ラバーガール『キャット』感想&レビューです。

公演日 2010年7月
収録 キャット
自分への誕生日プレゼントを買いに来たヤツ
猫カフェ
汚いヤツ
作家
再会
別れさせ屋

どうも、コント作家のりきぞうです。

きょうも、コント作品をレビューしていきます。

取りあげるのは、ラバーガール『キャット』。

4回目の単独ライブを収録したものです。

『別れさせ屋』は、夫婦の別ればなしを描いた作品。

こちらはドラマ仕立てのコントでしたね。

もちろん、ラバーガールさんなりのシュールが、ちょこちょこ入っていましたが。

全体的にユルいかんじで、よかったと思います。

『猫カフェ』

あらすじ

猫カフェにきた客(飛永)。

やさしそうな店員(大水)が対応するが、あたりにネコすがたは見えない。

現金とポイントの換金をもとめる店員に、ますますあやしむ客。

それでも「名まえを呼んだらすぐにきますよ」という
店員を信じて、「……ちゃーん」と呼んでみることに。

しかしあらわれたのは、ラジコンにのったネコのぬいぐるみで……。

ひとこと

展開はベタだけど、おもわず笑ってしまった。

「ネコちゃーん」と呼びかけたあとに、〝キュルキュル〟とタイヤの音がきこえてくる。

ツボですね。

ポイント交換のシステムもフクザツで、そのやりとりもクスクスさせられます。

『再会』

あらすじ

日曜の昼間。

競馬中継を聴いている男(飛永)のまえに、見知らぬ男(大水)がやってくる。

「気づかないのか?」

サングラスをかけた男はそれとなくヒントをあたえると、

「テリーか? 泣きむしボーイのテリーか?」と、たずねられた男はカンづく。

しかし、むかしの知人であるテリーにはちがいないが、〝2日後の未来からやってきたテリー〟だった。

さらに、男のまえにやってきたのも、

「2日前、おまえを殺そうとしたときに、未来からやってきた自分自身にジャマされた」

「だから、あらためておまえを殺しにきた」

という理由で。

とはいえ、よくよく考えてみると、このやりとりもまた、自分を殺そうしている〝いまの〟テリーをジャマしていることになり……。

ひとこと

ラバーガールさんなりの〝SFコント〟。

タイムマシンを利用したコントは、ほかの芸人さんもやっていますが、おふたりがつくると、こんなかんじになるんですね。

ストーリーはフクザツですが、はなしのテンポがゆるいため、フワフワしたキモチでみれます。

「なるほどー!」といったおどろきも、緊迫感もありません(笑)

そこがラバーガールの魅力なんですけどね。

まとめ

こんなふうに、プロットに注目してみていくと、よりいっそうコントを楽しめます。

ほかの作品でも、こんな視点に立って作品で観ています。

ちがう記事ものぞいてみてください。

ではまた。

よきコントライフを〜。