アンガールズ『チェルニー』感想&レビューです。

公演日 2006年1月
収録 ボクシング
写真部
山根とアンジー
商店街
男ののど自慢
パチンコ
引っ越し

どうも、コント作家のりきぞうです。

きょうも、コント作品をレビューしていきます。

今回とりあげるのは、アンガールズ『チェルニー』。

created by Rinker
コロムビアミュージックエンタテインメント

『ボクシング』は、コーチと、アマチュアボクサーのはなし。

プロテストを受ける / 受けないで、イザコザをおこす。

すれちがいのやりとりが、なんともおもしろい。

コーチが、格言をいったあと、ボクサーから「と、いいます」と問い詰められる。

自分でもよく理解できておらず、迫られるかんじが、笑いをおこします。

『商店街』は、福引きをめぐる、友人のやりとり。

こちらも、田中演じる「男」が、友人・山根に、〝しれっと〟福引券をカツアゲされる ─ そのプロセスが、なんともゆるくいいかんじに、おもしろい。

全体をとおして、初期アンガールズの雰囲気・持ち味が、よく出ています。

デビュー当時のおふたりが好きだったひとには、たまらない作品です。

個人的に良かったのは、「写真部」「男ののど自慢」 ─ 。

以下、くわしくみていきます。

『写真部』

あらすじ

野鳥を撮影しにきた、写真部のふたり。

先輩・田中は、後輩・山根にたいして、撮影のコツを、上から目線でアドバイス ─ 。

しかし後輩は、助言について、〝揚げ足をとるように〟、いちいちツッコミをいれる。

答えにつまる先輩は、じょじょに追い込まれていき……

ひとこと

コトバだけではなく、アクションでも、後輩の動きに、翻弄(ほんろう)される先輩 ─ 。

田中さんの〝ふにゃついた〟リアクション、カン高い声に、ついつい笑ってしまいますね。

アドバイスをのべたとき、

「出たー、先輩の「カメラマン心得集」〜〜!」
「いまのは、心得集じゃない。なんでいきなり「カメラマン心得集」のなかに、ゴハンの話題がはいってるんだ!」

セリフまわしもいいかんじです。

『男ののど自慢』

あらすじ

のど自慢大会。

挑戦者は、みずからの不幸な生い立ちを紹介しながら、思い入れの曲を熱唱する。

サラリーマンの「本田」も、商品獲得をめざし、トライする。

しかし、〝早とちりな〟かれは、司会者の進行をムシして、先にぐんぐん語ってしまう。

ボートに書かれた、本田の生い立ち。

テープで隠されているにもかかわらず、めくるまえに、さっさとみずから語ってしまう。

いざ、大ファンである「布袋」の曲『スリル』を熱唱 ─ 。

だがこちらも、伴奏の曲&歌詞よりも、さきにぐんぐん歌ってしまい……

ひとこと

〝早とちりキャラ〟を軸にしたコント。

田中さん演じる「本田」が、カン高い声で、自分の失敗をあやまる ─ そのふるまいが、いいかんじに笑いをおこしています。

布袋の曲が流れると、みずからの遠慮ぶかい性格が一転 ─ 。

エアーギターを片手に、激しい動きでもって、熱唱します。

その反動・ギャップが、よりいっそう笑いをおこしていきます。

お客さんはみなさん、爆笑でしたね。

「早とちり」という性格を軸に、ここまでコントを展開できる ─ やはりアンガールズさんの実力は、ハンパないです。

まとめ

こんなふうに、プロットに注目してみていくと、よりいっそうコントを楽しめます。

ほかの作品でも、こんな視点に立って作品で観ています。

ちがう記事ものぞいてみてください。

ではまた。

よきコントライフを〜。

created by Rinker
コロムビアミュージックエンタテインメント