ギリシャのスパルタ ─ 教育制度・女性・アテナイ・ペルシャ・リュクルゴス制・ペリオイコイ・ヘイロータイ【世界史】

どうも、りきぞうです。

大学のころから、世界史に親しんできました。

大学院時代は、本格的に人文書・歴史書にあたってきました。

・ギリシャのスパルタについて知りたい
・大事なキーワード&人物は?
・この時代のポイントは?

きょうは、この問いに答えていきます。

答えは、つぎのとおり。

流れ
① スパルタの成り立ち
② リュクルゴス制の影響
③ ヘイロータイの反乱と軍事国家体制
キーワード
・リュクルゴス制
・ペリオイコイ
・ヘイロータイ
重要人物
・リュクルゴス

この記事では、つぎの本を参考にしました。

以下、目次に沿って、みていきます。

ギリシャのスパルタ① ─ 成り立ち

スパルタの劇場遺跡

8世紀以降、ギリシャ人たちは、各地にポリスをつくっていきます。

そのなかでも、とくに知られたのが、スパルタです。

ギリシャのポリスといえば、平民が台頭したことから、ひろく民主政がとられた、と思われがちです。

けれど、スパルタでは少数精鋭の軍国主義体制がしかれていました。もともとスパルタは、ドーリア人の征服活動によってたてられた都市国家で、王政をしいていました。

ただし王政といっても、オリエント諸国のような専制君主とは異なります。ほかの国とくらべてめずらしく、スパルタ国内には、ふたりの王がいました。

王に就くのは交代制で、任期がくれば、かたほうの王家の就任すると、あらかじめ決まっていました。いまでいえば、ときの情勢に合わせて、政権交代をおこなっているかたちです。

さらに、王のそばには、エフォロイとよばれる5名の監督官がついていて、暴政にはしらないよう抑えられていました。

2人の王が並立するものの、軍事指揮権をのぞいて実権をもたず、市民から選出された5人のエフォロイ(監督官)という役人と長老会が最高権力を保持し、王はつねに、かれらに監視される立場であった。(p.37-38)

─ 『詳説 世界史研究』

このような特殊な統治制度をとれたのは、スパルタの経済が、海洋交易にたよらず、穀物の自給自足ができたからです。

そのために、民主政をとりはじめた他のポリスに影響をうけずに、独自の統治体制をきずくことができました。

ギリシャのスパルタ② ─ リュクルゴス制

人びとに法を授けるリュクルゴス

スパルタを代表する制度にリュクルゴス制があります。

これは、

少数の市民が、ペリオイコイとよばれる商工業者や、ヘイロータイとよばれる隷属農民を支配する

という統治制度です。

少数派の市民はスパルチアタイとよばれ、完全市民とみなされていました。人数でいえば約1万人ほどです。

いっぽうペリオイコイは中心部の周辺に住む者たちで、おもに商業や工業をなりわいに生活していました。

ヘイロータイは、おもに農業によって生活し、むかしから奴隷の身分であったり、スパルタが征服した土地から連れられてきたりしました。

ギリシャのスパルタ③ ─ ヘイロータイの反乱

スパルタ兵のブロンズ像

さきにみたとおり、スパルタは軍事国家体制をしき、ギリシャ最強の陸軍国家として、まわりのポリスから恐れられていました。

しかしさいしょからスパルタは、強力な陸軍国家をめざしたわけではありません。

リュクルゴス制をとっていたスパルタは、完全市民である支配者層にたいして、隷属農民であるヘイロータイが、たびたび反乱をおこすようになりました。

背景には、きびしい税の取り立てや、身分差の結婚を認めないなどの不当な差別がありました。

そこで、支配者層のスパルチアタイたちは、奴隷たちの反乱をおさえるために、陸軍中心の軍事体制を強化します。

同時に、市民間の平等意識を徹底させ、団結力を高めます。こうして、少数精鋭のエリート階層を構築していくことになります。

当然ながら、市民間の不平等もたらすマーケットのしくみは導入されず、貨幣の使用もご法度です。

さらに、平等意識がくずれるという理由で、徹底した鎖国政策をおこないました。

こうしてスパルタは、軍国主義体制がしかれ、ギリシャでもっとも強い陸軍国家に変わっていきました。

リュクルゴス制によりヘイロータイが反乱をおこし、それを抑えるために、軍事国家体制が強化された、というわけです。

おわりに

ギリシャのスパルタをみてきました。

まとめると、こんなかんじです。

キーワード
・リュクルゴス制
・ペリオイコイ
・ヘイロータイ
重要人物
・リュクルゴス
ポイント
・リュクルゴス制により軍事体制をしいたスパルタは、ギリシャでもっとも強い陸軍国家だった

この記事が、ギリシャのスパルタを知りたい人の参考になれば、うれしいです。

では、また。