がキーとなり、笑いをおこしていきます。

さまぁ〜ずライブでは、わりとゆるくて、ふわふわしたネタが多いなか、これはしっかりとしたストーリーで構成されています。

個人的には、もうすこしこのテイストのネタが増やしてほしいですね。

『マーマン』

あらすじ

海岸の堤防。

ひとりの男がふらりとやってきて、海をパシャパシャ、スマホで撮る。

そのとなりには、上半身はおっさん、下半身は魚の人魚がくつろいでいる。

そばをとおりずきる男にたいして、

「違和感があるなら、ちゃんと話しかけるべき」

と、人魚はすかさずツッコミをいれる。

指摘どおり、男は、人魚の生態について、たずねる。

・カバンをもっている
・メガネをかけている

などなど、人間とは、さほどの変わらない生活のようで……

ひとこと

こちらも、さまぁ〜ずさんならではの〝ゆるっとした〟コント。

人魚を素材に、大竹さんのボケがひかる流れです。

個人的には、

「人間/魚のつなぎ目はない」

と、くりかえしセリフをはくトコが、なんともツボでした。

ラストの大がかりな演出にも、思わず笑ってしまいました。

まとめ


こんなふうに、プロットに注目してみていくと、よりいっそうコントを楽しめます。

ほかの作品でも、こんな視点に立って作品で観ています。

ちがう記事ものぞいてみてください。

ではまた。

よきコントライフを〜。